音楽やYouTube活動にも使える! クリエイター向けアートワーク制作アプリ&ツール3選

cd_artwork

音楽コンテンツやYouTube動画では、オシャレでカッコいいアートワークが作品のアピールポイントのひとつになっています。でも、思うようなアートワークを作るのってなかなか大変で、大事なアートワークを簡単に、リーズナブルに作れるアプリやツールがあったら……と悩んでいる方もいらっしゃるはず!

そこで今回は、イケてるアートワークを簡単にかつリーズナブルに作れるアプリやウェブツールを3つ紹介します。

「Prisma(プリズマ)」

Prismaは、写真にフィルターをかけ、加工する画像編集アプリ。テイストを選ぶだけで、スマホで撮影した写真をアーティスティックで唯一無二の画像に変えられます

実際に使ってみたところ、Prismaに搭載されているAIの力のおかげか、写真やデザイン初心者の筆者が撮影した写真でもものすごくおしゃれな画像に大変身!この出来には驚愕しました(笑)。

無料で利用できるのは、スタイルの適用や写真のトリミング、フィルターの画像調整、SNSでのシェアといった一部の機能になりますが、これだけでもけっこう使えるアプリでした。

「Hipstamatic(ヒプスタマティック)」

Hipstamaticは、フィルム・レンズ・フラッシュの3つの要素を自分で組み合わせて撮影できる、iPhone・iPad用のトイカメラアプリ。トイカメラ風のおしゃれでレトロな写真や、フィルムカメラ風の雰囲気のある写真が撮れるのが特徴です。

つまり、Hipstamaticで撮った自分の好きな質感の写真を使えば、完全オリジナルの味のあるアートワークが作れちゃうんです!

アプリ自体が370円、さらに初めからセットされているレンズやフィルム以外のものは有料となりますが、それでもカメラ本体やレンズを購入するよりは安く利用できるため、使う価値はありそうです。

「Canva(キャンバ)」

Canvaは、ロゴやポスター、コラージュ、YouTubeのサムネイル、InstagramやFacebookの投稿用のテンプレートを提供しているデザインツール。世界中で1,000万人以上の人が、Canvaを利用しているといわれています。

数千というさまざまな用途にあったテンプレートが無料で使用できるほか、有料の写真も用意されているので、デザインの幅が広がります。

さらにCanvaには、ツール内の素材をドラッグ&ドロップで入れ込むだけで、デザインが作れちゃうという特徴も。テンプレート数だけみてもかなり使えそうなCanvaですが、人気の理由は操作が簡単なことにもあるようです。

リーズナブルにアートワークを作るにはこの3つを使いこなそう!

pixabay:camera_TheAngryTeddy

アートワークやサムネイルが重要だとわかっていながらも、なかなか凝ったものを安く、簡単につくるのは難しいですよね。しかし、筆者が調べたところ無料で利用できるサービスはそう多くはありませんでした。

費用を押さえてオシャレなアートワークやサムネイルを作成したい方は、今回紹介した3選を上手く使いこなし、オリジナリティ溢れたものを作ってみてくださいね!

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。