Amazonやメルカリ、楽天にクロネコヤマトなどなりすましメールの見分ける方法は?

おうち時間が増えて、オンラインショッピングをする機会が大幅に増えた方も多いのではないでしょうか。こういった社会の情勢を受けて、今急増しているのが「迷惑メールの巧妙化」です。そこで、最新の迷惑メール情報と見分け方をまとめてお伝えします。

有名企業を騙る迷惑メールが急増中!

世界中でネットショッピングをするユーザーが増えた今、Amazonや楽天市場などの大手有名企業の名を騙ったスパムメール(フィッシングメール)の報告が急増しています。以前は迷惑メールというと、不自然な日本語などが多かったのですが、最近の不審メールの多くは非常に巧妙な作りになっていて、一瞬見ただけでは判別しにくいものも散見されるようになってきました。

各企業でも公式サイトなどから注意喚起を行っていますが、被害は後を絶たない様子。そこで、どういった迷惑メールが報告されているのか最新のものを見てみましょう。

楽天になりすました偽メール

迷惑メール相談センター

上記のメールでは、本文中のURLがフィッシングサイトへの誘導の可能性が高く、クリックをしないように注意喚起がされています。このようにHTMLメールで送られてくると、URLが見えず公式のメールにとても似せているため非常に判別が難しいでしょう。

楽天以外にも、Amazonやメルカリ、カード会社やヤマト運輸などの配送業者などを名乗る多様な迷惑メールが日々確認されています。

迷惑メールの見分け方

HTMLメールや、企業のロゴなどを使われた迷惑メールは一瞬では偽物かどうか見分けることが難しくなっています。そこで、迷惑メールの判別方法をまとめました。公式のメールかどうか怪しいと思ったら、こちらを参考に見分けてくださいね。

送信元のアドレスが正規のものか確認する

迷惑メールかどうか判断する項目として、送信元のアドレス確認が挙げられます。送信者の表示は自由に設定することができるため、表示だけで判断は禁物。必ず送信元アドレスが正規のものかどうか確認をしてください。正規のアドレスは各企業の公式サイトに記載されています。

【参考】

【ご注意ください】楽天を装った不正関連の事例について

Amazon:スパムメールの見分け方

メルカリを装った不審なメールにご注意ください

ヤマト運輸の名前を装った「迷惑メール」および「なりすましサイト」にご注意ください

リンクや添付ファイルをすぐに開かない

迷惑メールを受信した場合、メール本文に記載されているURLはほとんどがなりすましサイトへの誘導リンクになります。なりすましサイトも公式サイトに非常によく似た作りになっているので、個人情報を入力してしまった場合、情報流出などの危険性が一気に高まります。

まずは、送信元が正規のアドレスであるかどうかを確認して公式のものであることが分かるまでは、安易にリンクや添付ファイルを開かないようにしましょう。

怪しいと思ったらすぐに検索しよう!

今まで公式サイトから来たことのない内容が突然送られてきたら、誰でも不安になり慌ててしまうもの。でもすぐにリンクを開く前に、まずは同じようなメールが送られてきていないか検索をするのも有効策のひとつです。迷惑メールは不特定多数に送信されているため、ほかの人たちも受信していれば迷惑メールの可能性が高まるでしょう。本記事で紹介した判別方法を元に、被害に遭わないよう気をつけてくださいね。

こちらも併せてチェックしよう!

こちらの記事もご覧ください。