最近オフィスや会議室に増加中の「二酸化炭素濃度計」って、どうやって使うの?

最近、街でよく見かけるようになった「二酸化炭素濃度計」。コロナ対策の1つとして密回避のために導入されることが多いですが、そのほかにも集中力維持や眠気対策にも有効なんだとか。そこで、今話題の「二酸化炭素濃度計」についてまとめました。

「二酸化炭素濃度計」とは?

二酸化炭素濃度計とは、空気中の二酸化炭素(CO2)を計測できる測定器のことです。商品によっては、温度・湿度やPM2.5も測定できるものなどさまざまな機能がついています。※商品によっては「CO2モニター」と称している場合もあります。

二酸化炭素濃度計が注目されたのは、コロナ対策の密回避のために二酸化炭素測定をし、基準値近くになったら換気のサインとして使用されるようになったため。四季がある日本では、季節によって長時間の換気が難しいときもありますが、二酸化炭素濃度計を使えば適切に換気のタイミングを知ることができます。

厚生労働省によると、建築物環境衛生管理基準では、換気回数ではなく、室内の一酸化炭素濃度(10ppm)や二酸化炭素濃度(1000ppm)の基準を設定することで、室内の最適な換気量が確保されるとしています。

コンパクトなサイズのものが多いため、職場や飲食店などに設置しても邪魔にならないところも導入が増加した要因でしょう。

二酸化炭素増加の影響は、身体にも!

二酸化炭素濃度が1,000ppmを超えると、集中力の低下や眠気が生じて疲労感を感じやすくなるため、作業効率が低下するということがわかっています。さらに、人によっては頭痛を引き起こすというデータも。

リモートワークが進み、在宅勤務をしている人も多くなっているかと思いますが、自宅だとなかなか集中できない…という方は、二酸化炭素の濃度に注目してみると改善につながるかもしれません。

ネットでは約5,000円から購入可能

二酸化炭素濃度計は、Amazonでも気軽に購入することができます。価格は商品によりますが、安価なもので約5,000円からなのでライフスタイルに合ったものを選んでみてください。

TOAMIT 東亜産業 CO2マネージャー

Amazon

二酸化炭素の濃度を数字と色でお知らせしてくれる測定器。デジタルディスプレイを採用していて、表示性能にも優れています。

二酸化炭素濃度計で、空気環境を整えよう

コロナ対策としてはもちろん、職場や学習環境にも影響を与える二酸化炭素濃度。CO2モニターは温度・湿度が測定できるものがほとんどなので、熱中症対策と一緒に二酸化炭素濃度をモニターしておいても良さそうですね。

こちらの記事もご覧ください。