Google

【注意】Nintendo SwitchやPS5などを販売する偽サイトが横行!

昨年11月5日「Nintendo Switch」のシリーズ販売台数が9月末時点で累計6830万台を突破した! なんてすごいニュースが入ってきました。また、PlayStation5については、昨年12月時点の発売から約8週間で35万台を売り上げており、コロナ禍での需要もアップし、超超超超大ヒットを飛ばしています。

そんなゲーム機欲しさに、今まで買ったことがないような知らないサイトからゲットしようと思っている人……いませんか?? 実は、偽の販売サイトがチラホラと出回っているのです。知らないサイトでゲーム機を買おうとしているそこのあなた! ちょっと待ったーー!!!

続きを読む

退屈なビデオ会議が様変わり!?話題の『mmhmm(んーふー)』とは?

すっかり「ビデオ会議」が当たり前の毎日になりましたよね。

私も平日のうち1日でも外に出ればいいくらい(笑)で、画面越しに「お疲れ様です~」なんていうのが日常になってきました。

最初のうちは繋がっただけでも「わ~!」なんてテンションが上がっていましたが、日常になりすぎて何か「工夫したいなー」と考えている人もいるのではないでしょうか?

そんな方にぴったりな『mmhmm(んーふー)』を今日はご紹介します。

続きを読む

日程調整カレンダー『Spir(スピア)』がリモートワークの効率を底上げしてくれるかも?

ミーティング方法もオンラインが主流になってきた今、日程調整って面倒だなぁ~って思うことって増えましたよね? PCで簡単に会議できるので、移動する時間が減った分、次から次へとオンライン会議が入っちゃって、会議を忘れちゃったり、ダブりで予定を入れてしまったり……。そんな悩みは、『Spir(スピア)』が解決してくれるかも! 今回は、猫の手も借りたいほど忙しい師走にぴったりなサービスをご紹介いたします。

続きを読む

Googleフォトが容量無制限バックアップを廃止!乗り換え先おすすめ3選

2020年11月にGoogleが「Googleフォト」の容量無制限バックアップの廃止を発表しました。これまでGoogleフォトを愛用していたユーザーからは戸惑いや不安の声があがっています。

Googleフォトが有料化するなら何に乗り換えたら良いのか。
そのまま継続で利用した方が良いのか。

今後のGoogleフォトと乗り換え先におすすめのストレージサービスについて解説します。
Googleフォトと他サービスを比較すれば、継続と乗り換えどちらが適しているのか分かるでしょう。

続きを読む

Chromeの「パスワードの確認」とは?パスワード漏洩時の対応方法

Googleトップ画面

Google Chromeで、「パスワードの確認」ポップアップが出た……。でも、これはウイルス、マルウェア、詐欺ではないので落ち着いて!

このポップアップが出たら、Googleのパスワード確認機能「パスワードチェックアップ」で対応します。そこで、Google Chromeの「パスワードの確認」と「パスワードチェックアップ」について、概要と利用手順を紹介します。

続きを読む

「OK、Google」でできることがさらに広がる? サードパーティ製のアプリの操作やショートカット作成可能に

Googleは2020年10月8日「Googleアシスタント」から音声でAndroidアプリを操作できるようになったと発表しました。「あれ? すでにやっているよ」という人も多いかもしれませんが、実はさらに便利になるんだとか。まだ英語命令のみということなので、日本語も期待したいところですが、詳しくご紹介していきましょう!

続きを読む

いよいよInternet Explorer(IE)が終了へ!乗り換え先おすすめブラウザは?

windows

昔はパソコンでインターネットを閲覧するブラウザといえばInternet Explorer(IE)でした。そんなIEが今後、利用できなくなるのです。

Microsoft社はIEからEdgeへの移行について強制的な措置を取ることにしました。

IEを選択してきたユーザーはブラウザ選びに困ってしまいますよね。
そこで世界や日本でシェアの多いブラウザや、乗り換えに適したブラウザをご紹介します。

ブラウザのシェア状況や特徴が分かれば、自分に適したブラウザがわかるでしょう。

IEから乗り換えにおすすめのブラウザ3つ

google

ブラウザをIEから乗り換えるのであれば以下の3つがおすすめです。

  1. Edge
  2. Chrome
  3. Firefox

これまでIEを愛用しているということは、Windowsを愛用者でしょう。Windowsと相性が良いのはMicrosoft社が提供するEdgeです。

つまり、後継ブラウザをそのまま使用するのがベスト。軽い動作で問題なくネットサーフィンできますし、アップデートがあった際にも不具合が起きにくいでしょう。

ChromeはGoogleアカウントを持っている人におすすめのブラウザです。ブラウザの同期が容易で、拡張機能により作業の効率化も図れます。

FirefoxはChromeと同じくらいカスタマイズ性に優れています。日本ではそこまでシェアされていないものの、世界では人気のあるブラウザのひとつです。

世界と日本のブラウザのシェア率

ChromeやSafari、Firefox、Operaなど様々なブラウザが世界で利用されています。statcounter(2019.10-2020.10)によるとトップのシェア率を誇るブラウザは以下のとおりです。

世界トップ3(全端末)

世界で多く利用されているブラウザは以下の3つです。

  1. Chrome 66.12%
  2. Safari 17.24%
  3. Firefox 3.89%

Chromeが圧倒的なシェア率を誇っていますね。その次にSafari、Firefoxと続きます。

日本トップ3(全端末)

日本で利用の多いブラウザは以下の3つです。

  1. Chrome 49%
  2. Safari 30.95%
  3. Edge 6.68%

世界のシェア率ほどではありませんが、それでも1位はChromeです。そして世界より日本国内の方がiPhoneへの指示が高いため、Safariのシェア率が高くなっています。

各ブラウザの特徴

キーボード

世界で利用されている主要なブラウザの特徴は以下のとおりです。

ブラウザ名特徴
IEMicrosoft社が提供するブラウザ。Windowsに標準搭載されている。セキュリティに問題があるため、今後は利用できなくなる。
EdgeMicrosoft社が提供するIEの後継ブラウザ。IEよりも高機能でセキュリティも整っている。Microsoft社が提供するサービスとの親和性が高い。
ChromeGoogleが提供するブラウザ。Androidに標準搭載されている。Googleアカウントを利用すれば、Googleの他のサービスと連動・同期が可能となる。動きが軽く快適にインターネット利用が可能。拡張機能で自分好みにカスタマイズできるのも特徴。
SafariAppleが提供するブラウザ。iOSやmacOSに標準搭載されている。デザイン性に優れており、操作しやすい。iPhoneやmacに慣れている人に適したブラウザ。
FirefoxMozilla Foundation社が提供しているブラウザ。狐のマークが特徴。デバイス間での同期が可能。拡張機能が豊富で、自分が扱いやすいようにカスタマイズできる。

ChromeやFirefoxはカスタマイズ性が高いため、こだわりのある人に適したブラウザでしょう。ブラウザはOSによって、新たにダウンロードしないと利用できない場合があります。

それぞれのOSに適したブラウザを使おう

ブラウザはOSとの相性があります。そのため、手持ちの端末に適したブラウザを使いましょう。OSに適したブラウザを使用すれば不具合やエラーなく、快適にインターネットを閲覧できますよ。