教育・知育

『仲間外れはどれ』~考える力を身につけよう!4つの絵の中から違うモノを探して当てる知育アプリ~

仲間外れはどれ

仲間外れはどれ

<概要・魅力>

『仲間外れはどれ』(What’s Different Free)は、4つの絵の中から仲間に入らないモノを当てる知育アプリです。


果物の中に野菜が混ざっていたり、形が違うモノがあったりと様々な問題が出てきます。子どもと一緒に何が違うのか考えながら、解いていきましょう。同じカテゴリに入っているように見える絵も、視点を変えて見ると1つだけ違うことに気がつきます。楽しみながら、子どもの考える力を養うことができます。


<機能・特徴>

メニュー画面にある「PLAY」を押して、ゲームスタートです。絵が4つ出てくるので、仲間外れのモノをタップしていってください。間違えても何度でも解答できます。正解すると次の問題へ進み、全部で25問出題されます。また、5問ごとに「LEVEL」が1~5と分かれているので、子どものレベルに合わせて遊んでください。


画面左上にある電球のアイコンからヒントが見られます。矢印のアイコンでメニュー画面に戻ることができます。ゲームを途中でやめてしまっても、ストップしたゲーム場面から再度始めることが可能です。「○/25」と表示されたアイコンを押せば、「LEVEL」を選んで遊ぶことができます。


メニュー画面の「OPTIONS」で、音楽のON/OFFなどが設定できます。「GALLERY」からは、ゲームで出題されている絵が見られます。


もっと遊びたい時は、問題が125問ある有料版『 何が完全違う(What’s Different Full)』をご利用ください。


※本アプリは、Android 2.2以上の対応です。

『LEGO® App4+』~これりゃレゴブロック遊びの楽しさが詰まっている玉手箱じゃ!~

LEGO® App4+:コインを集めてレゴブロックをゲット!

LEGO® App4+:コインを集めてレゴブロックをゲット!

「LEGO」といえば世界的に有名なデンマークのブロック。基本的には子ども用のおもちゃだが、そのパーツの種類とカスタマイズ性は圧倒的で大人にもファンは大勢いる。さらに「プロレゴビルダー」と呼ばれるレゴブロックで模型を作るプロさえいる、とっーーても奥が深い世界なのだ。そんなレゴが作ったアプリ『LEGO® App4+』を発見したので期待に胸をふくらましてダウンロードした!
続きを読む

『元素周期表』~化学の授業で覚えた元素記号、今はいくつ覚えてる?~

元素周期表

元素周期表

<概要・魅力>

『元素周期表』は、118種類ある元素を調べることができるアプリです。


「水平リーベぼくのおふねななまがりシップスクラーク…」といった語呂で、ひたすら覚えた元素記号。今はいくつ覚えていますか?化学の教科書の最後のページに載っていた元素周期表や元素名、原子番号、分類などが本アプリで確認できます。学習の補助教材の1つとして活用したり、知識を増やすのに使ってみてください。


<機能・特徴>

アプリを起動すると、元素記号が一覧表示されます。各項目を押して「族・周期・分類」といった詳細を見てください。画面をタップすると原子番号順に表示が切り替わります。また、元素記号が一覧表示されている画面で端末を横にすると、元素周期表が表示されます。


画面下部にある「Wiki」を押すと、フリー百科事典ウィキペディアを見やすく表示してくれる『Wapedia』で、元素についてより詳しく知ることができます。


※本アプリのAndroid要件は2.1~2.3.7になります。

『ミーテ いくメモ』~子どもの成長の思い出が残せる育児日記をつけよう♪~

ミーテ いくメモ

ミーテ いくメモ

<概要・魅力>

『ミーテ いくメモ』は、子どもの成長を記録する育児メモアプリです。


生まれてきてくれた子どもが「ママ。パパ。」と口にした時、スプーンを持って1人でご飯を食べた時の事など写真を撮って記録しておきましょう。また、身長、体重、予防接種を受けた日などを記録して、電子母子手帳としても利用できます。子育てで絵本の読み聞かせを応援するコミュニティサイト「mi:te[ミーテ]」のアカウント登録をしていれば、端末と連動できます。


