本・コミック

『青空読手』~「青空文庫」の名作を楽しむ~

青空読手: 青空文庫の本をAndroid端末で楽しもう

青空読手:青空文庫の本をAndroid端末で楽しもう

青空文庫」はWeb上で公開されている、著作権の期間が終了した書籍をダウンロードして読むことができるサイトです。有名な著者の本を無料で楽しむことができます。


今回は、Android端末で「青空文庫」掲載の書籍が読めるアプリ、『青空読手』をご紹介します。
続きを読む

『青い空 日本語版』~カスタマイズ項目が豊富な青空文庫ビューワー~

青い空 日本語版: 携帯で読書の秋

青い空 日本語版: 携帯で読書の秋

皆さん「青空文庫」を利用したことがありますか?「青空文庫」はWeb上で公開されている、著作権の期間が終了した書籍をダウンロードして読めるサイトです。有名な著者の本を誰でも自由に閲覧ができるようになるというのは本好きにとってはたまらなく嬉しいことですよね。


今回は、膨大な書籍から自分の読みたい本だけをダウンロードして自由に閲覧できる青空文庫ビューワーアプリ、『青い空 日本語版』をご紹介します。Androidで電子書籍を存分に楽しみましょう。
続きを読む

『読み聞かせデジタル絵本「かぐや姫」』~親子で楽しめる絵本!英語にも対応した音声付き~

読み聞かせデジタル絵本「かぐや姫」:子どもと一緒に楽しむ読み聞かせ絵本

読み聞かせデジタル絵本「かぐや姫」:子どもと一緒に楽しむ読み聞かせ絵本

電子書籍が流行の兆しを見せているようですが、今回ご紹介するのも、ある意味電子書籍です。と言っても絵本なのですが、ただの絵本ではありません。


『読み聞かせデジタル絵本「かぐや姫」』というアプリ名の通り、絵が表示されるだけではなく、音声で読み聞かせまでしてくれます。小さな子どもと一緒に楽しめそうです。
続きを読む

『Kindle』~Amazonの人気電子書籍ストアがついに日本で開始!Androidで電子書籍を堪能しよう~

Kindle

Kindle

世界で絶大な人気を誇るAmazonが運営する電子書籍ストア「Kindleストア」が、2012年10月25日、待望の日本向けサービスを開始しました。


それに合わせてスマートフォン向けアプリ『Kindle』も公開され、Androidスマートフォンでも、そのサービスを体感できるようになりました。


多数の電子書籍サービスがすでに始まっていますが、「Kindle」はAmazonが展開するだけに、その内容には興味がありますよね。それでは、さっそく紹介したいと思います。


※更新:2012年11月27日に記事を更新いたしました。


※端末によって、アプリをダウンロードできない場合があります。
続きを読む

『縦書きビューワ』~文庫本の質感が伝わるテキストビューワ~

縦書きビューワ:名作を実際の文庫感覚で読める

縦書きビューワ:名作を実際の文庫感覚で読める

Android端末で青空文庫を読む際に是非利用してもらいたいアプリが『縦書きビューワ』。画面を見てもらえば分かる通り、縦組みにして読みやすくするためのアプリです。


実際の文庫本同様のイメージを作り出しているので、文字の読みやすさは大きく向上すると思います。Android端末で読書するのも、悪くないと思いませんか?
続きを読む

『BookManager(有料版)』~読んだ本や読みたい本を管理しよう~

『BookManager』:メイン画面

BookManager:メイン画面

「本が好き!」「自宅に本がたくさんある」という方にぴったりのアプリ『BookManager』を紹介します。「本棚にどんな本があったっけ?」「あの本の内容が思い出せない」なんて事、ありませんか?


そんな時は、『BookManager』を使って、本についているバーコードをスキャンして、書籍情報を登録しましょう。本に関する情報は手元の端末で管理できるようになるので、もう本の内容を忘れてもこわくありません。デジタル本棚として、友人に薦める際の情報として・・・etc。常に手元で書籍情報が見られるので、大変役立ちます。
続きを読む

『青空文庫ビューア』~Androidで、青空文庫を持ち歩こう~

青空文庫ビューア

青空文庫ビューア

村上春樹は好きですか?東野圭吾は好きですか?
読書好きのぼくは、2人とも大好きです。村上さんのあの世界観、東野さんの予想を裏切る展開、ほんとにたまりません。


ですが、去年ぐらいからですかね、「古典文学」というものにも興味がでてきました。試しに、太宰治とかドストエフスキーとか、メジャーどころを読んでみたら、これがやっぱり面白い!古典作品は、人間の本質みたいなものが重厚に描かれてて、現代小説にはない“凄み”がある気がします。


さて今日は、もっと古典文学をいろいろ読んでみたーい、と思い始めたぼくにぴったりの「青空文庫ビューア」をご紹介します。

続きを読む