【2022年】年賀状はスマホやメールで簡単作成♪ 動画を添えて送れる「つむぐ年賀」とは

ちょっと早いですが、2021年もお疲れ様でした!

今年も緊急事態宣言が続き、なかなか人と会えなかったなぁ~という方多いのではないでしょうか? 「今年は年賀状出してみようかな?」と考える人も多いかと思います。
手書きの年賀状もいいけれど、最近ではスマホひとつでデザインから発送までできちゃうサービスも充実。なんと動画まで送れちゃうらしい! 今回は、作る側はラクラクなのにもらったら超嬉しくなる「つむぐ年賀」をご紹介します。

年賀状メールならこちらもチェック!

年賀状をスマホやメールで送る!新年の挨拶はLINEやメール・SNSで送ればまだ間に合う!【Android】【iPhone】

QRコードを読み込んで、動画も送れる年賀状

新年のご挨拶といえば、年賀状! ですが、年々出す方も減ってきていますよね。発行部数を調べてみると、ピーク時の2003年には44億枚発行されていた年賀はがきは、2021年は18億枚に。その背景には様々ありますが、ここ20年で「伝える」気持ちの表現方法が変わったとも考えられます。(参考:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20210906-00256693

私も学生時代は年賀状を出すのが楽しみでしたが、
・メールでいいじゃん
・デザインを選ぶのが面倒になってきた
・手書きが大変
・出す人に気を遣う(先輩と同級生、親戚など同じデザインでいいのかな?)

などなど、どんどん年賀状が億劫に。。。

楽しい行事ではありますが、「ま、いいか」と優先度が下がってしまったという人も多いのではないでしょうか? そんな億劫なことがスマホひとつでできちゃうなら? 送ってもいい! と考える人も多いのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが『つむぐ年賀』です!

『年賀状 2022 つむぐ年賀で写真入りデザイン作成や自宅印刷』

無料アプリということもあり、シリーズ累計300万DLされている『つむぐ年賀』。今年からQRコードを使って動画メッセージも追加できるようになったそう。動画というと色々と面倒なイメージがあるかもしれませんがとってもシンプル! 

1.「つむぐ年賀」アプリからお好きな年賀状を選び、編集画面で「動画を追加」を押して、年賀状に添付したい動画を撮影します。添付可能な動画の長さは5秒です。
2.撮影した動画を確認して、配置するQRコードの色を編集します。
3.作成したQRコードのサイズや位置を、年賀状デザインに合わせて調整して配置すれば完成です。

(引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000042955.html

遠く離れた友人や家族に動画でメッセージを送りたい! という方はぜひお試ししてみてくださいね。

スマホだけでデザインできるから、超簡単! 今年発送にもまだ間にあうよっ!

とはいえ「面倒なのでは?」と思ったそこのあなた! 実際にアプリをダウンロードして10分でできた年賀状をご覧あれ!

超簡単にここまでできちゃいました♪ 新年からこんな元気な年賀状が届いたらいいですよね〜♪ 一言メッセージを添えて届けたいな〜なんて思っちゃいました。

豊富なデザインの中から選び、自分のスマホに入っている写真を選ぶと、自動で背景を削除してくれるのです。なので、自分で画像編集する手間がゼロ! ちょっと微調整をして完成しました。

デザイン制作は無料でできちゃいますが、発送については料金がかかります。

1.基本料金:なし(1枚から注文可能)

2.印刷料金  ※注文時期により割引あり
▼ 写真ありタイプ(銀塩プリント)
1  ~ 49枚:110円/50~ 99枚:99円/100枚以上:88円

▼ 写真なしタイプ(普通印刷)
1  ~ 49枚:86円/50~ 99枚:77円/100枚以上:68円

3.はがき料金
年賀はがき・郵政はがき:63円
私製はがき・無地はがき:無料

4.送料
ゆうパケット:385円(30枚以上のご注文で無料)
ゆうパック :695円(100枚以上のご注文で無料)

(引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000042955.html

1枚から注文が可能なので、これだけ簡単だと何種類も作って家族用、友達用、仕事用と送りたくなっちゃいますよね♪

他にも、サンプルを印刷したり、宛名印刷や投函代行などオプションも豊富なので、まだ使ったことがない、という方は是非一度お試しを! 億劫な年賀状もラクラク楽しくできちゃいますよ。

結婚・出産・引っ越しなどポストカード版もおすすめ

ちなみに「今年は喪中だから」と年賀状を出さない方も『つむぐ年賀』なら喪中はがきも寒中見舞いも制作が可能。シンプルな文字とイラストだけの年賀状もあるので、「写真は使わないけれど」という方にもおすすめです。

また別のアプリに『つむぐポストカード』もあります。
結婚や出産の報告、引っ越しなど何かとハガキを送る場面はありますよね。そんな場面にぜひ活用ください。

『つむぐポストカード 写真挨拶状・はがき作成アプリ』

私も今回、『つむぐ年賀』で年賀状を作ったことがきっかけとなり、「久しぶりに年賀状を送りたいな……」という気持ちがふつふつと湧いてきました(笑)。

1年間振り返れば、直接は会えなかったけれど、お世話になった人は本当にたくさんいました。そんなオンラインでのお付き合いが続いた時に、心からの感謝を年賀状でお伝えするのもいいかな? と。今年の年賀状どうしようかな~と迷っている方は、まずはアプリをダウンロードしてちょっと眺めてみるのはいかがでしょうか? とにかく簡単なので、「これなら出してみてもいいかも!」と思えるかもしれませんよ。

もちろん感謝を伝える方法は多様化しているので、年賀状でも動画付き年賀状でもメールでもLINEでも電話でもSNSでも、誰かにありがとうを伝えることをこんな1年だったからこそ忘れたくないな~と感じました。様々なサービスを使いながら、楽しんでみてくださいね!

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。