《PPAP》パスワード付きZIPファイルは廃止へ。代替手段にはどのような方法がある?

先日「PPAP」という言葉がTwitterで話題になっていて、「ペンパイナップルアップルペンがまた流行ってるの?」なんて思ったのですが……(笑)、そうではなく「Password付きzipファイルを送ります/Passwordを送ります/An号化(暗号化)/Protocol(プロトコル)」の頭文字をとったものなのだとか。え、初めて聞いたけど、どういうこと? ?

今回は、ピコ太郎じゃない方のPPAPについてご紹介します。

ピコ太郎とは関係がない『PPAP』って何?

1月21日のTwitterで「PPAP全面禁止」とのワードが飛び交い、何事? と思ったのですが、ピコ太郎さんも「歌うなってことピコ?」とリアクションをされていました。こちら何が全面禁止されたかというと、歌ではなく「パスワード付きZIPファイルの送付」のこと。

メールでZIPファイルを送るとき、パスワードを設定し添付。そのメールとは別に「PASSはこちらです」とPASSだけのメールを送付するなんてことやっていませんか? その行為をPPAPというのです。……知らなかった! どうやらピコ太郎さんブームに乗っかってつけたそうですが(笑)、確かにこの行為を一言で言うのは難しいですよね。

でもこのPPAPどうして禁止なの? と思う人も多いかもしれませんが、宛先間違えたらPASSを付けていても意味ないよねということと、暗号化されたZIPファイルの場合マルウエアと呼ばれるコンピューターウイルスの検知ができないため。

ご自身のPCにウイルス対策ソフトを入れている人も多いと思いますが、PPAPで送付されてきた場合、ウイルスを検知できなくなってしまうそうです。もし間違えて、マルウエアを開いてしまったら……ということで、セキュリティ面から考えてもPPAPは禁止にすべき! と話題になったのでした。実際に、日立も全面禁止にしたそうですよ。

参考)日立がPPAP全面禁止へ、「秘文」の添付ファイル自動暗号化ツールも既に販売終了
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05086/

私も10年以上前は当たり前のようにPPAPを使っていました。正直、面倒なんですよね(笑)。最近では、チャットツールやクラウドにデータアップすることが多くなったので、私自身もPPAPを使うことも、先方から「PPAPで送ってください」と言われることも減りました。

とは言っても、なかなかPPAP以外の方法で送付することはできないよ~バイク便にするってこと? などなど心配な方に向けて、PPAPの代わりに使えるツールをご紹介します。

もうPPAPしなくてOK! どんなツールを使ったらいい?

いきなり、今までの習慣を変えるのは難しいですよね

「でもPPAP以外で、送るってどうしたらいいの!?」と困っている方にいくつか別のツールをご紹介しましょう。

ファイル削除も可能なチャットツールを使う

どうしてZIPにするかと言うと、人によってさまざまな理由があるかもしれませんが、要は
・メール送付時の負荷(データ量)を減らしたい
・間違って送った際に、開封できないようにしたい

ってくらいのことですよね?

「正しい相手に、ちゃんと届けばOK」であれば、チャットツールで本人にダイレクトで送ればOKではないでしょうか? ChatWorkやslackなどビジネスチャットツールを使えば、ファイルの送付もよほど大きな容量でなければ送付できますし、ZIPへ圧縮しなくともOK。

もし間違えて相手に送ってしまったとしても、ファイル削除も可能なので、「ごめんなさい」と削除すればOKですからね♪(相手がダウンロードしてしまったらNGですが……)。

大容量ファイル送付サービスを使う

最近は、会社ごとに「このサービスを使う」と送付サービスツールが決まっているところもありますよね。『ギガファイル便』『データ便』『firestorage』など無料使えるサービスがたくさんあります。どのサービスもセキュリティ面での対策もしっかりされているので、URLをメールで送るだけでOK。

使い方も簡単なので、「何それ?」という方は会員登録は不要で無料で使えるので一度使ってみてください!

ギガファイル便
https://gigafile.nu/

データ便
https://www.datadeliver.net/

firestorage
https://firestorage.jp/

オンラインストレージを使う

こちらは無料で使えるもの、有料で使えるものとさまざまありますが、個人的なおすすめはDropBoxの有料版。私も3年ほど愛用していますが、今はファイル送付のほとんどをDropBoxのファイルURLを発行して送付しています。

年間14400円(1200円/月)で、2テラ分(2000GB)のファイルを保存することが可能。今のところ容量も余裕でたりますし、セキュリティ面では問題なし。オンラインストレージの機能だけじゃなく、ファイル送付としても役立つので気になっていた方は無料版からお試ししてみてくださいね。

組織的に「脱PPAP」が進みそう

リモートワークが増えて、自宅でのセキュリティにも気をつけたい方にとってこの脱PPAPの流れは嬉しいかもしれませんね。

個人情報だけでなく、自分たちが使っているPCにはたくさんの情報が保存されています。ちょっとしたミスでマルウエアに感染してしまう危険もあるので、日常生活の中からリテラシーを高めて「あ、こういうことすると危ないな」とか「これは誰かに迷惑をかけてしまうかも」など気に掛けるようにしましょう。

また「メールはPCで」というのもなくなり、今やスマホのチャットツールで取引先とも連絡取り合ったりすることも多くなりました。便利なツールを使いながら、セキュリティ面も気にできるようになりたいですね!

ちなみに、久しぶりにペンパイナッポーアッポーペンのPPAPを聞くと最高だったので、リンクも貼っておきます(笑)。この動画だけでも1.4億回以上再生されている……! 海外にも広がっていてピコ太郎すごい!!

こちらの記事もご覧ください。