特集

ソニエリXperiaのバージョン1.6に落胆した人たちへ

Xperiaは4月に発売予定。「世界でも早いタイミングでの発売になる」(NTTドコモ)という。

Xperiaは4月に発売予定。「世界でも早いタイミングでの発売になる」(NTTドコモ)という。

NTTドコモがついにソニー・エリクソン製Android「Xperia」を4月に発売することを明らかにした。



一時期、NTTドコモ向けの開発を休止していたソニー・エリクソン。国内の開発リソースを世界向け端末の開発に割り当て、世界規模で勝負するスマートフォンとして「Xperia」は誕生した。
続きを読む

Androidにまつわるエトセトラ:002 「NexusOne国内販売の謎に迫る」

NexusOneは「スーパーフォン」!

NexusOneは「スーパーフォン」!

NexusOneの登場の意義

2010年に入り正月気分も覚め止まない年始早々、Android界にビッグイベントが走った。なんとAndroidを作ったGoogle自身が自分たちのブランドで端末を発表するというものである。その名も「NexusOne」。Google自身が作成した「Android端末のあるべき姿」を具現化したスマートフォンと言って過言ではない。


思い起こせば2年前、Androidが登場する前夜「GoogleからG-Phoneが登場する」という噂で持ちきりだった。それもそのはず、当時よりiPhoneが販売され「Apple社」の携帯電話が広がり始めており、そのUIの革新性が多くの人の目にとまっていた。そのiPhoneもネットワークサービスはGoogleをポータルで利用されてる事実もあり、GoogleがGoogleサービスを使うための携帯電話「G-Phone」を発表するという話題は真実みを帯びていた。しかし、結果として噂であり、携帯電話のプラットフォーム(アプリケーションから見るとオペレーティングシステム)としてのAndroidが発表された。
続きを読む

日本Androidの会:世界で通用するAndroidアプリを日本から送り出し、エコシステムを回そう

日本アンドロイドの会イベントリポート

日本アンドロイドの会イベントリポート

Android開発者のコミュニティ「日本Androidの会」新年最初の定例イベントが、2010年1月18日(月)に秋葉原で開催されました。終了後には引き続き新年会もあり、80名の定員を超える参加者が会場に押しかけて大盛況でした。

当日の登壇者2名は共に、「Androidなどオープン環境の端末の普及は、モバイルビジネスの活路を開き、それが世の中の役に立つ」ことをテーマに話を進めましたが、かたや「通信会社」の立場から、もう1人は「企業のコンサルティング」という職業から見た場合という、違う切り口の内容となりました。

続きを読む

Nexus One利用を通して感じたAndroid Marketの可能性

Nexus One

Nexus One

先週、アメリカでNexus Oneを購入して、まず行ったのがAndroid Marketへのアクセスだ。


Nexus Oneは日本語の表示はできても、入力には非対応となっている。標準状態で日本語IMEを搭載していないのだ。
我先にとダウンロードしたのが「Simeji」という日本語入力アプリ。これにより、メールも日本語で書けるようになった。
さらにダウンロードしたのがtwitterアプリである「twidroyd」。これでNexus Oneからつぶやけるようになった。
さらにメモをクラウドに保存できる「Evernote」、VOIPサービスの定番「Skype」、Todoアプリとして「Remember the milk」も早速、ダウンロードしておいた。

続きを読む

NexusOne、PlayNow、最近のAndroid情報

まず初めに、アメリカでアンドロイドが発表されたのは、2008年のこと。 これまで容易に参入できなかった携帯端末の業界において、 世の中のあらゆる企業に企画・開発・販売へ参入できるチャンスあるとあって、業界全体に衝撃が走りました。アンドロイドの登場によるインパクトは、インターネットが世の中に発表されたときや、 パソコンのDOS-Vが登場したときに、非常によく似ています。 つまり、業界の地図を塗り替えてしまうかもしれない出来事が起こっているのです。 そして、今年2010年、その衝撃は、更なるインパクトとして世間を賑わすことになるでしょう。


続きを読む

『Solo』 Guitarアプリ~Androidで弾き語りをしよう!~

Solo : 起動画面

Solo : 起動画面

こんにちは、みろいどです。

さて、今回はエンタメ系のアプリの「Solo」(有料版)のレビューです。(図1)

みろいどは趣味でギターを弾きますが、Androidでも出来るということに感動しています。

iPhoneやiPod TouchではキムタクのCMなどで話題になっている「Guitar Toolkit」や国産の「Pocket Guitar」、更にそれの周辺機器として「Fingerist」なるものも出ています。みろいどはiPod Touchも所有していてこちらも使っていますが、「Solo」の方が好きです。

続きを読む

AndroidとiPhoneの成り立ち

日本初のAndroid端末 HT-03A

日本初のAndroid端末 HT-03A

よく比較の対象となるアップル・iPhoneとグーグル・Android。

 

同じスマートフォンというカテゴリーに属するが、実際は生まれも育ちもそして製品の特性も大きく異なるものと言えるだろう。
続きを読む

CES2010 Androidプロダクト最新情報 第五弾 Androidをサポートしているプロセッサメーカの動向

CES2010関連情報としては、今回が最終回です。
これまで4回にわたり、、CES2010で見つけた最新の端末を中心にご紹介していましたが、快適にAndroidを利用するには、端末の心臓部ともいえるプロセッサの性能や特性にも左右されます。
いくつかのプロセッサメーカから、CESに合わせて新しいプロセッサの発表などもありましたので、ここで簡単におさらいをしておこうと思います。


続きを読む

Android端末なう:003「光iフレーム」

ルーター?

正面

NTT東日本は2009年11月20日~30日まで日本初のアンドロイドフォトフレーム端末である、光iフレームのトライアルモニターを募集をしました。(現在募集は終了しました)
この端末は「光iフレーム」という名前で呼ばれる事が多いのですが、光iフレームは仮称で、現在は「ウイジェット対応フォトフレーム」という名前になっております。 続きを読む

CES2010 Androidプロダクト最新情報 第四弾 2画面電子ブック「enTourage eDGe」

enTourage-1

enTourage-1

CES2010に展示されていた電子ブック関係の中でも、ひときわ人だかりのあった、米enTourage Systemsの2画面電子ブック「enTourage eDGe」をご紹介します。来月2月には発売を予定しているそうです。


左側に電子ペーパーを搭載した電子ブックリーダ右側にカラー液晶を搭載したAndroid端末の構成とうい2画面端末です。バッテリ駆動で、電子ブックリーダのみの利用で約16時間、カラー液晶まで使うと約6時間。重さは約1.2Kg(重い)。

続きを読む