開発

アンドロイドアプリができるまで:004 メイン画面のUIとコード解説

アンドロイドアプリができるまで:004

アンドロイドアプリができるまで:004

アンドロイドファンの皆様、こんにちは。タオソフトウェアのため吉です。この連載では、Androidのアプリケーションが一体どうやってつくられているのか、その工程をお伝えしています。アンドロナビにて3月8日(月)より無料ダウンロード開始となったタオソフトウェアの「Shwakeup」を具体事例として取り上げ、実際のアプリ開発の現場の様子をご覧いただければと思います。


さて、前回はShwakeupのコンセプト企画から、具体的な機能の概要を決定していく過程についてお伝えしました。今回は、アプリケーションメイン画面を主に取り上げ、UI(ユーザイ ンターフェース)の構築、及びコードの記述による実装の工程を見ていただこうと思います。 続きを読む

Androidだからこそ実現できる開発者とキャリアの関係性

NTTドコモから発売されるソニー・エリクソンの「Xperia」

NTTドコモから発売されるソニー・エリクソンの「Xperia」

まもなくソニー・エリクソン「Xperia」がNTTドコモから発売される。家電量販店の店頭ではすでにモックが並べられ、予約の受付も始まっている模様だ。なんでも、4月1日には手に入れることができるらしい。


ソニー・エリクソンでは、銀座や名古屋、大阪などで先行展示を行っていたので、すでに使用感を試した読者も多いと思う。実際、本当に多くの人が会場を訪れ、大盛況になっているようだ。


いよいよ満を持して投入されるXperiaであるが、NTTドコモユーザーにとって悩ましいのが、「既存の環境をどうするか」という問題だろう。 続きを読む

アンドロイドアプリができるまで:003 目覚ましアプリ「Shwakeup」の企画

dekirumade3

アンドロイドアプリができるまで:003

アンドロイドファンの皆様、こんにちは。タオソフトウェアのため吉です。この連載では、Androidのアプリケーションが一体どうやってつくられているのか、その工程をお伝えしていこうと思っています。


さて、前回は開発環境構築の仕上げからHello Worldを実行するところまでを説明しました 。当たり前ですが、開発環境があってもアプリケーションが自動的に出来上がる訳ではありません。「XXなアプリケーションを作ろう!」という思いつきから「どうやればできるんだろう?」という調査実験を経て、「じゃ、こんな感じで作ってみようか」へつながり、面白そうであれば製品化になります。


今回からは、私たちタオソフトウェアの新規アプリ開発プロジェクトの事例を通して、そんな実際の開発工程をご覧いただこうと思います。今回は、andronaviにて本日よりダウンロード開始となった無料アプリ「Shwakeup」を取り上げます。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:番外篇

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

ライトニングトークでは、実際に開発されたガジェットの紹介以外にも、興味深いテーマが満載だった

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」。前回まで前篇中篇後篇とイベントレポートをお届けしてきました。企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介、個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」というノリノリの作品、そして「未来を感じる新兵器ガジェット」。様々なガジェットを数多くお伝えしてきましたが、最後に番外篇として、ガジェットにまつわる有意義で興味深い内容のプレゼンをまとめてお伝えします。
続きを読む

“Gadget1”で見つけた、Android向けお遊びテクノロジー:後篇

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

後篇は「未来を感じるガジェット」が続々登場。

2月6日(土)、東京のオラクル青山センターにおいて開催された、「Gadget1(ガジェットワン)」イベントレポート後篇をお送りします。前篇は企業などがサービスの一環として使用するガジェット類の紹介。中篇では個人や社会人サークルが、「こんなもの作っちゃいました」という、ノリノリの作品を数多くお伝えしました。後篇は題して「未来を感じる新兵器ガジェット」。面白メカや素敵な開発ストーリーが、今回も盛りだくさんです。
続きを読む

アンドロイドアプリができるまで:002 環境構築の仕上げ

アンドロイドアプリができるまで:002

アンドロイドアプリができるまで:002

アンドロイドファンの皆様、こんにちは。タオソフトウェアのため吉です。この連載では、Androidのアプリケーションが一体どうやってつくられているのか、その工程をお伝えしていこうと思っています。


さて、前回はEclipseのインストールまで行いました。今回はSDK(ソフトウェア開発キット)をEclipseに組み込んで開発環境構築を完了させ、Hello Worldを起動させてみようと思います。
続きを読む

日本Androidの会:主催者レポート~アンドロンジョナイト!を振り返って~前篇

日本アンドロイドの会 女子部

日本アンドロイドの会 女子部

日本アンドロイドの会は2010年2月15日(月)、秋葉原ダイビル12階のはこだて未来大学サテライトキャンパスにて、日本アンドロイドの会定例会を開催しました。


しかし、今回の定例会はいつもとちょっと様子が違います。本定例会は、「アンドロンジョナイト!」というタイトルで、「日本アンドロイドの会女子部(以下女子部)」が2時間まるまる頂戴したのです。


この日本アンドロイドの会初の女性をターゲットとしたイベントは、なんと参加者のうちおよそ半数が女性になりました。女性が少ないといわれているIT系のイベントで、これほど女性が集結する機会はなかなかありません。


以下、女子部部長である私矢野りんが、主催者側から振り返った「アンドロンジョナイト!」の様子をお届けいたします。 続きを読む

アンドロイドアプリができるまで:001 開発環境の準備

アンドロイドアプリができるまで:001

アンドロイドアプリができるまで:001

アンドロイドファンの皆様、初めまして。タオソフトウェアのため吉と申します。縁あって、今週からアンドロイドアプリの開発について連載することになりました。よろしくお願いいたします。


皆さんが使っているアンドロイド端末にもたくさんのアプリケーションがインストールされていると思います。中には「これがなくっちゃ暮らせない!」というほどの生活必需品になっているアプリもあるかも知れません。当たり前ですが、そういう素敵なアプリケーション達は全て「人が手作り」したものです。

この連載ではアプリケーションが出来るまでの工程を皆さんにお伝えしながら、アプリアイコンの裏に隠れた作者側の思いやドラマを描くことができたらいいなぁ、と思っています。 どうぞよろしくおつきあいくださいませ。 続きを読む