健康

コロナウイルス感染拡大!感染状況と最新情報を確認する方法3選【信頼できる情報源とは?】

コロナウイルス感染について安心して情報を入手できるアプリをご紹介します。様々な情報が溢れかえる中で冷静に行動するためには、信頼できる情報源のみ信用することが必要です。

日経新聞が提供する「コロナウイルス感染 世界マップ」

日経新聞がweb場で提供するコロナウイルスのリアルタイム感染マップです。WHOや中国国家衛生健康委員会などの発表をもとに作られており、信頼度は高いでしょう。最初の死者が出た2020年1月11日から現在に至るまでの感染者数やエリアの拡大を追ってみることができ、その猛威を改めて知ることができます。

LINEの提供する「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」

LINEの提供する公式アカウントです。厚生労働省から発表された情報を手軽にみることができます。

「情報を探す」を押すと何を知りたいのか選択項目が現れ、選択することで厚生労働省の発表が掲載されているURLが表示されます。web上から厚生労働省のページに飛んで自力で必要な情報が載っているページを探すのは骨が折れるので、正確な情報を知りたいときには手軽で便利なサービスです。

さらにLINEヘルスケアが提供している「スマホでお医者さん相談」も、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」のアカウント内から利用可能です。家にいながら医師に感染に関する相談をすることができるのは安心です。

医師にコロナウイルス感染について相談できる「LEBER」

スマホで医師に相談できるサービスといえば、AGREE社が提供するLEBERが既存のアプリとして存在します。LEBERではコロナウイルスに関する相談を2020年4月10日まで無料にすることを発表しました。

アプリ内では選択式のアンケートに答えていく方式でコロナウイルスに感染しているかどうか診断することができます。もちろん正確な診断は医師からの視察を受けなければいけませんが、アンケートの結果をもとに医師から見解が届くため、実際に診察に行く前に状況を整理することができます。130人の医師が協力しており、専門家の見解を聞ける貴重なアプリです。

コロナウイルス対策にマスクは効果あるのか

都市部で通勤や人の密度の高い公共機関を利用する人はマスクをつけておいたほうが安心です。満員電車では濃厚接触に当たる2m以内の人と距離感は日常的です。さらに、手すりやつり革、タッチパネルなど菌が拡散する可能性だけでいえば様々な入り口があります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q10

「マスクしても意味がないと欧米の機関が発表している」と言い張るのは短絡的な行動です。日本のように公共交通機関で密着する文化がありませんし、人口密度も異なります。何より周囲の人に不安な思いをさせず、敵意等を向けられないためにも都市部ではマスクをしておいたほうがいいでしょう。

コロナウイルス関連の詐欺にも注意

コロナウイルス感染情報の配信、医療機関への寄付を募る等を謳ったスパムメールやフィッシング詐欺も聞かれるようになりました。中にはWHOを騙った詐欺や超高機能マスクの販売サイトに誘導するような詐欺もあります。

スパムメールや詐欺サイトに誘導されメールアドレスとパスワードを入力してしまうと、期待した結果を得られないばかりか、メールアドレスのログイン情報を抜かれてしまいます。こういった怪しいメールは無視し、不用意に個人情報を入力しないようにしましょう。

信頼できる情報源に頼ろう

「国の情報は信用できない」との声もありますが、かといって根拠のない情報に踊らされるのも混乱を助長します。今回紹介したサービスなら公的な情報を知ることができたり、専門家の知見を直接聞くことができます。信頼できる情報源に頼り、冷静に行動しましょう。

自宅やホテル待機で便利なアイテムもチェックしておきましょう。

Googleを始めGAFAが本腰を入れるヘルスケア事業とは?

毎日トップニュースに上がってくる「コロナウイルス」の話題。都内で働いている人の多くが毎日いろんな不安を抱えながら電車に乗ったり、タクシーに乗ったりしているのではないでしょうか。

すでにリモートで仕事しているよという方もいらっしゃるかもしれませんが、ず~っと家の中にいるほうが不健康な気もして、早くこの事態が収束してくれればいいなと願うばかりです。

そうこうしているうちに花粉症の季節も到来して、何かと”健康”が気になってしまう時期ですが、2020年代は「ヘルスケア」が世界経済の鍵を握る! なんて言われているのをご存知でしょうか? 今回は身近でありながら、世界中の誰もが求めている”健康”について考えていこうと思います。

続きを読む

冬太り撃退! ダイエットにおすすめ無料アプリ5選

年末年始や寒さでなかなか運動にやる気が出ない冬。気がついたら、冬太りしているものですよね。そこで、今回は冬太りを解消するべく無料で使えるダイエットをサポートしてくれる人気のアプリについてまとめました。あらゆる用途に合わせたアプリをご紹介します!