<機能・特徴>

初めに子どもの名前、生年月日を登録します。あとは、1日どんなことがあったのか記録していきましょう。画面上部にあるスタンプを押すだけで、その下に時間と一緒に記録されていきます。項目をタップすると、詳細画面に入り「できごとメモ」に写真が保存できます。


端末画面下部の「振り返り」で、過去の育児記録が見られます。「設定」から「ミーテ設定」や「Facebookアカウント設定」が行え投稿できます。画面上部にあるカメラのアイコンから、撮影した画像をスタンプにすることができます。

『あたまのよくなるゲームランド』~無料で遊べるゲームがいっぱい♪親子で遊んで学ぶアプリ~

あたまのよくなるゲームランド

あたまのよくなるゲームランド

<概要・魅力>

『あたまのよくなるゲームランド』は、親子で遊びながら楽しく学べるゲームアプリです。


子どものためのWebサイト、キッズ@niftyの人気コーナー「ゲームランド」がAndroidアプリになって登場です。クロスワードパズルやアドベンチャー、英単語を探すゲームなどが盛りだくさんです。1週間おきに新作のゲームが追加され、知的要素を取り入れたものもあり飽きずに遊べます。


<機能・特徴>

ゲームカテゴリは「アタマのたいそう」、「パズル」、「スポーツ」など、全部で8種類あります。ゲームの手順が説明されている「あそびかた」があるので、始める前に読んでみてください。ゲームの種類によって、途中まで保存ができるので、「つづきから」始めることもできます。


メニュー一覧には「かんたん」、「ふつう」と、難易度が表示されています。お子さんの年齢に合わせて、一緒に遊んでください。


本アプリは、Android 2.2以上の対応です。2011年12月現在、Android 2.1以下の端末にはインストールできません。

『ママと子どものためのよみきかせ』~聞くことは豊かな心を育む第一歩!幼い子へ贈る朗読アプリ~

ママと子どものためのよみきかせ

ママと子どものためのよみきかせ

<概要・魅力>

『ママと子どものためのよみきかせ』は、童話などのおはなしを朗読してくれるアプリです。


朗読しているのは、声優の飯島晶子さん。飯島さんの声を聞いていると、心がふっと落ち着いて、柔らかく包み込んでくれるような空気になります。アプリには、なぞなぞやポエムなどもあり、全部で16種類のおはなしが用意されています。幼いころに絵本を読みきかせることは、その後の成長において重要な役割を持つと言われています。朝や寝る前に子どもに聞かせて、心を育む教材のひとつとして利用してください。


朗読で起きられるアラーム機能もついているので、大人の方でも朝目覚めたときに、聞けば心がほぐれた状態で気持ち良く、仕事に行けると思います。


<機能・特徴>

トップ画面下部に「読み聞かせ」と表示されたアイコンがあるのでタップし、収録された曲目から聞きたいはなしを選べば、音声が流れます。画面右上のマイクのアイコンからも同じように操作できます。


アラームは、5つまで設定できます。時間設定、曜日設定、曲の選択、スヌーズ機能などがついているので、朝と夜など聞く時刻をそれぞれ設定して使ってみましょう。


読み聞かせアプリは他に『読み聞かせデジタル絵本 「かぐや姫」』や『読み聞かせデジタル絵本 「鶴の恩返し」』もあるので、合わせてお楽しみください。

『NHK国語力テスト』~知ったかぶりから卒業!クイズに答えて日本語力を底上げしよう~

NHK国語力テスト

NHK国語力テスト

<概要・魅力>

『NHK国語力テスト』は、「オンコチシンの正しい表記はどれ?」や「正しい漢字はどれ?」など、クイズ形式で国語の勉強ができるアプリです。


NHK放送文化研究所のホームページで実施されている「国語力テスト」の中にある「国語常識問題」と「漢字問題」が、ひとまとめになっています。本アプリは「“ら”抜き言葉になっている表現はどれ?」と、様々な問題が出題されます。日常で使う言葉の表現や四字熟語の意味など、正しく理解できているのか確認してみましょう。


