福田智之

「GALAXY」日本上陸!NTTドコモが新Android端末2機種を発表

NTTドコモとサムスン電子の GALAXY共同記者発表会

NTTドコモとサムスン電子の GALAXY共同記者発表会

NTTドコモは10月5日、サムスン電子製Android OS 2.2搭載端末「GALAXY S」「GALAXY Tab」の日本市場向けモデル「ドコモ スマートフォンGALAXY S」(SC-02B)と、「ドコモ スマートフォンGALAXY Tab」(SC-01C)を発表した。


10月15日から事前予約を受け付け、それぞれ10月下旬、11月下旬に発売する。
続きを読む

日本Androidの会:知恵を持った音声認識ソフトは、利用者の“アバター”になれるのか?

3月の定例会は「音声認識」がテーマ。古くからある技術だけど、Androidにはどのくらい関係があるの?

3月の定例会は「音声認識」がテーマ。古くからある技術だけど、Androidにはどのくらい関係があるの?

「日本Androidの会」の定例イベントが、2010年3月8日(月)に池袋で開催されました。前回までの秋葉原会場では満員のため入場できないこともありましたが、今回の会場には最大300名を収容できる立教大学の大教室が用意され、多くの参加者が詰めかけて盛況でした。


本日の登壇者は共に、NTTの研究所で「音声認識」の研究をされています。音声認識研究の歴史は古く、コンピュータの発達や大型化とともに進化し続けてきました。日本最大級のネットワークを持つ会社の「音声認識」研究者は、Androidなどオープン環境の端末の普及という新たな局面を、どのように捉えているでしょうか。 続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:番外篇

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」。前回まで前篇中篇後篇とイベントレポートをお届けしてきました。企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介、個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」というノリノリの作品、そして「未来を感じる新兵器ガジェット」。様々なガジェットを数多くお伝えしてきましたが、最後に番外篇として、ガジェットにまつわる有意義で興味深い内容のプレゼンをまとめてお伝えします。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:後篇

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」イベントレポート後篇をお送りします。前篇は企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介。中篇では個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」という、ノリノリの作品を数多くお伝えしました。後篇は題して「未来を感じる新兵器ガジェット」。面白メカや素敵な開発ストーリーが、今回も盛りだくさんです。
続きを読む

日本Androidの会:チョコっとスウィートなAndroidマシンを召し上がれ~女子部イベント「Andronjoナイト!」

ピンクのドロイド君と…いや、ドロイドちゃんなのか? お花と蝶の舞う、Android未体験ゾーンへいよいよ突入!

ピンクのドロイド君と…いや、ドロイドちゃんなのか? お花と蝶の舞う、Android未体験ゾーンへいよいよ突入!

「女子の方、女性の方、手を挙げてください…ご覧ください! あろうことか1/3ぐらい、女性でございます
日本Android会2月の定例イベントは、女子部部長の矢野りん氏の、こんな一声から始まりました。正式発表された参加人員は全員で75名、そのうち女子は32名でした。ちなみに現在全国各地の「女子部」のメンバーは72名。

続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:中篇

中篇はびっくり便利ガジェットや爆笑面白ガジェットが続々登場する

中篇はびっくり便利ガジェットや爆笑面白ガジェットが続々登場する

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」というイベントのレポートの続きをお送りします。前篇は企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介が多くありました。中篇では個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」という、ノリノリの作品ばかりです。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:前篇

最初の登壇者の塚田さんと、司会進行の法林浩之さん(日本UNIXユーザー会幹事)。

最初の登壇者の塚田さんと、司会進行の法林浩之さん(日本UNIXユーザ会幹事)。

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて、ハードウェア/OS/ミドルウェアエンジニア、アプリケーション開発者やWEBデザイナー、一般ユーザの交流を目的に、「Gadget1(ガジェットワン)」というイベントが開催されました。会の後援は、日本UNIXユーザ会および日本Androidの会日本オラクル株式会社から会場が提供され、8時間の開催時間中に約200人の来場者があり、大変盛り上がりました。


午前10時から午後6時まで、延べ18組が登壇するという盛りだくさんのスケジュール。今回のレポートは、とても1本では収まらないので、まずは「新サービス・会社の新製品」をテーマに登場した前半5組からお届けします。
続きを読む

ソニー・エリクソンが「Xperia」に残すソニースピリット

スマートフォンは、電話であることを忘れてしまう。HT-03Aより電池の持ちが良くなり、連続待受/通話時間も伸びた。

スマートフォンは、電話であることを忘れてしまう。HT-03Aより電池の持ちが良くなり、連続待受/通話時間も伸びた。

ソニー・エリクソン(2001年10月以前はソニー)を製造元として発売したケータイ・PHSは、1991年のHP-211(DDIセルラー向け)を初めとすると、100機種を超えた。それはまた、新機能搭載の歴史でもある。4月にdocomoより発売が予定される「Xperia」に内包された、ソニースピリットを探ってみよう。 続きを読む

一般のケータイユーザでも「Xperia」を手にしたら“生活が変わる”5つの理由

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

大げさではなく「Xperia」がライフスタイルを変えてしまうかも


今までスマートフォンを使ったことのない携帯電話ユーザが、何の情報もなくいきなり「Xperia」を使いこなすのは難しいだろう。しかし以下の“5つの機能”だけでも使おうと考えれば、案外ラクにこの機種と付き合えるのではないだろうか。
そして気がついたら、Xperiaにより毎日の生活が素晴らしいリズムで動いているかもしれない続きを読む

「明日のAndroidアプリのヒットメーカーはここにいる!」~第23回 体育会系モバイル部 レポート後篇~

ソーシャルアプリの流行を終わらせないために、新しいクリエイターを募集中。

ソーシャルアプリの流行を終わらせないために、新しいクリエイターを募集中。

ソーシャルアプリの大流行は本物か、バブルか?

モバイル業界の国内最大級交流会「第23回 体育会系モバイル部」レポートの後篇は三部構成の1部と2部をお伝えしよう。先にお伝えするのは、今回最も登壇者の多かった第2部。満員の計3フロアで、唯一お話禁止の会場は、観客が階段まで溢れ出る盛り上がりだった。

第2部登壇は、黒船来襲「ソーシャルの波」と題し、注目のソーシャルアプリの代表の4氏。真田哲弥氏(KLab株式会社代表)、小野裕史氏(Rekoo Japan代表)、長谷川敬起氏(株式会社ドリコム執行役員)、赤羽雄二氏(ブレークスルーパートナーズ株式会社マネージングディレクター)の方々だった。
続きを読む