バッテリー

『ecoモード』~オススメ設定で指定の電池残量になったら、省エネモードに自動変換!~

ecoモード

ecoモード

<概要・魅力>

『ecoモード』は、電池の残量に合わせて自動で消費を抑える設定に切り替えてくれるアプリです。


電池の節約をしたいけれど、設定方法やそもそも何を変えれば節約になるか分からない方は、自動で節約モードになる本アプリで端末電池の省エネをしてください。電池の残量に合わせて、画面の明るさを変えたり、画面の向きを固定して少しでも消費を抑えてくれる動きになります。


※ドコモ端末のみご利用になれます。


<機能・特徴>

ecoモードにするには、「ecoモード状態設定」のON/OFF/オート(電池残量連動)から、ONもしくはオートを選択してください。この他、端末メニューボタン→追加もしくは、ホーム画面長押しから「ウィジェット」を配置しても起動設定の変更ができます。


「設定項目」にある「ecoモード自動起動設定」で、指定した電池残量になると、ecoモードが起動するように設定できます。指定した電池残量に合わせて、画面の明度やバックライトの消灯時間などの各設定が切り替わるカスタマイズ設定もあります。設定変更がよくわからない方は、自動で設定内容を決めてくれる「オススメ設定」を利用してください。


電池の節約術についてはこちらもご参照ください。


※本アプリのAndroid要件は、端末により異なります。

検証!寒いとバッテリーの消耗は早くなるのか?

寒いと本当に消費が早いのか!?まずは屋内で実験

寒いと本当に消費が早いのか!?まずは屋内で実験

「バッテリーは寒いと減りが早い」という話があります。ただでさえ、バッテリー消費の早いスマホですから、寒いというだけでバッテリーが消費してしまうのでは、タダごとではありません。

 

そこで、本当に寒いとバッテリー消費が早くなるのか、andronavi編集部が実験してみました!一体、どんな結果になったのか!?ご覧ください。
続きを読む

『かんたん!ecoチェンジ』~1発で節電モードに変身!電池の残量を見て端末を効率よく使おう~

かんたん!ecoチェンジ

かんたん!ecoチェンジ

<概要・魅力>

『かんたん!ecoチェンジ』は、アイコンをタップするだけで、電池の消費を抑えるモードに切り替えられるウィジェットです。


本アプリは、端末電池の消費を節約したい方におすすめです。端末の電池残量を確認して、消費を抑えてくれるecoモードへON/OFFの切り替えが、ウィジェットでできます。端末を使わない時はecoモードに切り替えて、消費量を上手にコントロールしてみてください。かわいらしいアイコンのイラストは、通常のもの以外に、見てるとお腹が減ってきそうなホットケーキなどがあります。


<機能・特徴>

端末メニューボタン→「追加」もしくは、ホーム画面長押しからウィジェットを配置します。ウィジェットは2種類あるので、好きな方を使いましょう。


電池残量が表示されたウィジェットをタップすると、本アプリの詳細画面に入ります。電池残量の他に、電話やwebなどの使用時間も表示しています。


歯車のアイコンから「設定」画面に入ります。「バッテリーの種類」で、バッテリー残量を表示するイラストを3種類の中から選べます。「ecoモードのカスタマイズ」では、ecoモードを起動させた時、Wi‐FiやGPSのON/OFFを事前に設定できます。「バッテリー調整」を行うと、トップ画面がアイドル状態になるまでの時間(OSやアプリをいつでも起動できるように待機している状態)が調整できます。「設定」画面は、端末メニューボタンからも表示できます。


バッテリー節約術についてはこちらもご参照ください。

『Minimalistic Text』~時間やバッテリー残量などをテキスト表示するクール系ウィジェット~

Minimalistic Text

Minimalistic Text

<概要・魅力>

『Minimalistic Text』は、時間、日付、バッテリー残量、天気などの情報を、テキスト表示するウィジェットアプリです。


バッテリーや天気のウィジェットは、普通イラストで分かりやすく表示されますが、本アプリの場合はテキストのみ。よって見やすさというよりは、ホーム画面をカッコ良く、一風変わったイメージにしたいという方におすすめです。


