Bluetooth

サイバーマンデー迫る!Amazon商品だけでクリスマス準備を考えてみた

_1100125_ppもうすぐ、クリスマス!

 

クリスマスと言えば家族や、友人、恋人と食事を楽しんだりギフトを送ったりと盛り上がることかと思います。

 

しかし、年末の商戦期に向けデパートや商店街も人が多くなり、クリスマスパーティーの準備も大仕事!できることなら、暖かい家の中で全て終わればいいのに!と思っているそんなあなた、実はAmazonだけでいろいろな買い物を済ませてしまうことができるのです。

 

そして、来週はちょうどサイバーマンデーのビックセール!これを逃してはもったいないと、Amazon商品だけでパーティーができないか考えてみました。

続きを読む

スマホから家中のスイッチを遠隔でON/OFF!「SwitchBot」

「SwitchBot」今回紹介するのは、Bluetooth経由で物理スイッチをON/OFFできるようになる「SwitchBot」です。

 

これがあれば、部屋の電気の壁スイッチ、電気ポットなどの家電、給湯器のスイッチなど、ご自宅にある物理スイッチを自動でON/OFFできるようになります。
続きを読む

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その5)!スマホと連動するプログラムを作ってみよう!

00_top

 

micro:bit』アプリを使って子供向けのプログラミングを体験していくこの連載企画も、いよいよ最終回。これまでの記事では、通常はパソコンを使ってプログラミングをするところを『micro:bit』アプリを駆使してスマホだけでやってみようという趣旨でしたが、最終回はmicro:bit』アプリを使うからこそできる(パソコンでは出来ない)機能を作っていきます。

 

 

続きを読む

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その3)!NeoPixelを繋いでLEDを光らせよう

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その3)!NeoPixelを繋いでLEDを光らせよう

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その3)!NeoPixelを繋いでLEDを光らせよう

『micro:bit』アプリを使って子供向けのプログラミングを体験していくこの連載企画、前回はスピーカーを繋いで音を鳴らすというプログラムを作りましたが、今回はNeoPixelというLEDを繋いで、ピッカピカに光らせていきます。

 

ちなみに、「micro:bit」本体にも25個のLEDが付いていますが、子供の興味を引くためには、はっきり言って物足りません。

 

シリアル制御できるフルカラーLED「NeoPixel」をピッカピカに光らせて、見た目のインパクトも大きいプログラムを作っていきましょう。

アプリをダウンロード

続きを読む

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その2)!スピーカーを繋いで音を鳴らそう

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その2)!スピーカーを繋いで音を鳴らそう

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方(その2)!スピーカーを繋いで音を鳴らそう

『micro:bit』アプリを使って子供向けのプログラミングを体験していくこの連載企画、前回はBluetoothのペアリングとサンプルプログラムの転送などを行いましたが、今回からはいよいよ自分でプログラムを書いていきます。

 

 

連載の他の記事はこちら

 

本記事では、スピーカーを繋いで音を鳴らすプログラムを書いていきますが、スピーカーの他にもLEDを光らせたり(次回に予定)、モーターを動かしてみたりする物理的なわかりやすさが、子供向けには大事かなと思っていて、プログラミングに対するとっかかりの興味を持ってもらうには、パソコンの画面の中だけで動くものより、物理的なフィードバックが読み取れるほうが、わかりやすい達成感が得られるのではないでしょうか。

 

続きを読む

【FAQ】「Origami Pay」って何ですか?どこで使えるんですか?

Q:「Origami Pay」って何ですか?どこで使えるんですか?

A:スマホで利用できる決済サービスです。QRコードやBluetoothを利用しての決済なのでFeliCaチップを搭載していない端末でも利用できます。

 

「Origami Pay」は、QRコードを利用する決済サービスの1つです。QRコードでの決済は日本では、まだまだ普及はしていませんが、中国・台湾・韓国などではものすごい勢いで普及しています。
続きを読む

子供向けプログラミング「micro:bit」の使い方!Bluetoothでアプリと繋げてできることとは?(その1)

「micro:bit」と『micro:bit』アプリでプログラミング!

「micro:bit」と『micro:bit』アプリでプログラミング!


イギリスのBBCが主体となって作られた教育向けのマイコンボード「micro:bit」。イギリスの子供には無償配布されています。
 
動作をプログラミングすることができるA/Bボタンのほか、LED、加速度センサなどが搭載されていて、BLEでの無線通信も可能です。

 
 
通常は、USBケーブルで「micro:bit」本体とPCを接続して使用するのですが、『micro:bit』アプリを使えばPCを使わずにプログラミングを行い、書いたコードを転送することができます。
 
また、スマートフォン側をリモートコントロールすることができるなど、『micro:bit』アプリを使うことで実現可能な幾つかの機能もあります。
 
本記事では、「micro:bit」本体とスマホをペアリングして、サンプルプログラムを動かしてみるところまでやってみます。そして次回以降、実際に幾つかのコードを書いてみることで、「micro:bit」の魅力を紹介していきたいと思います。
続きを読む

【FAQ】Android 8.0の新機能 Bluetoothのコーデックが増えたって本当ですか?

Q:Android 8.0の新機能 Bluetoothのコーデックが増えたって本当ですか?
A:Android8.0でOSレベルで「apt-X」「apt-X HD」「LDAC」に対応しました。ただしAndroid8.0端末に全てのコーデックが搭載されているわけではありません。

 
Android 8.0ではOSレベルで新たにBluetoothのコーデックが追加されました。今までは「AAC」と「SBC」の2種類でしたが、新たに「apt-X」「apt-X HD」「LDAC」に対応しました。
続きを読む