廣川玉枝 in Beppu!温泉散歩で芸術鑑賞【別府・鉄輪紀行】

廣川玉枝 in Beppu!温泉散歩で芸術鑑賞【別府・鉄輪紀行】

近年地方の伝統文化を活かした現代芸術やインスタレーションに注目が集まっています。

2021年12月18日(土)から2022年2月13日(日)まで大分県別府市の鉄輪にある「ムシ湯温泉」を中心に『廣川玉枝 in Beppu』が開催されています。

どんなイベントか紹介します。

「in Beppu」は、大分県別府市を舞台に1組のアーティストを招いて、その芸術家のアート性を街に融合させたイベントです。2020年は音響作家、演奏家として活躍する梅田哲也氏を招き、光と音と動きのインスタレーションを実施しました。

6回目を迎える今回は、服飾デザイナー廣川玉枝氏が抜擢され、衣装やファッションのアート性を活かした地域のイベントに昇華されました。

廣川玉枝とは?

廣川玉枝さんは、マドンナやレディー・ガガといった世界的なミュージシャンにも採用されたファッションデザイナー。デジタル技術の無縫製ニット「Skin Series」が特徴で、性別や人種、国境を越えたニットは、地肌と布地の距離感を考えられており、その繊細さが日本ならず各地で人気を博しています。

in Beppu×廣川玉枝

では、そんなファッションデザイナーの廣川さんが、別府を舞台にどんな地域イベントに仕上げたのか紹介しましょう。

廣川さんは、民俗学でいう「稀人・客人(まれびと)」に着目しました。

まれびとは地域信仰の一つで、古代から疫病や自然災害が起きた時に、異世界から訪れた霊的な存在として崇め、祈りや祭りによって鎮静化を願う存在として神格化されているものです。

一般的に知られているのが秋田県のなまはげですね。来訪神として各家に来訪し、厄払いをしてくれる存在として現在も続く伝統文化となっています。

廣川さんは、別府・鉄輪温泉を舞台に、「まれびと」の衣装をデザイン。さらに世界で活躍する湯浅永麻氏と大宮大奨氏を抜擢し独創的なダンス表現で町中を練り歩くというイベントも作りました。

地嶽祭神事奉納

本イベントは『地嶽祭神事奉納』と名付けられ、大分県別府市鉄輪にある火男火賣神社をスタート地点として、大谷公園、鉄輪温泉街、鉄輪むし湯前広場までの道すがら、鐘や太鼓の音を鳴らしながら闊歩します。

最終地点の鉄輪むし湯広場前では、「渦踊り」を皆で踊ったり、まれびとの壮大な踊りと鎮静化を願ったパフォーマンスで、締めくくられました。

こちらで公式の映像作品がご覧になれます。

写真家石川直樹、脳科学者中野信子との対談

また、12月19日には写真家の石川直樹氏と脳科学者の中野信子氏を鉄輪にある「a side 満寿屋」、「冨士屋ギャラリー一也百2階ホール」に招きゲストトークを開催。

全国で活躍する両者から廣川さんのインスタレーションへの評価は、職種が違うからこその見解で興味深く、かといって的外れにならないのは、「まれびと」というテーマがトーク軸をブレさせないからでしょう。

オンライン配信は終了しましたが、アーカイブも残っているので是非ご覧ください。

※アーカイブの配信は延期になりました。配信までお待ちください。

▼石川直樹さんと対談はこちら

▼ 中野信子さんとの対談はこちら

まとめ

2021年もコロナが全世界を席巻し、混乱を極めた一年でした。

しかし、東京オリンピックの開催や緊急事態宣言後の感染率の低下などもあり、明るい兆しも見えてきています。

そんな中、別府・鉄輪でも「in Bepp」を開催。僕はこちらへきて数週間ですが、鉄輪は町中の至る所で、地面から温泉の湯気が煙立ち、朝に見せる景色、昼の光景、夜の風景と、色々な顔を見せてくれる不思議な街だと感じました。

例えるなら、『千と千尋の神隠し』の世界に迷い込んだような。

そんな街の中で廣川玉枝さんのインスタレーションによって、「まれびと」と遭遇し、モノクロームのような街が色を付け始める。この衝撃に、とても感銘を受けました。

伝統的な街に、新しいカルチャーが吹き込むことで、融合された世界が出来上がる。

再生とも復活とも違う、新たな世界です。

廣川玉枝 in Beppu』 は、2022年2月13日まで開催。衣装や映像の常設展示や最終日には火祭神事奉納の映像もオンラインで鑑賞できます。

温泉に浸かり温まった体で鉄輪の街を散歩し、優れたアートを見て周る。

これまでの温泉気分とは一味違う観光になると思いませんか?

もちろん遠出できない状況なら、温泉の素を入れたお家のお風呂で、オンラインで楽しむのも有りですよ。

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。