デザイン性を重視しているので、カスタマイズできる項目も豊富です。テキストの色はもちろん、ウィジェットのサイズ、背景色、文字の縦横など自分のホーム画面にあったウィジェットを作ってみてください。




<機能・特徴>

本アプリはウィジェットなので、まずホーム画面の長押し、もしくはメニューから追加→ウィジェットで本アプリを選択してください。ウィジェットのサイズは13種類もあります。ウィジェット表示の向きは縦方向(vert)と横方向(hor)から選択できます。


設定の項目は多数ありますので、よく使う項目を紹介します。


  • Background:ウィジェットの背景設定ができます。影の有無、背景色や透明度が指定できます。
  • Layout:時間、日付、バッテリー残量、天気からテキスト表示したい項目が選択できます。Customから細かい指定も可能です。
  • Text Style:テキストフォントの種類やサイズが指定できます。
  • Widget Content:表示言語やタイムゾーンなどが指定できます。

かなり細かく指定ができるので、初めて利用する場合は「Layout」から表示させたい情報を選択して、「Background」から色を選択するところから慣れてください。また、ウィジェットのサイズも重要です。壁紙のデザインや、他のウィジェットの組み合わせで違和感のないものを選んでください。

『Circle Battery Widget』~好きなカラーのサークルでホーム画面を演出!電池残量を表示するウィジェット~

Circle Battery Widget

Circle Battery Widget

<概要・魅力>

『Circle Battery Widget』は、電池残量をパーセンテージと、残量に合わせてサークルの線が欠けながら表示するウィジェットです。


シンプルなデザインの本アプリは、色や線の太さを変えられます。壁紙に合わせて、その姿を変幻自在に操ることができます。クールにかっこよくしたり、キュートに可愛らしくしてみたりと、自分らしさのあるデザインを作って楽しんでみてください。


<機能・特徴>

本アプリは、端末ボタン→「追加」もしくは、ホーム画面の長押しから「ウィジェット」の配置をしてください。ウィジェットのサイズは6種類から選べます。


主な機能の説明は以下にしていきます。

  • Background:「Show background」にチェックを入れるとサークルに背景を表示できる。色の変更も可能
  • Circle:サークルの色を変更できる。「Diameter」はサークルの大きさ、「Thickness」では線の太さを変更
  • Text:電池残量を表示する数字の設定ができる。「Size」で文字の大きさを変更
  • Colors:サークルや文字の色を変更できる。「Charging color」で、充電中または完了時のサークルや文字の色も変更可能
  • Widget:「Clickable」にチェックを入れると、ウィジェットをタップして設定画面に入れる


設定一覧の“Circle”、“Text”の中にある「Show Circle」、「Show Text」のチェックを外すと非表示にでき、サークルと数字のどちらかだけを表示させることもできます。

『BatteryBar 日本語版』~ステータスバーにいるドロイド君が、バッテリー残量を詳しく教えてくれる~

BatteryBar 日本語版

BatteryBar 日本語版

<概要・魅力>

『BatteryBar 日本語版』は、ステータスバーにかわいいドロイド君のアイコンで、バッテリー残量を表示してくれるアプリです。


電池の量を数字と、ドロイド君の色の変化で教えてくれるので、一目で充電するかしないかを見分けられます。


<機能・特徴>

アプリを起動させて「ステータスバーに登録」にチェックを入れます。「表示パターン」から、ステータスバーに表示されるアイコンを4種類選ぶことができます。設定が終了するとステータスバーに表示されるので、気に入ったアイコンにしてみてください。


また、「ステータスバーから起動するアプリケーション」でよく使うアプリを1つ選択すると、ステータスバーを下に引っ張って、画面に表示される本アプリのアイコンをタップすることで、選択したアプリを起動することができます。

Androidスマートフォンを少しでも長く楽しむための簡単バッテリー節約術!

