特集

『Tuner – gStrings』楽器チューナー~もう専用チューナは不要~

図1.起動画面

図1.起動画面

こんにちは、みろいどです。


今回は、みろいどの趣味でインストールしていた「Tuner – gStrings」というアプリをご紹介します。


これは、楽器のチューニングに使うアプリです。実用+ちょっとした話題作り的にインストールしていました。なので、使っても「おー、正確に反応するじゃん!」程度でチューナとしては使っていませんでした(そもそも、みろいどが、友人とバンドを組んでいた遥か昔…「チューナなんぞ使うのは素人のやる事!」っぽい感覚があり、音叉でAの音が取れれば、後はハーモニクス※を使って素早くチューニングする、っていうのがカッコイイ!って感じでした)。


ふとしたキッカケで、「Tuner – gStrings」をちょっと深く(って、そんな深くない)使ってみたところ、非常に音響的にも音楽的にもテクニカルな部分まで踏み込んだアプリであることがわかり、是非紹介したいと思い筆をとりました(キーボードを叩きました)。

※開放弦の音ではなく、弦を軽く抑え、倍音を出す方法


続きを読む

アプリが気になる「Mobile World Congress 2010」の見所

Mobile World Congress 2010

Mobile World Congress 2010

2月15日(月)~18日(木)、スペイン・バルセロナで世界最大の携帯電話関連展示会「Mobile World Congress 2010」が開催される。


世界中からキャリアやメーカーなどの移動体通信関連企業が参加。業界のキーマンも集結し、あちこちで交渉が行われる場となっている。大手メーカーなどは、このタイミングで新製品を発表することもあり、世界的に見逃せないイベントだ。 続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:前篇

最初の登壇者の塚田さんと、司会進行の法林浩之さん(日本UNIXユーザー会幹事)。

最初の登壇者の塚田さんと、司会進行の法林浩之さん(日本UNIXユーザ会幹事)。

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて、ハードウェア/OS/ミドルウェアエンジニア、アプリケーション開発者やWEBデザイナー、一般ユーザの交流を目的に、「Gadget1(ガジェットワン)」というイベントが開催されました。会の後援は、日本UNIXユーザ会および日本Androidの会日本オラクル株式会社から会場が提供され、8時間の開催時間中に約200人の来場者があり、大変盛り上がりました。


午前10時から午後6時まで、延べ18組が登壇するという盛りだくさんのスケジュール。今回のレポートは、とても1本では収まらないので、まずは「新サービス・会社の新製品」をテーマに登場した前半5組からお届けします。
続きを読む

これが俺のアンドロイドだ!:001 かわいくてばりばり理系の女性が持つAndroidケータイ!

あんざい ゆきさんのこだわりはドロイド君ストラップ

あんざい ゆきさんのこだわりはドロイド君ストラップ

こんにちは、編集部おおさわです。
様々なAndroidユーザの「マイAndroid端末」を拝見し、ホーム画面やウィジェットのカスタマイズ、おすすめアプリ、使いこなし術をご紹介する新企画「これが俺のアンドロイドだ!」をスタートしました!


すでにAndroid端末をお使いの方にも、Android端末を買おうか悩んでいる方にも、楽しんでいただけるような企画をめざしてがんばります!


さて、記念すべき第一回目ですが、タイトルが「俺」にも関わらず、ご紹介するのは女性。日本Androidの会女子部メンバーでご活躍の、あんざい ゆきさんです。とてもかわいらしく、そしてとってもAndroidに詳しい!実はAndroidアプリの開発もされている、ばりばり理系の方なんです。一体、どんなAndroid端末を持っていらっしゃるのでしょうか…。


続きを読む

ソニー・エリクソンが「Xperia」に残すソニースピリット

スマートフォンは、電話であることを忘れてしまう。HT-03Aより電池の持ちが良くなり、連続待受/通話時間も伸びた。

スマートフォンは、電話であることを忘れてしまう。HT-03Aより電池の持ちが良くなり、連続待受/通話時間も伸びた。

ソニー・エリクソン(2001年10月以前はソニー)を製造元として発売したケータイ・PHSは、1991年のHP-211(DDIセルラー向け)を初めとすると、100機種を超えた。それはまた、新機能搭載の歴史でもある。4月にdocomoより発売が予定される「Xperia」に内包された、ソニースピリットを探ってみよう。 続きを読む

