iPhone対応アプリ

オンライン会議録の強い味方!音声や画像の文字起こしアプリ「Texter」を使ってみた

Texter メインイメージ

会議後の議事録作成や、オンライン取材後の文字起こしって結構時間がかかるうえ、めんどくさいですよね。しかし!嬉しいことに最近では、無料で利用できる文字起こしアプリが増えているんです!

そこで、今回は筆者が実際に使ってみた「Texter」についてご紹介します。

文字起こしアプリ「Texter(テキスター‪)」 って?

Texter イメージ

Texter(テキスター‪)は、iPhoneやiPad、Apple Watchで利用できる文字起こしアプリ。会議の参加者の発言だけでなく、配布された資料やホワイトボードに手書きした情報、会議のメモもテキスト化してくれます。音声認識に対応しており、長時間の会議でも利用できるという特徴も。

そして、保存や編集も無制限(!?)のため、テキスト化した会議の音声を保存するのにも困まらないという、メリットだらけの文字起こしツールです。

Texterの機能を紹介

Texterアイコン

音声から文字起こしが可能

音声認識機能を使って、リアルタイムで文字起こしをしてくれます。驚くべきは、対応言語数。なんとiOSでサポートしているすべての言語に対応しているのだとか!

無制限の録音と長時間の書き起こしに対応しており、ノート詳細画面での再生やエクスポートも可能です。

動画・画像からも文字起こしができる!

動画の音声や画像からもテキスト変換ができるという、すごく便利な機能も。インタビューなど録音した音声データも文字化してくれます。

また、複数ページにわたるPDFからの文字おこしもできちゃうのだとか……。

SNSへ共有できる!

文字起こししたテキストデータや音声データは、メールやchatworkなどのほかのアプリへ共有できちゃいます。

ちなみにSlackへは自分の声で書き起こした結果を自動で投稿する設定があるとのこと。資料作成がよりスムーズに行えますね!

筆者が使ってみた率直な感想

pixabay:geralt_balloons

どこまで正確にできるのかかなり気になった筆者。筆者を含め3名が参加したインタビュー取材で使ってみました。

まずわかったことは、はっきりと話した方が音声を拾ってくれるということ。なんと相槌まで正しくテキスト化されていました!席の配置にもよるかもしれませんが、三角形で座ったところ、3人すべての音声を拾うことはできず、対面する2名の音声は拾えました。

また、音声からテキスト化された文章の場合、固有名詞が正しく表示されず、句読点がつかないため、この部分は修正が必要になります。ちなみに無料版で使えるリアルタイム文字起こしは、わずか1分なのでお気をつけください……。

しかし!画像からのテキスト変換についてはパーフェクト!!筆者は書類の写真を撮り、テキスト化してみましたが、資料まるまる正しく文字化され、感動しました。

Texterで作業時間を短縮しちゃおう!

pixabay:fancycrave1_computer

筆者はすでにいくつかの無料文字起こしアプリや機能などを使用していたのですが、そのなかでもTexterの精度は高いと感じています。リアルタイムで音声を文字に変換してくれるというのは、本当に作業時間の短縮になりますね!

長時間の文字起こしは無料版では対応できませんが、とっさに使える音声メモといった形では、いろいろ使えそうです♪

出典:Texter WEBサイト

禅の基礎が学べる『InTrip』で瞑想してみよう!

InTrip メインイメージ

新型コロナとのお付き合いも早いもので1年ほど経ち、Twitterなどでも連日「自粛疲れ」がトレンド入り。この状況に、体だけではなく心も疲れてしまっている人もいるのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのが「瞑想」です!今年に入ってからは、Netflixでも瞑想の基礎や日常生活のなかで意識と集中力を高める瞑想の効果について探る番組「ヘッドスペースの瞑想ガイド」がスタートするなど、瞑想は世界的にも注目を集めている模様。

瞑想というと、「怪しいのでは?」「難しそう」「一人ではできない」と思って手を出せていない人もいるかもしれませんが、やってみると簡単で面白いんです!そこで、手軽に瞑想を楽しめる『InTrip』というアプリをご紹介します。

続きを読む

音で飛ぶ!?旅×音で寺社をより楽しめるサウンドトリップとは?

SOUND TRIP_ヘッドホン

京都を中心に体験できる旅行×音のプロジェクト「サウンドトリップ」が注目を集めています。新型コロナ禍でなかなか旅行にいけない状況ではありますが、その場所にしかない音を活用したサウンドトリップを体験すれば、より旅が充実したものに!

実は家でも楽しめるサウンドトリップについて、詳しく紹介します。

続きを読む

『TEPCO速報』の新機能「災害時マップ」が使える

異常気象などで災害が増加している昨今、日頃から有事の際の備えをしておくことが大切です。特に、には引っ越し、就職・転職などで新しい場所で生活をスタートする人が多く、周辺の環境を把握していないことが多いのではないでしょうか。

 

東京電力の公式アプリ『TEPCO速報』では、登録した地域での停電・雨雲・雷雲・地震情報などをプッシュ通知で受け取ることができます。最大8カ所まで登録可能なので、自宅、実家、職場などを登録すれば災害時に知りたい情報を把握することができます。

さらに、今回「災害時マップ」という新機能が登場しました。

 

アプリトップ

続きを読む

『デンモクmini』~スマホがデンモクに!カラオケを最高に盛り上げてくれるリモコンアプリ~

デンモクmini

デンモクmini

『デンモクmini』は、スマホをカラオケのリモコン(デンモク)にできる便利なアプリです。

 

カラオケに行った際に、歌いたい曲を探すのが面倒だったり、デンモクの奪い合いになる事はありませんか?本アプリを使えば、そんなカラオケあるあるともサヨナラ。あらかじめ歌いたい曲を登録しておき、カラオケ店でスマホからサッと予約ができちゃいます。

 

もちろんそれだけではありません!カラオケを盛り上げる様々な機能が用意されているので、本記事で紹介します。
続きを読む

【新春ジャンボ宝くじ】スマホで当たる麻雀初打ち! 今だけポイント購入がお得になるキャンペーンも実施中!

スマホやPCから本格麻雀を楽しめるオンライン麻雀Maru-Janでは、会員110万人突破を記念して、「ポイント1.5倍」や「丸雀新春ジャンボ宝くじ」を実施中!

 

お正月といえば、家族や友人で集まって麻雀をするのが恒例だという人も多いのではないでしょうか。オンライン麻雀Maru-Janもいつも以上に大勢の麻雀好きで賑わいます!今年は誰とも麻雀を打つ予定がなくて寂しい…というそこのアナタ!ポイント購入がお得なこのタイミングに、ぜひオンライン麻雀 Maru-Janデビューをしてみてはどうでしょうか?

続きを読む