iPhoneのポートレートモードがすごい!プロフィール写真にも遊びにも使える編集機能を紹介

iPhoneのポートレートモードがすごい!プロフィール写真にも遊びにも使える編集機能を紹介

iPhoneのカメラ機能のひとつ「ポートレートモード」。このモードで写真を撮るだけで、簡単にプロ仕様のような写真撮影ができることを知っている人は多いのではないでしょうか。実は、ポートレートモードはただ写真を撮るだけじゃないんです!そこで、今回はiPhoneのポートレートモードについて詳しくご紹介します。

iPhoneのポートレートモードってなに?

iPhoneのポートレートモードってなに?

iPhoneのポートレートモードとは、標準カメラに搭載されている機能のひとつ。デュアルカメラを使用して、被写体にピントを合わせてはっきりと際立たせながら、背景をきれいにぼかして撮影ができるモードです。人物をもちろん、動物や料理なども被写体として認識してピントを合わせられるので、使用シーンは幅広いでしょう。対象機種は執筆現在で以下のとおりです。

・iPhone 7 Plus

・iPhone 8 Plus

・iPhone SE (第 2 世代)

・iPhone X以降

こちらは、筆者が撮影した写真。iPhoneのポートレートモードを使用すると、以下の写真のように、なんのテクニックも使わずに被写体を主役にした写真を撮影することができます。

背景がぼけているので、被写体の桜が際立ち主役感が出ていますよね。これがポートレートモードの力です!

動画もチェック!

ポートレートモードの設定を変えて、より魅力的な写真を撮ろう

ポートレートモードの設定を変えて、より魅力的な写真を撮ろう

iPhoneのポートレートモードは、さまざまな設定を変更することができ、より自分好みの写真を撮影することができます。しかも、その設定の仕方も簡単。被写体に合わせて設定を変え、写真の楽しさを堪能しましょう。

背景の被写界深度を調節する

iPhoneでは被写界深度(=背景のぼかし具合)を調節することができます。背景のぼかしが強いほど被写体が際立ちますが、構図によってはあまり強くしたい場合に調節できるのは嬉しいですよね。

調節の仕方は、撮影した写真の「編集」から行うことができます。

1.ライブラリからポートレートモードの写真を選択

2.「編集」をタップし、画面の上部にある被写界深度のfボタンを選択

3.被写界深度を調整するか、ポートレートライティングのボタンをタップして調整

4.スライダを左右にドラッグしてエフェクトの調整を行う。※スライダ上の灰色の丸印は、初期値を表示しています。

ポートレートライティングを設定する

iPhone 8 PlusとiPhone X以降のモデルでは、ポートレートライティング機能を使うことができます。この機能を使えば、まるでスタジオで撮影したかのような照明エフェクトを写真に適用することが可能に。

モードは、デフォルトの「自然光」のほかに、顔を明るく照らしてくれる「スタジオ照明」、明るさの強弱を付けて陰影を作る「輪郭強調照明」、被写体だけにスポットライトを当ててくれる「ステージ照明」、ステージ照明と同様かつ、モノクロ表示の写真が撮れる「ステージ照明(モノ)」の5つ。さらに、iOS 13以降であれば、白を背景にしてグレイスケールの被写体を収める「ハイキー照明」も利用できます。

筆者は、「スタジオ照明」モードで子どもの写真を撮ることが非常に多いです。あまり明るくない場所でも子どもの顔にまるで照明が当たっているかのように撮影ができるので、表情をきれいに写真に収めることができて、おすすめです。 ポートレートライティングの設定は、カメラを起動してポートレートモードにするとファインダーの下部に照明エフェクトが表示されます。これを左右にスワイプして好みのモードを選択すればOK。

       Apple

すでに撮影したポートレート写真のライティングエフェクトを変更する場合は、編集から行うことができます。

iPhoneのポートレートモードで写真をもっと楽しもう

iPhoneのポートレートモードで写真をもっと楽しもう

まるで一眼カメラで撮ったかのような写真が簡単に撮影できるiPhoneのポートレートモード。筆者もよく使用しますが、自分の撮影スキルが上がったのかと錯覚してしまうほど、きれいな写真が撮れます。iPhone X以降の機種ならインカメラでもポートレートモードを使用することができるので、SNSなどのプロフィール写真もオシャレに撮れるかも?ぜひいろんな写真を撮って楽しんでみてください。

こちらもチェック!

こちらの記事もご覧ください。