スマホ・タブレット

ソフトバンクモバイルが発表した「HTC Desire」、OS2.1搭載でXperiaに対抗

ソフトバンクモバイルより発売が発表された「HTC Desire(X06HT)」

ソフトバンクモバイルより発売が発表された「HTC Desire(X06HT)」

ソフトバンクモバイルは、3月28日(日)に開催したソフトバンク創業30周年イベント「ソフトバンクオープンDAY」にて、HTC製のAndroid「HTC Desire(X06HT)」を4月下旬に発売することを明らかにした。


HTC Desireは、今年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大級の携帯電話関連イベント「Mobile World Congress 2010」で展示されていた新製品。HTCでは「2010の第1四半期に発売する」とアナウンスしていたが、ほぼ同じタイミングに日本市場に投入されることとなった。 続きを読む

Android端末なう:005「Liquid」 高速・快適な海外Android端末

Acer 「Liquid」

Acer 「Liquid」

今年は数多くのAndroid端末が発売される予定ですが、2010年3月の時点で、日本ではHT-03Aのみ、タブレットを入れてもSmartQ5とCamange WebStationしか販売されていない状況が続いています。しかし海外では既に複数のAndroidを使用したスマートフォンやタブレットが販売されていて、今回紹介するAcer(エイサー)の「Liquid」もそのひとつです。
続きを読む

iPhoneユーザーによるNexusOneの開封レポート

なぜか机にNexusOne

なぜか机にNexusOne

どうも。ぬこ男です。


今僕の手元にNexusOneがあります。正直言って僕はiPhoneが好きなのでandroidについてはあまり知識がないのですが、物欲を刺激されずにはいられない体験をしたので書き残しておきます。


僕はおなかが弱いのでよくトイレに行きます。いつものようにトイレに籠城し た後、戻ってくると机の上に箱が。
続きを読む

Android端末なう:004「SmartQ5」

本体の箱

本体の箱

日本で買えるAndroid OS搭載端末は、HT-03Aだけだと思いがちですが、コヴィア・ネットワークスから Android OS搭載端末 SmartQ5が発売されています。 2009年9月1日よりアマゾン等で予約開始をして9月30日に発送開始されました。「BIGLOBEモニター端末」と同じく携帯端末ではありませんが、日本で2機種目のAndroid OS搭載端末です。
ハードウェアは中国のSmartDevices社が作製した端末です。コヴィア・ネットワークスが電波法上問題ないように、技適マークを取得しドライバの開発やAndroid OSのプレインストール等を行い正規代理店として販売をしています。


今回はSmartQ5のレビューです。 続きを読む

一般のケータイユーザでも「Xperia」を手にしたら“生活が変わる”5つの理由

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

大げさではなく「Xperia」がライフスタイルを変えてしまうかも


今までスマートフォンを使ったことのない携帯電話ユーザが、何の情報もなくいきなり「Xperia」を使いこなすのは難しいだろう。しかし以下の“5つの機能”だけでも使おうと考えれば、案外ラクにこの機種と付き合えるのではないだろうか。
そして気がついたら、Xperiaにより毎日の生活が素晴らしいリズムで動いているかもしれない続きを読む

ソニエリXperiaのバージョン1.6に落胆した人たちへ

Xperiaは4月に発売予定。「世界でも早いタイミングでの発売になる」(NTTドコモ)という。

Xperiaは4月に発売予定。「世界でも早いタイミングでの発売になる」(NTTドコモ)という。

NTTドコモがついにソニー・エリクソン製Android「Xperia」を4月に発売することを明らかにした。



一時期、NTTドコモ向けの開発を休止していたソニー・エリクソン。国内の開発リソースを世界向け端末の開発に割り当て、世界規模で勝負するスマートフォンとして「Xperia」は誕生した。
続きを読む

Android端末なう:003「光iフレーム」

ルーター?

正面

NTT東日本は2009年11月20日~30日まで日本初のアンドロイドフォトフレーム端末である、光iフレームのトライアルモニターを募集をしました。(現在募集は終了しました)
この端末は「光iフレーム」という名前で呼ばれる事が多いのですが、光iフレームは仮称で、現在は「ウイジェット対応フォトフレーム」という名前になっております。 続きを読む

石川温のAndroid速報:001「Nexus One」の日本国内対応レベルを検証してみた!

Nexus One:3.7インチの有機ELディスプレイ

Nexus One:3.7インチの有機ELディスプレイ。andronaviをNexus Oneから見る。


ついに2010年1月5日(日本時間6日)、Googleが自社ブランドによるAndroidケータイ「Nexus One」を発表した。 その日、筆者はラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)取材のため幸運にも渡米中。早速、Nexus Oneを購入し、現地で試してみた。 続きを読む

Android端末なう:002「HT-03A」

HT-03A

HT-03A

HT-03Aの価値は【持ち運ぶGoogle】!

【日本のアンドロイド初号機】

現在、スマートフォンとして使えるアンドロイド端末は、NTTドコモが発表した「HT-03A」だけです。

発表から既に7ヶ月近く経過している今、2009年はHT-03Aが日本のアンドロイド業界(?)を背負ってきたと言えます。


早速外箱から見て行きましょう。

続きを読む

Android端末なう:001「BIGLOBEモニター端末」

本体の箱

本体の箱

BIGLOBEにてモニター募集されるアンドロイド端末 「BIGLOBEモニター端末」をレビューします。お借りした端末はきちんと梱包されており、ハードウェアとしては最終段階だと思われます。内蔵しているソフトウェアに関しては、最終的な物ではないというご説明を受けました。 この端末の詳細は、製造元のページに記載されています。ここでは前述したページには記載されていないことを中心にレビューさせて頂きます。

箱は非常にアメリカ的で、書かれている文字は全て英語、箱自体には日本語表記はありませんでした。箱横面に、黒、白、ピンクの表記があり、白にシールが貼ってあります。色的にも大きさ的にも靴箱を連想するような箱です。

続きを読む