続きを読む

電車移動の時間をトレーニングの時間に!「’TRAIN’ing」で成長時間に充てよう

train

電車の移動時間をどのように活用していますか?
睡眠や読書、勉強、情報収集などなら誰もが納得です。では、トレーニングはどうでしょう。一瞬「え?」とフリーズする人もいるのではないでしょうか。

なんと「電車専用トレーニングアプリ」なるものがあるのです。電車内で身体を鍛えられるこのアプリ。どのようなアプリか気になりますよね。さっそく、電車専用トレーニングアプリ「’TRAIN’ing」についてご紹介します。

続きを読む

【FAQ】スマホのディスプレイの設定に「読書灯」ってあるんですがこれはなんですか?

Q:スマホのディスプレイの設定に「読書灯」ってあるんですがこれはなんですか?

A:夜間、薄明かりでスマホを利用する際に目に優しい画面フィルターです。寝る直前までスマホを使う人におすすめです。

 
Android7.1の「ディスプレイ」の設定にあらたに「読書灯」という機能が追加されました。
続きを読む

「レンタ・シェアサイクル」都内7区どこでも乗り降り可能!セブンイレブンで購入、23時59分まで使えて超便利

スマホで探せるレンタ・シェアサイクル

スマホで探せるレンタ・シェアサイクル


最近、都内でよく見かける車高の低い赤い自転車。あれ、実はシェアサイクルなのをご存知でしたか? しかもスマホを使って手軽に借りることができるんです。どんな感じで利用できるのか、ちょっくら試してみました。

 
 
今回利用するシェアサイクルは、ドコモ・バイクシェアが運営するコミュニティサイクルサービス。東京都内の新宿区や文京区、渋谷区など7区にある駐輪場で自由に乗り降りできます。
 
続きを読む

今日から使える睡眠ハック!スマホで明るさをコントロールしよう!

睡眠ハック!

睡眠ハック!


男性37.7%、女性43.0%
 
上記の数字は何なのかというと、「日中に眠気を感じている人」の比率なんです。
(平成25年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省))

 
 
これだけ多くの人が悩む「睡眠」ですが、その原因の一つに「光」が関係しているといわれています。あなたも就寝前にスマホやパソコンを触っていたら、いつもよりも寝つきが悪くなったという経験が一度はあるんじゃないでしょうか?
 
また、朝に太陽の光を浴びて目が覚めてきたということもあるかもしれません。
 
それだけ睡眠に影響を与える「光」ですが、自分の睡眠時間に合わせてコントロールができたら、日中に眠気を感じにくくなるんじゃないでしょうか。
 
実際にそれを実現する方法をご紹介します!
続きを読む

「空いてるトイレの個室」がスマホでわかる! 腹痛の救世主『Google Map』のトイレ探しも伝授

「空いてるトイレの個室」がスマホでわかる!

「空いてるトイレの個室」がスマホでわかる!


3月某日、編集部のこんどう巨神兵氏から1通のメールが届いた。東京メトロのアプリで池袋駅のトイレの空室状況が確認できるという。

 
 
それはおもしろい!と早速アプリをダウンロードすると、期間限定の実験だったらしく終了していた。即座にその旨、メールで伝えたところ、新宿へ行ってほしいとの指令がくだった。
続きを読む

腹筋いらず!コルセットで男性のぽっこりお腹を解消できる?

コルセット

コルセット


腹筋をしているのにぽっこりお腹が凹まない・・・なんて経験はありませんか?
お腹を凹ますためには腹筋(クランチ)をすることではなく、「天然のコルセット」と呼ばれる腹横筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛えることが有効なのです!

続きを読む

徒歩5分以内にある太らないメニューを検索できるアプリ『Mealthy』

外食・コンビニで低カロリーダイエット『Mealthy [メルシー] 』

外食・コンビニで低カロリーダイエット『Mealthy [メルシー] 』

ヘルシーな料理を普段意識して食べていると、定番メニューが決まってきますよね。会社や学校では毎週同じようなランチになってしまってはいないでしょうか。
 
マンネリを変えようにも、近くのお店やスーパーの健康的なメニューを新たに見つけるのって凄く手間ですよね。そんな開拓の悩みをサクッと解決してくれるのが今回紹介するアプリ『Mealthy』です!
 
※2018年1月9日現在、都内を中心とした店舗が登録されているため、都内以外に在住の方は、メニューの候補が少なく表示される可能性があります。

 

続きを読む