自宅テレワークでのオンライン打ち合わせや動画収録を防音するグッズ3選

オンライン会議がどんどんと増えてきた今、自宅で行っていると気になるのが「音問題」ではないでしょうか。イヤフォンをしていたり、ついつい盛り上がってしまうと声が大きくなってしまい、自宅によってはご近所トラブルになることも。そこで、今回は手軽にできる防音対策グッズを3つご紹介します。

おすすめグッズ①OTODASU

自宅内に簡単に防音ルームがつくれる「OTODASU」。防音ルームと聞くとリフォームをしたりかなり大希望な改修や出費がかかりそうですが、こちらはルームを作るスペースがあれば、すぐに取り入れることができます。パーツをつなぎ合わせるだけで、工具も必要なく女性でも組み立てられるそう。

製品は3タイプで、テレワークやゲーム実況などに適した「OTDASU Light」と吸音材があり楽器演奏にも適している「OTODASU」、テレワークに特化した「OTODASU WORKS」があります。価格はそれぞれ、99,000円・144,000円・141,000円(税抜)。

また、OTODASUにはレンタルプランも用意されています。6ヶ月間レンタルをし、返却/買取のどちらかを選択するようになっているので、試してみて気に入ったらそのまま買い取ることも可能です。料金は、OTODASU Lightが63,000円、OTODASUが90,000円です。

公式サイトでは、防音実験を行った動画も公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

おすすめグッズ②おてがる〜む(おてがるーむ」

PR Times

おてがるーむは遮音材と吸音材を特殊な形状で挟んでいるため、テレワークはもちろん、楽器演奏やオンラインゲームなどにも使用することができます。こちらも工具は不要で、パーツをつなぎ合わせるだけの簡単組み立て式。ただし、重量が50kgと重いので、2名作業で行うようにしてください。

ボックスの上部には換気口も設置されているので、息苦しさも感じず長時間の滞在も可能です。カラーが2色用意されているので、お部屋に合わせたタイプを選べるインテリア性も嬉しいですね。価格は180,000円(税抜)。

購入やサイズの詳細は公式サイトから確認できます。

おすすめグッズ③防音カーテン

もっと手軽に防音対策をしたい!という方におすすめなのが、防音カーテンです。普段使用しているカーテンを防音性のあるものにするだけでOKなので、手軽さやお財布にもやさしいグッズです。

インテリアとしてはもちろん、選択肢が広いのもメリット。商品によって差がありますが、3,000円程度から購入できます。そこまで大掛かりじゃなくていいけどちょっと気を遣っておきたい、という方はまず防音カーテンから取り入れてみましょう。

防音対策で自宅環境をもっと快適に

テレワークが浸透し、自宅にいる時間が増えたことで防音対策グッズも増えてきています。音に気を遣いながら生活するのはストレスも溜まりますので、お困りの方は検討してみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください。