家電もサブスクの時代!Dysonもルンバも気軽に使えるよ!おすすめサービス3選

高機能な新製品の家電を気軽に安く使いたい。そんな人に便利なのが家電のサブスクです。数万円する家電が月額数百円から数千円で使えるのは、初期費用の節約になりますよね。注目の家電サブスク&レンタルを紹介します。

そもそもサブスクとレンタルって何が違う?

「サブスクって結局月額レンタルってことじゃないの?」とお考えの方もいると思いますが厳密には違います。

サブスクは自動更新の定額サービスのことです。これに対してレンタルは終了期間が定められている定額サービスです。

サブスクは利用者が利用停止を申請しない限り、定額料金が永遠に発生します。レンタルは利用者が定められた日までに利用者が返却する義務があり、返却日を過ぎた場合は延滞料金が加算されていく仕組みです。

長期(半年から数年程度)で使う前提ならサブスク、短期(数日から1〜2ヶ月)でのお試しならレンタルというのが基本的な選び方になります。

おすすめ家電サブスク3選

Rentio

https://www.rentio.jp/

Rentioと聞くとそれレンタルじゃない?と思う方も多いと思いますが、実は月額プランというものがあり、そちらを利用すれば実質サブスクです。毎月の更新日までに返却手続きをしなければ自動継続になります。

Rentioの注目すべきポイントは、商品にもよりますが気に入った商品を利用途中で購入することができること。利用開始時点で新品とは限りませんが、これまで支払った月額費用とRentio側で定めた購入費用の差額を支払えば購入できます。さらにこれも商品によりますが一定期間保月額利用を続けると返却不要になる、つまり自分のものになります。

レンタルできるのは総数2471種類にも及ぶ家電・カメラです。個人的には今業界で最も使い勝手が良さそうなサブスクサービスです。

CLAS

https://clas.style/

家電だけでなく家具も調達したい、一人暮らしの初期費用を抑えたいという方にはCLASがおすすめです。揃えている商品もおしゃれで高機能な物が中心。なかなか気軽に購入ができない価格帯のものでも、CLASを使えば揃えることができるかもしれません。一時的な住まいやワークスペースをいい雰囲気に快適にしたい場合にも使い勝手が良いサービスです。

家電のサブスク費用はRentioと比べると全体的に高め。もう一つネガティブ要素があるとすればどの商品が届くのか正確にはわからないこと。ジャンルによっては明記されているのがサイズや仕様だけで、届くのがどこのメーカーの製品なのかはわからないものが結構あります。

subsclife

https://subsclife.com/

おしゃれ家電や家具にこだわるならsubsclifeもおすすめ。デザイナーズ家具の取り揃えが豊富で、家電は少ないながらスタイリッシュなデザインのものを厳選しています。

自宅をカフェみたいにしたい人、テレワークでの部屋の映り込みが気になる人、配信の部屋のコーディネートを検討している人は活用してみてもいいのではないでしょうか。

サブスクは計画的に!

長期的に見れば、サブスクのコストよりも購入の方が当然安くなります。ですので、初期費用がかからないからといって何でもかんでもサブスクにしてしまうと、数年後に見たときに結局高い支払いになってしまっている可能性があります。サブスクを利用する際は自分の中で購入でなくサブスクにする理由をしっかり考え利用期間も決めましょう。安く手軽だからといって、いらないものをサブスクで借りまくらないように注意!

こちらの記事もご覧ください。