Yahoo! MAPで新型コロナワクチンの接種会場がわかる?

感染者数の増加をうけて、新型コロナウイルスのワクチン接種が徐々に活発化してきています。そんななか、ヤフー株式会社は「YAHOO! MAP」アプリで新型コロナワクチンの接種会場が分かる機能を実装開始。どんな機能なのか、使い方までまとめました。

YAHOO! MAPで「新型コロナワクチンマップ」が公開!

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPANが提供するYahoo! MAPアプリでサービス提供開始となった「新型コロナワクチンマップ」。各自治体の公開情報をもとに、東京23区の一部を含む約460市町村、約1,700接種会場・医療機関の情報がマップ上に掲載されています。(執筆現在)

今後は厚生労働省から公開されている「コロナワクチンナビ」などの情報をもとに内容を拡充していく予定とのことで、より詳細な情報が分かりそうです。さらに、Web版「Yahoo!地図」では全国のワクチン接種会場や医療機関を検索できる機能の提供が開始しているので、お住まいの地域によってはこちらの利用も検討してみましょう。

マップアプリの特性を活かしたシンプルな操作性

YAHOO! MAPアプリの「新型コロナワクチンマップ」は難しい操作は不要で、マップアプリとしての機能はそのままに、タップだけで予約状況が分かるようになっています。アプリ起動後すぐに利用できるように「新型コロナワクチンマップ」の機能や使い方を詳しくまとめました。

地図上で予約空き状況が分かる

今までは、行きたい医療機関や自治体のホームページを訪問して各施設ごとに予約の空き状況を確認する必要があり非常に手間がかかりました。この手間を解消してくれるのが、Yahoo! MAPの「新型コロナワクチンマップ」です。アプリを開いて「新型コロナワクチンマップ」を選択すると、ワクチン接種ができる施設の予約受け付けや空き状況が、地図上の◯△×などに色分けされた5種類のピンで表示されます。これなら自宅や勤務地周辺など、都合の良いエリアの情報が地図上で簡単に分かりますね。現在地から近くの会場を調べたいときは、画面右下の赤丸部分「現在地ボタン」をタップすると表示されます。

希望する施設が「予約可能」の場合は、該当する施設の地図上のピンをタップすれば、そのまま電話予約またはネット予約画面に移動することができます。さらに、ワクチンの種類が表示されるところも便利。


ただし、「予約する」のボタンはネット予約に対応している接種施設・医療機関のみに表示され、実際の予約方法などは移動先のサイトや各自治体のホームページなどで確認する必要があります。YAHOO! MAPアプリの「予約する」ボタンをタップするだけで予約完了にはならないので、注意しましょう。

接種会場や医療機関までの経路を調べたい場合は、右下の「ルート検索」ボタンをタップすると経路案内が表示されます。マップアプリだからこそできる連携機能は、安心して利用できますね。

登録した施設が予約可能になったらプッシュ通知でお知らせも

希望する施設が「予約不可能」だった場合は、事前に施設を登録することができ、予約可能になったらプッシュ通知でお知らせを受け取ることができます。複数の施設が登録できるので、自宅と職場近くのエリアなど柔軟に登録しておきましょう。登録機能を利用するには、Yahoo! JAPAN IDのログインが必要なので、持っていない方は作成してから登録してください。

登録機能の使い方は、地図上に表示されている予約したい施設をタップして、画面下部にある「この施設が予約可能になったら通知」のボタンをタップするだけで完了です。

Yahoo! JAPAN

新型コロナワクチンの接種情報を正しく受け取ろう

変異株の猛威によって国内の感染者数が増加するなか、ワクチン供給数は減少しており予約の確保が非常に厳しくなるなどして混乱を極めている今、ワクチン接種に関する情報もSNSなどで錯綜しています。厚労省や自治体の情報をもとにしている正しい情報がまとめられているアプリなどで、正しく収集していきたいですね。

アプリのダウンロードはこちら

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。