少しでも長くAndroidスマートフォンのバッテリーを使いましょう

少しでも長くAndroidスマートフォンのバッテリーを使いましょう

Androidスマートフォンは、アプリでゲームや動画が楽しめるとあって、バッテリーの消費が携帯電話に比べて早いです。そのためには、バッテリーをいかに節約するかが重要です。そこで、本記事では簡単にバッテリーの消費を節約できる4つの方法をご紹介します。

 

  • Wi-Fi、GPS等の通信設定
  • 画面やサウンドの設定
  • アプリでバッテリー管理
  • 充電器、予備バッテリーの使用


続きを読む

『Battery Monitor Widget』~シンプル&スタイリッシュなバッテリーウィジェットで詳細に情報をチェック~

Battery Monitor Widget

Battery Monitor Widget

バッテリーウィジェットといえば、スマホのバッテリー残量を表示してくれるアプリというのが一般的なイメージですよね?でも『Battery Monitor Widget』はちょっと一味違うウィジェットなんです。


本アプリのウィジェット(左図の赤丸)は、サイズが1×1、上に電流値、下に残容量の%、右側にインジケータ化した残容量が表示されています。と、ここまでは一般的なバッテリーウィジェットとあまり変わりはありません。
続きを読む

もっと長く使いたい!「G’zOne IS11CA」のバッテリー対策を考えてみた

G'zOne IS11CAのバッテリーは1,460mAh。通常のケータイ電話よりも多めですが…

G'zOne IS11CAのバッテリーは1,460mAh。通常のケータイ電話よりも多めですが…

カシオ計算機のタフネスケータイブランド「G’zOne」。国内向けでは初めてとなるAndroid(アンドロイド)スマートフォンとして、auより「G’zOne IS11CA」(以下G’zOne)が発売されました。


G-Shockファン待望の「G’zOne IS11CA」はタフさを追求する“漢(オトコ)の端末”だ!」という記事で、その魅力に迫りましたが、防水・防塵対応かつ、MILスペックの耐衝撃性能を有していることはとても魅力です。


バッテリー容量は1,460mAhは比較的大容量な方ですが、Androidスマートフォンの宿命として、常時通信をしようとするアプリなどによってバッテリー持ちが悪くなってしまう、という面は避けることができません。そこで、電源を強制的に切られることなく、G’zOneを快適に運用する術を考えてみました。


※本記事は発売前の評価機を使って執筆しています。発売中のものと一部仕様が異なる場合があることをご了承ください。 続きを読む

もっと長く使いたい! 「Xperia acro」のバッテリー対策を考えてみた

Xperia acro SO-02Cのバッテリー節約術

Xperia acroのバッテリー節約術

Android 2.3を採用する「Xperia acro SO-02C」(以下Xperia acro)。従来のモデルに比べて起動しているアプリを端末が自動的に管理してくれるので、バッテリーの持ちは良くなっていると言える。だが、それは従来のAndroidスマートフォンから見てという立場であり、普通の携帯電話(フィーチャーフォン)から見るとどうしてもバッテリーで弱い部分はある。


では、バッテリーの節約はどうすれば良いのか?Xperia acroを使う上で押えておきたいバッテリー節約のポイントを紹介する。またauから発売された「Xperia acro IS11S」についても、ほぼ同様の内容でバッテリー節約を行えるので、ぜひ参考にしてほしい。


あわせて、Xperia acroの端末紹介をしている「TV&Screen&Musicのメディア連携で本領発揮!ソニエリ「Xperia acro」は最強エンタメ端末」も参考にしてみてください。


※本記事は発売前の評価機を使って執筆しています。発売中のものと一部仕様が異なる場合があることをご了承ください。 続きを読む