エルゴノミクスマウスは人間工学に基づいて設計した、長時間使っても体に負担がかかりづらいマウスです。エルゴノミクスとは主にハードウェアやソフトウェアを人間が負担なく使いやすいデザインにすることを指します。PC作業での体の不調にお悩みの方は検討してもいいかもしれません。

エルゴノミクスマウスは立体的な縦型

https://amzn.to/39oIyQF

今各社から販売されているエルゴノミクスマウスは縦型の形状が主流です。一般的にマウスというとやや平べったい楕円形がイメージされますが、エルゴノミクスマウスはより立体的でごつい。マウスに手を置くというよりも「マウスを掴む」という表現が近いです。

エルゴノミクスマウスの恩恵として、腱鞘炎予防や四十肩・五十肩の痛みの軽減があります。これはマウスの形が立体的な縦型であることで、手首を捻らずにマウスに触れることができるのが理由です。通常のマウスは平べったいですが、実は操作するにあたって手首を捻る作りになっています。これが体に負担を与えるのです。

個性的な形状のエルゴノミクスマウス続々!

https://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MA-ERGBT20

サンワサプライは個性的な形状で身体に優しいエルゴノミクスマウスをたくさんリリースしています。その中でも遊び心をくすぐるエルゴノミクスマウスがこちらのMA-ERGW19。

まるで操縦桿です。クリックボタンは握った時に親指で押せる位置にあります。

https://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MA-ERGBT20

PCを操作しているだけなのに、戦闘機とか巨大ロボットにでも乗っている気分を味わえます。

個人的にはamazonで購入しようか迷っている時に、

いいや!「限界」だッ!押すねッ!

でポチりたいですね。バイツァ・ダスト

握った感触は柔らかくて力を分散してくれます。ホイールボタンへのよく使う機能の割り当てや左手モードも可能。マウス側でカーソルスピードの変更もできるのも便利です。

電源は単四電池2本を使用し1日8時間のPC操作を約583日行えるということ。電池の持ちもよく持ち運びにも便利なので、外出先で手軽にパイロット気分を味わえます。キャラクターになりきり過ぎてカフェなどで思わずセリフを言ってしまわないように気をつけましょう。

エルゴノミクスマウスで作業効率UPを!

今回ご紹介したような形状のマウスであればより直感的な操作が可能です。デザインや動画、音楽制作、編集などのお仕事をPCでされている方は作業が便利で楽しくなるのではないでしょうか。