特集

ガラケーや通話のみSIMにするメリット・デメリットとは?

先日、ポケベルが悲しいかなサービス終了となりました。さらに、2022年3月末にはKDDI(au)のガラケーのメイン回線だった3Gが終了予定で、青春時代をPHSやガラパゴスケータイ(ガラケー)で過ごした私としては「おぉ~時代」と感慨深くなるニュースが増えてきました。大学時代は遠距離恋愛を成立させるためにウィルコムとガラケーの2台持ちということもやってたし…(笑)。

そんなガラケーですが、今、再び人気になっているんだとか。都内ではガラケー専門店「携帯市場」がオープンし販売台数や売り上げが、前年比でなんと約5倍にも伸びたとの情報もあり、個人的にも気・に・な・る!

そこで今回は、ガラケーや通話のみSIMについて個人的な観点にはなりますが、メリットとデメリットをご紹介させていただきます。

続きを読む

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

エフエム東京(TOKYO FM)が、2016年から試験放送を行っていたデジタルラジオ『i-dio(アイディオ)』を撤退することが発表されました。

『i-dio』は、もともと、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設された新しい放送の形。テレビのような映像メディアともラジオのような音声メディアとも違う、新しい第3の放送を目指していました。契約不要で受信機を持っていれば誰でも楽しめるのが魅力でした。

続きを読む

モノの価値を体感後に自分で値決め!「あと値決め」とは?

サービスを受けてお会計する時に「思っていたより高く感じたな~」「え、こんな安くて大丈夫?」なんて思うこともあると思いますが、皆さんはそんな経験ありますか?

これまでのお金の流れは、価格を見る > サービスを受ける > 支払うというのが当たり前なので、自分のお財布と相談して…なんて人がほとんどだと思います。しかーし! さすが令和。なんとサービスを受けたあとに自分で金額を決めて支払える『あと値決め』というサービスがあるというではないですか…!!

最低金額が決まっており、サービスの満足度に応じて料金を支払うというサービス。つまりは、サービスを受ける > 価格を決める > コンビニ等で支払う流れになるんです。自分で決める? ちゃんと支払ってくれるの? そんな疑問を解消してまいります。

続きを読む

シャープがAndroidシェアNo.1に!なぜ人気なのか深堀り

スマホメーカーはこれまでApple一強というイメージがありましたが、シャープが風穴を開けつつあります。2019年上半期のAndroidスマホの販売台数では国内シェアトップ。さらに9月25日発表の日時販売データでは、売り上げトップ10内にアップルが7機種ランクインと強さを見せつける中、シャープからも2機種がランクインと健闘しています。シャープスマホの魅力に迫りました。

続きを読む

格安SIMで音声通話なしのプランにするメリット・デメリット

営業等の仕事をしていれば別ですが「そういえば最近いつ電話したっけ?」という方は多いのではないでしょうか。職場の業務連絡もほとんどがメールかチャットアプリ、友人や家族との連絡もほぼLINE。たまに通話することがあっても電話ではなく LINE 通話や Facebook メッセンジャー。「電話番号ってもういらないんじゃ?」とお考えの方に、音声通話なしのメリット・デメリットをご紹介します。

続きを読む