名刺管理サービスのおすすめ3選!アプリでデジタルにして効率化しよう

コロナ禍で「名刺交換」の機会が減り、私もオンライン上での初めまして場面が増えてきました。しかし最近、また少しずつ対面取材の機会が増えてきて、うっかり名刺を忘れてしまう……なんてこともしばしば。すみません……! オンラインでも、オフラインでもまた次お会いする時に失礼がないよう、しっかり管理しておきたいですよね。

そこで今回は、いただいた紙の名刺をデジタル上で保管できるツールやデジタル上でも名刺交換ができるデジタル名刺まで、おすすめの名刺管理についてご紹介します。

法人向けサービスと個人向けサービスがある

サラリーマンとして働いている方は、自分で勝手に名刺を作れませんよね。そのため、社内で「名刺管理」しているという人も多いはず。テレビCMでもお馴染みのsansanを「会社のツールとして導入しているよ」という方も多いかもしれません。こういった法人向けサービスは、個人での契約はできないので、事前に「法人向け」か「個人向け」かを確認しておきましょう。代表的なサービスは以下。

法人向け名刺管理サービス

Sansan(規模により、利用料変動)
https://jp.sansan.com/products/sansan/

CAMCARD BUSINESS(1700円/月~)
https://www.camcard.jp/business/

ホットプロファイル(要問い合わせ)
https://www.hammock.jp/hpr/

個人向け名刺管理サービス

Wantedly People(無料)
https://people.wantedly.com/

Eight(無料)
https://8card.net/

myBridge(無料)
https://jp.mybridge.com/home

「個人向けの名刺管理サービス」はどれも無料で使えますが、社内の規定などで申請が必要な場合などがあるかもしれませんので、一度「個人的に、名刺管理アプリを導入していいか?」は確認しておくのが良さそう。ここでご紹介しているアプリは、セキュリティもしっかりしたものを選んでいるので、問題が起きればニュースになるレベルですが、「登録しているスマートフォンをなくした!」と自分のせいで個人情報が漏洩してしまったり、「転職時に名刺を置いていくルールがある」など社内に独自ルールがある会社もあるので、あらかじめ社内で確認をとってから利用することをお勧めします。

フリーランスで働いている方や、副業の名刺を管理したい方、会社でも名刺管理ツール・アプリが自由に使える方には、個人向け名刺管理サービス無料で始められるのでおすすめです。以下で詳しくご紹介しましょう!

Wantedlyを使うなら『Wantedly People』アプリも一緒に!

副業・復業がさかんな今、自分でもできるお仕事探しをWantedlyでしている、なんて人も増えてきましたよね。もし、今Wantedlyをよく使っている、活用しながらお仕事探しをしている、という方は『Wantedly People』も一緒に使ってみると良いかも。

一度に最大で10枚の名刺を読み込める&名刺スキャンもしやすいスキャナーScanSnapとも連携したアプリなので、たまった名刺整理にもぴったり! 撮影から登録までもかなりスピーディなのでスキマ時間にちゃちゃっとできるのはありがたいですよね。さらにWantedlyの情報とも自動で連動してくれるので、「つながりを増やしたい」と考えている人にもおすすめです。

もちろん名刺を便利に管理したいというだけでも使えますが、利用するためにはWantedlyアカウントが必要になります。すでにWantedlyを使っていて、名刺管理に困っている……という人にはかなり使い勝手のいいアプリなので、無料で一度お試しあれ!

『Wantedly People』

名刺管理の定番『Eight』なら、オンラインで名刺交換も可能

とりあえず、何か使ってみたい! という方におすすめなのが、No.1の名刺管理アプリ『Eight』です。名刺を写真に撮影するだけで、正確にデータ化してくれて、さらにURLやQRコードを送るだけで相手に名刺情報をオンラインでお伝えすることも可能。オンラインで初めましてをした後、「名刺お渡しできなかったので~」とURLやQRコードをメールすれば、オンライン名刺交換もできちゃいます。

またさらに多機能なものを使いたい方向けには、有料プランも準備されているのもうれしいポイント。名刺交換をたくさんする営業職の方や、講演会などに出演されるような方は『Eight』を使うことで、今以上にお仕事がはかどりそうですね。

『Eight』

LINEが運営する名刺管理アプリ『myBridge』

お仕事でLINEを使う人も増えていると思います。そんな時に、あの人の情報知っている? などすぐシェアできると便利ですよね。そこでおすすめなのがLINEが運営する名刺管理アプリ『myBridge』。データ化した情報をメンバーとシェアが可能で、LINEで共有もOK。またセキュリティもしっかりしているので、安心して使うことができます。

また、オンラインでの名刺交換にも対応しているので、最近テレビ会議が増えた方にも使い勝手がいいアプリでしょう。

『myBridge』

今は気軽にSNSだけで繋がることもできるので「正直、名刺がなくても~」と思いますが、会社や職種によっては、大事な営業ツールになることもまだまだある名刺。自分と相性のよい管理ツールを見つけて、仕事効率をアップできるといいですよね♪

これから対面で「はじめまして」も少しずつ増えてくると思いますが、オンラインでもオフラインでも、自分の仕事の幅を広げ、人とをつないでくれる名刺を大切に管理していきたいものですよね。名刺管理に困っている方、復業・副業で本業以外の名刺管理に困っている方などぜひ一度お試しいただければと思います!

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。