iPhone

NexusOne、PlayNow、最近のAndroid情報

まず初めに、アメリカでアンドロイドが発表されたのは、2008年のこと。 これまで容易に参入できなかった携帯端末の業界において、 世の中のあらゆる企業に企画・開発・販売へ参入できるチャンスあるとあって、業界全体に衝撃が走りました。アンドロイドの登場によるインパクトは、インターネットが世の中に発表されたときや、 パソコンのDOS-Vが登場したときに、非常によく似ています。 つまり、業界の地図を塗り替えてしまうかもしれない出来事が起こっているのです。 そして、今年2010年、その衝撃は、更なるインパクトとして世間を賑わすことになるでしょう。


続きを読む

AndroidとiPhoneの成り立ち

日本初のAndroid端末 HT-03A

日本初のAndroid端末 HT-03A

よく比較の対象となるアップル・iPhoneとグーグル・Android。

 

同じスマートフォンというカテゴリーに属するが、実際は生まれも育ちもそして製品の特性も大きく異なるものと言えるだろう。
続きを読む

石川温のAndroid速報:001「Nexus One」の日本国内対応レベルを検証してみた!

Nexus One:3.7インチの有機ELディスプレイ

Nexus One:3.7インチの有機ELディスプレイ。andronaviをNexus Oneから見る。


ついに2010年1月5日(日本時間6日)、Googleが自社ブランドによるAndroidケータイ「Nexus One」を発表した。 その日、筆者はラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)取材のため幸運にも渡米中。早速、Nexus Oneを購入し、現地で試してみた。 続きを読む

Androidにまつわるエトセトラ:001 「2010年末のアンドロイドを予測する」

はじめに

2010年まではAndroidの黎明期、そして2010年以降はAndroidの発展期と後の歴史で語られることになるのではないだろうか。それほど2010年は『Change』の年となりそうである。このような怒濤の変革の時期を、大胆不敵にも予測してみようと言うのがこのコラム企画なのだ。勝手ながら拙者の頭で傍若無人にも想像を膨らまして予測してみたいと思う。


2010年はアンドロイド関連のビジネスが加速!

2010年はアンドロイド関連のビジネスが加速!

ズバリ、2010年日本国内ではソニーエリクソンの「XPERIA X10」を初めとし、シャープやそのほかのメーカからAndroid端末が合計数機種発売されるだろう。スペックは先日の5日に発表された「NexusOne」のCPUクロック1GHzに肉薄するものが主戦場となるだろう。しかしながら、同じ電話会社の中ではあまり選択の余地はなく、購入する端末は限られると予測する。


海外では、開発されるAndroid端末が百科絢爛となり、Android端末同士の戦いも始まりそうだ。大きくターゲットはCPUクロック 1GHzを中心としたハイスペックと、600MHz前後を中心とした普及に分かれると想像する。


そしてアプリケーションの配信(アプリ配信)を行う Android Marketは、iPhoneのAppStoreのようにビジネスが加速され、多くのアプリケーションの開発(アプリ開発)とダウンロードが行われAndroidアプリ富豪などが生まれ始めるのではないかと予想する。それではこの予想を具体的に紹介しよう。

続きを読む

Android端末なう:001「BIGLOBEモニター端末」

本体の箱

本体の箱

BIGLOBEにてモニター募集されるアンドロイド端末 「BIGLOBEモニター端末」をレビューします。お借りした端末はきちんと梱包されており、ハードウェアとしては最終段階だと思われます。内蔵しているソフトウェアに関しては、最終的な物ではないというご説明を受けました。 この端末の詳細は、製造元のページに記載されています。ここでは前述したページには記載されていないことを中心にレビューさせて頂きます。

箱は非常にアメリカ的で、書かれている文字は全て英語、箱自体には日本語表記はありませんでした。箱横面に、黒、白、ピンクの表記があり、白にシールが貼ってあります。色的にも大きさ的にも靴箱を連想するような箱です。

続きを読む