<機能・特徴>

問題は1レベル20問あり、10レベルまで用意されています。画面下部に3つ解答が表示されているので、正解だと思う答えが書かれているバーをタップしましょう。1問につき30秒の制限時間が設けられています。時間を過ぎた時点で不正解になり、20問すべて解答し終わった時の得点が80点以上でなければ、次のレベルへは行けません。レベルがあがる毎に問題も難しくなるので、繰り返し行うことで、理解できていなかった単語や熟語を身につけられます。


1レベル終了したら、不正解だった問題の見直しをしたり、合格点に達していなかったら、再度チャレンジすることができます。また得点は、「Facebook」や「Twitter」に投稿することができます。それほど、問題数も多くないので、1日5分で勉強ができます。

『もじとも☆無料版』~文字をつなげて単語を作る言葉遊びゲーム!オンライン対戦できてチャットにも対応~

もじとも☆無料版

もじとも☆無料版

ランダムに配布される文字を使って、単語を組み合わせていくパズルゲーム『もじとも☆無料版』。ひとりで遊ぶだけではなく、TwitterFacebookの友達や、全く知らない相手とリアルタイムに通信対戦で遊べます。さらに、チャット機能も搭載しているので、ゲームで遊びながらチャットでコミュニケーションも楽しめます。ルールはすぐに覚えられますよ。言葉遊びで脳を活性化させましょう!
続きを読む

『電車が動く!走るお絵かき(幼児向け)』~画面をなぞって線路を作り、ポーッ♪と電車を走らせる知育アプリ~

電車が動く!走るお絵かき(幼児向け)

電車が動く!走るお絵かき(幼児向け)

<概要・魅力>

『電車が動く!走るお絵かき(幼児向け)』は、端末の画面を指でドラッグして電車の線路を描いて遊ぶ、幼児向けの知育アプリです。


ドラッグした部分に、音と一緒に線路が出てきます。しばらくするとガタンゴトンと、電車が走ってきます。親子で画面いっぱいに線路を描いて、電車をたくさん走らせてみてください。


<機能・特徴>

端末画面を指でドラッグもしくはタップすると、触ったところに線路ができ、新幹線など10種類以上の電車が走ってきます。端末を振ると、線路と電車を全部消すことができます。端末メニューボタン→「背景」で5種類の背景に変更が可能です。


同シリーズに、いろいろな生き物が出てくる『さわって生まれる! 動くお絵かきフリー (幼児用)』もあるので、本アプリが気に入った方は、そちらもチェックしてみてください。

『英単語転生 15000』~RPG感覚で遊びながら英単語を覚える勉強アプリ~

英単語転生 15000

英単語転生 15000

『英単語転生 15000』は、ゲーム感覚で遊びながら英単語を覚えていくアプリです。出題される問題は正解すると敵に攻撃して、不正解するとダメージを受けます。RPGのようなアニメーションや音楽が流れるので、実際にプレイしているように楽しく勉強できます。


1ステージの正解数が1000問に達すればクリアになり、主人公の武器レベルなどが上がります。ステージが上がるごとに英単語の難易度も上がり、敵の攻撃力も強くなります。英単語は中学で出るものから日常会話程度のものまで、その数なんと15000語!学校の試験勉強や、TOEICといった英語を勉強している方はぜひ活用してください。


問題形式は3種類あります。「Japanese to English」(日本語から英語)と「English to Japanese」(英語から日本語)の四者択一問題と、表示された英語を選んで正しい英単語を入れる「Sorting」です。どの問題形式も、正解すればステージクリアのための正解数として加算されます。クリアまでどれくらい正解数が必要かは、「States」で確認することができます。全部で15ステージあるので全クリアを目指してください。また、よく間違える英単語をブックマークリストに登録しておけば、「word List」から端末メニュー→「sorting」で覚えにくい英単語だけを何度も復習できます。


攻撃するときのヒット数値が表示されるところはRPGと一緒で、レベルを上げようとたくさん問題にチャレンジしたくなるので、段々と英単語が身についてきます。通勤通学の合間に遊びながらたくさん英単語を勉強しましょう。