【その実況大丈夫?】無意識でゲーム実況が違法になるケースとは

YouTube

その配信、違法ゲーム実況かもしれません。

現在、YouTubeには数多くのゲーム実況動画がアップロードされています。
在宅時間が増え、配信者として新たに参入した人もいることでしょう。

実況動画をアップロードするうえで気をつけたいのが「著作権」の問題。
知らずしらずのうちに法を犯しているケースが相当数あるようなのです。
みんながやっているからと気軽に実況をアップロードし、訴訟を受けるケースも存在します。

どういった場合に違法実況となるのか、またどういった場合に違法とならないのか。
それぞれ詳しくご紹介します。

違法となるゲーム実況のケースとは

ゲーム実況

ゲーム会社が認めていないのに配信したものは著作権の侵害となり、違法のゲーム実況となります。
実際に警告文を無視して実況配信をしたYouTuberが裁判所に申し立てされ、刑事告訴に発展する直前まで陥ったケースがあります。
周りのYouTuberが配信しているから良いだろうとの甘い考えは捨て、しっかりと確認することが必要です。

ゲーム実況の何が問題なのか?

ゲームの映像は著作物です。著作権法で保護される著作物に該当するため、無断でアップロードすれば著作権を侵害したこととなります。
許可のないゲーム実況により侵害してしまうと著作権は「複製権」と「公衆送信権」の2つです。

違法とならないゲーム実況とは

YouTube

ゲームのなかにはゲーム会社が実況、配信を認めている作品もあります。
ゲーム会社が認めており、そのゲーム会社が作成したガイドラインに遵守していれば違法とはなりません。

実況・配信を好意的に見て、ゲーム実況を歓迎する会社も存在するのです。
ただし、それぞれのゲーム会社により動画配信を認めている作品、認めていない作品があるため注意しましょう。

ゲーム会社が実況・配信を認めているかどうか判断するには、ゲームの公式HPやゲーム会社のHPを確認しましょう。

ガイドラインやFAQ、よくある問い合わせ、注意事項などに掲載されています。
もし判断が難しい場合は直接、電話やメールで問い合わせてみましょう。

みんながやっているからOKという考え方を捨てよう

YouTube

ゲームはあくまでゲーム会社に著作権があります。
実況・配信をして良いか決めるのはゲーム会社です。
そのため、自己判断でゲーム実況をするのではなくゲーム会社のHPやガイドラインなどを確認しましょう。
もし不可であった場合は「バレないだろう」と考えず、アップロードを控えマナーを守ってYouTubeを楽しみましょうね。

こちらの記事もご覧ください。