日本式スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」に学ぶべきところ

HYBRID W-ZERO3

HYBRID W-ZERO3

1月28日、世間がアップル・iPadに夢中になっている中、ひっそりと発売が開始されたのがウィルコム「HYBRID W-ZERO3」だ。WindowsMobile6.5を搭載したスマートフォンで、今回はPHSだけでなく、NTTドコモのHSDPA回線が使え、高速通信を実現した点が大きな特長だ。


2005年に発売された初代W-ZERO3は、予約時にサーバーがパンクし、発売日には大行列ができたほどの人気機種だった。当時、PDAなどのモバイルデバイスが好きなユーザーたちが我先にと購入に走ったものだ。
あれから5年、アップルからiPhoneが登場し、グーグルがAndroidプラットフォームを投入したことで、WindowsMobile、強いてはW-ZERO3の存在感もやや薄れてきてしまったように思う。


しかし、今回発売されたHYBRID W-ZERO3は、日本におけるスマートフォンのあり方を示してくれる貴重な一台だと思う。 続きを読む

Androidにまつわるエトセトラ:003 「Androidは悪くない」

「HT-03A」と「iPhone 3G」

「HT-03A」と「iPhone 3G」

「Androidのせいじゃない、Androidは悪くない」


ついついそう口走ってしまうのは、Android党に入ってしまっているからだろうか。やはりAndroidの世界が広がるためには、より多くの端末が発売され、より多くのアプリケーションが、もっと多くの人から魅力ある形で広がる必要があると思う。しかし、その広がりを削いでしまうような、誤解がなんと多いことか。
「Androidのトラックボールは使いにくい」とか「Androidのフォントは汚い」などと言われるケースがある。しかし「それはAndroidが原因ではないんです!」と声を大にして叫びたい。 続きを読む

Android端末なう:004「SmartQ5」

本体の箱

本体の箱

日本で買えるAndroid OS搭載端末は、HT-03Aだけだと思いがちですが、コヴィア・ネットワークスから Android OS搭載端末 SmartQ5が発売されています。 2009年9月1日よりアマゾン等で予約開始をして9月30日に発送開始されました。「BIGLOBEモニター端末」と同じく携帯端末ではありませんが、日本で2機種目のAndroid OS搭載端末です。
ハードウェアは中国のSmartDevices社が作製した端末です。コヴィア・ネットワークスが電波法上問題ないように、技適マークを取得しドライバの開発やAndroid OSのプレインストール等を行い正規代理店として販売をしています。


今回はSmartQ5のレビューです。 続きを読む

一般のケータイユーザでも「Xperia」を手にしたら“生活が変わる”5つの理由

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

生活習慣が一新するかもしれない端末。それが「Xperia」。

大げさではなく「Xperia」がライフスタイルを変えてしまうかも


今までスマートフォンを使ったことのない携帯電話ユーザが、何の情報もなくいきなり「Xperia」を使いこなすのは難しいだろう。しかし以下の“5つの機能”だけでも使おうと考えれば、案外ラクにこの機種と付き合えるのではないだろうか。
そして気がついたら、Xperiaにより毎日の生活が素晴らしいリズムで動いているかもしれない続きを読む

アプリ市場の活性化につながるアップル・iPadの登場

ipad

ipad

1月27日、アップルがついに新製品「iPad」を発表した。9.7インチのLEDバックライトのタッチパネルを採用。当初、予想されていたMac OSではなくiPhone OSを搭載したモデルとなった。薄さは1.3cm、重さは680gとなっている。


アメリカではAmazon「kindle」が普及しつつあり、電子書籍ビューワーがちょっとしたブームとなっている。しかし、iPadも電子書籍市場を狙ったものかと思いきや、メールやインターネット、さらにはAppStoreによるアプリ配信、また、iWorkといったPCに近いアプリケーションが使えるなど、幅広い層をターゲットにした製品に仕上がっている。

続きを読む