特集

Androidだからこそ実現できる開発者とキャリアの関係性

NTTドコモから発売されるソニー・エリクソンの「Xperia」

NTTドコモから発売されるソニー・エリクソンの「Xperia」

まもなくソニー・エリクソン「Xperia」がNTTドコモから発売される。家電量販店の店頭ではすでにモックが並べられ、予約の受付も始まっている模様だ。なんでも、4月1日には手に入れることができるらしい。


ソニー・エリクソンでは、銀座や名古屋、大阪などで先行展示を行っていたので、すでに使用感を試した読者も多いと思う。実際、本当に多くの人が会場を訪れ、大盛況になっているようだ。


いよいよ満を持して投入されるXperiaであるが、NTTドコモユーザーにとって悩ましいのが、「既存の環境をどうするか」という問題だろう。 続きを読む

これが俺のアンドロイドだ!:005 日本Androidの会女子部の開発者が愛してやまないNexus One

Android

ニシヲカさんのAndroid

こんにちは、編集部おおさわです。
様々なAndroidユーザの「マイAndroid端末」を拝見する特集企画「これが俺のアンドロイドだ!」、第五回目はまたも女性。しかも、第一回目のあんざいさんと同じく、開発者であり、日本Androidの会の女子部メンバーでもいらっしゃるニシヲカさんです。先月の女子部イベント「andronjoナイト!」でもディスカッションのパネラーとして登壇されていましたね。


ニシヲカさんの愛機はNexus Oneとのこと。日本Androidの会の内では決して珍しくないとはいえ、国内での利用者はかなり限られているのが現状。興味津々で拝見させていただきました!Androidに対しても、開発者の視点から深く鋭いご意見をたくさん伺うことができました。


続きを読む

日本Androidの会:知恵を持った音声認識ソフトは、利用者の“アバター”になれるのか?

3月の定例会は「音声認識」がテーマ。古くからある技術だけど、Androidにはどのくらい関係があるの?

3月の定例会は「音声認識」がテーマ。古くからある技術だけど、Androidにはどのくらい関係があるの?

「日本Androidの会」の定例イベントが、2010年3月8日(月)に池袋で開催されました。前回までの秋葉原会場では満員のため入場できないこともありましたが、今回の会場には最大300名を収容できる立教大学の大教室が用意され、多くの参加者が詰めかけて盛況でした。


本日の登壇者は共に、NTTの研究所で「音声認識」の研究をされています。音声認識研究の歴史は古く、コンピュータの発達や大型化とともに進化し続けてきました。日本最大級のネットワークを持つ会社の「音声認識」研究者は、Androidなどオープン環境の端末の普及という新たな局面を、どのように捉えているでしょうか。 続きを読む

これが俺のアンドロイドだ!:004 日本Androidの会幹事のスマートなAndroidケータイ

木南さんのAndroid端末。こだわりのキルトのケースと共に

木南さんのAndroid端末。こだわりのキルトのケースと共に

こんにちは、編集部おおさわです。
Androidユーザの「マイAndroid端末」を拝見する特集企画「これが俺のアンドロイドだ!」、第四回目は日本Androidの会幹事の木南 英夫さんです。


Android開発に関する著書を出版されていることもあり、木南さんのお名前をご存じの方も多いのではないでしょうか?「業界有名人のアンドロイド…!!」とどきどきしながら拝見した木南さんのHT-03Aからは、お人柄が表れるようなスマートさや優しさをたくさん感じました。



続きを読む

日本で人気の「Evernote」に見る、クラウド型サービスの可能性

Evernote社のCEOであるフィル・リービン氏

Evernote社のCEOであるフィル・リービン氏

最近、スマートフォンと相性のいい、便利なインターネットサービスと言えばやたらとアメリカ企業からの「輸入品」であることがほとんどだ。古くはグーグルのGmailやMapもそうだし、最近ではTwitterやUstreamなどもそれに該当する。


そんななか、新たなクラウドサービスとして期待されているのが「Evernote」だ。先頃、EvernoteのCEOであるフィル・リービン氏が来日し、本格的な日本語対応を完了したことから、Evernoteの日本での正式提供が明らかにされた
続きを読む

これが俺のアンドロイドだ!:003 大のデジタルガジェット好きが福岡から参戦!

Highmountさんのこだわりは

HighmountさんのAndroid

こんにちは、編集部おおさわです。
様々なAndroidユーザの「マイAndroid端末」を拝見する特集企画「これが俺のアンドロイドだ!」、第三回目は福岡在住のHighmountさんです。


デジタルガジェットを愛してやまないというHighmountさん。スマートフォンにも大変詳しく、カスタマイズもお手のものです。普段使いのアプリも、独自の視点からのチョイスが光っている様子。そんなHighmountさんが目下注目されているのが、断然Androidなんだとか。早速愛機のHT-03Aを拝見させていただくことにしました。


続きを読む

アンドロイドアプリができるまで:003 目覚ましアプリ「Shwakeup」の企画

dekirumade3

アンドロイドアプリができるまで:003

アンドロイドファンの皆様、こんにちは。タオソフトウェアのため吉です。この連載では、Androidのアプリケーションが一体どうやってつくられているのか、その工程をお伝えしていこうと思っています。


さて、前回は開発環境構築の仕上げからHello Worldを実行するところまでを説明しました 。当たり前ですが、開発環境があってもアプリケーションが自動的に出来上がる訳ではありません。「XXなアプリケーションを作ろう!」という思いつきから「どうやればできるんだろう?」という調査実験を経て、「じゃ、こんな感じで作ってみようか」へつながり、面白そうであれば製品化になります。


今回からは、私たちタオソフトウェアの新規アプリ開発プロジェクトの事例を通して、そんな実際の開発工程をご覧いただこうと思います。今回は、andronaviにて本日よりダウンロード開始となった無料アプリ「Shwakeup」を取り上げます。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:番外篇

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」。前回まで前篇中篇後篇とイベントレポートをお届けしてきました。企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介、個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」というノリノリの作品、そして「未来を感じる新兵器ガジェット」。様々なガジェットを数多くお伝えしてきましたが、最後に番外篇として、ガジェットにまつわる有意義で興味深い内容のプレゼンをまとめてお伝えします。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:後篇

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」イベントレポート後篇をお送りします。前篇は企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介。中篇では個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」という、ノリノリの作品を数多くお伝えしました。後篇は題して「未来を感じる新兵器ガジェット」。面白メカや素敵な開発ストーリーが、今回も盛りだくさんです。
続きを読む