アウトドア

おうちキャンプが話題!家や人がいないキャンプ場でアウトドアを楽しめるグッズ5選

pixabay:StockSnap_camp

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛制限がやっと解除されましたが、以前のような生活に戻るにはまだ時間がかかりそうです。

思うように外出ができない生活で、自宅の庭やベランダ、おうちの中でアウトドアを楽しむ人が増えています。ちょっとしたアウトドア用品を使えば、キャンプに行った気分に早変わり!在宅勤務の方は気分転換にもなりそうです。

また、人が少ないキャンプ場へリフレッシュも良いですね。

そこで、今回は気軽に使えるアウトドアグッズをご紹介します。

キャンプといえば……テントでしょ!

pixabay:FabricioMacedoPhotos_camping

キャンプの必須アイテムともいうべきテント。キャンプ用テントを持っていないという方も庭やベランダ、部屋のなかでのキャンプは本格的なものでなくても大丈夫!簡単に設営・撤去できるタイプのテントを選ぶと、キャンプ初心者さんでも安心です。

モダンデコ ポップアップテント

モダンデコのおしゃれなポップアップテントは、2~3人用のテントが30秒で設営できます。片付けも折りたたんで、専用バッグに入れるだけ。レギュラーサイズとワイドサイズの2タイプがあるので、お庭やバルコニーの大きさに合わせて選べます。

椅子やハンモックでキャンプ気分を満喫

pixabay:aitoff_deckchair

テントを広げるスペースがない場合は、椅子やハンモックでもキャンプ気分を存分に味わえます。

Helinox コンフォートチェア 19750001

普段からアウトドアに慣れ親しんでいる方のなかではHelinox(ヘリノックス)の椅子が人気です。なかでもコンフォートチェアは、グレーやベージュなどカラーがインテリアともマッチしやすく、日常的に家のなかでも利用できます。

GROOVY OUTSTYLE 自立式 ハンモック 3WAY

木にロープを結びつけて使うイメージが強いハンモックは、脚がついた自立式の商品が販売されています。筆者が感動したのは、ハンモックを使用しないときはハンガーラックとして活用できるGROOVY OUTSTYLE(グルーヴィー アウトスタイル)の3WAYのもの。もう1つの使い方はハンモックチェアーとして使用する方法です。

やはり今どきのアイテムはデザイン性と機能性が際立っており、おうちキャンプにうってつけのものが揃っています。

何かと必要なテーブルはこれ!

pixabay:kaboompics_interior

アウトドア用のテーブルは、素材や高さもバリエーションが豊か。おうちキャンプ用には部屋の雰囲気に合ったテーブルを選んでおくと、普段の生活でも活用できます。

CAPTAIN STAG CSクラシックス FDサイドテーブル 50UP-1009

筆者が目を奪われたのは、レジャー・アウトドア用品からスポーツ用品、ガーデニングまで揃うオールラウンドなアウトドアブランド CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)のもの。

この天然木の折りたたみテーブルは、幅500mm × 奥行360×高さ600mmで、耐荷重が約10kg。PCや本、書類も置けるスペックなので、在宅ワークでも使えます。

ダメ押しはランタン

pixabay:congerdesign_lamp

テントやチェア、テーブルも揃えたけれど何か物足りない。そこで、置いてあるだけで何故かキャンプ気分に浸れるのがランタンです。

キャリー・ザ・サン ソーラーランタン

キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) ソーラーランタン

  • キャリーザサン(Carry The Sun)
  • 価格-(2020/09/29 時点)
Amazonで商品を見る

折りたたみLEDライト「キャリー・ザ・サン ソーラーランタン」は、ソーラー充電式の防水仕様。四角いフォルムでインテリアとしても普段使いできるデザインです。優しい明るさを放つキャリー・ザ・サンのソーラーランタンは、LEDを仕様しているため熱くならず、お子様やペットがいるご家庭でも安心して利用できます。

驚くのは折りたたんだ際の大きさがわずか1.2cmということ。収納に困らないうえ、乾電池も必要ないため、1つあると災害時にも活躍してくれそうです。

アウトドアグッズを使って、おうちキャンプを楽しもう!

pixabay:congerdesign_hammock

アウトドア初心者でも気軽に楽しめるおうちキャンプは、気分転換に打って付け!外出自粛期間にテレビや動画鑑賞、ゲームに時間を費やした方は、キャンプに行ったつもりでデジタルから少し距離を置き、リフレッシュするのもよさそうです。

筆者は自粛期間中にテレビっ子のごとくテレビをよく見ていたので、数年前からほしいと思っていたハンモックを購入し、読書でもしようかなと考え中です。

太陽光でチャージできるスマートウォッチってどんなアイテム?

ウェアラブルデバイスとして登場したスマートウォッチ。今では持っている人も多く、ビジネスシーンでも使えるようなデザインのものやおしゃれなものなど、さまざまなシーンで使える便利アイテムとなりました。

そんなスマートウォッチから太陽光でチャージできるタイプが登場していますよ!

続きを読む

インドア花見やVR花見が意外とアリ! 自宅にいながら桜鑑賞が楽しめる方法とは?

インドア花見やVR花見が意外とアリ! 自宅にいながら桜鑑賞が楽しめる方法とは?

自粛が続きますね。私も3月中旬頃から自粛モードなので、「そろそろハメ外したい!」という気持ちにかられるのですが、グッと我慢。せめてお家にいながらでも「お花見気分」を味わいたいなぁという方におすすめなのが、「インドア花見」や「VR花見」と呼ばれる自宅で楽しむお花見。実際にこの目で見たいよー! という気持ちも十分にわかります。でも! 今は、これ以上感染を拡大しないためにもひとりひとりの心がけが本当に大切な時なのです。私もちょっと歩けば桜の名所なんて場所に住んでいますが、今年は見ぬまま終わりそうです。いつかみんなでお花見できるその時まで、自分が健康でいられるようしっかり生きましょう!

ということで、今回は「インドア花見」や「VR花見」の楽しみ方をご紹介します。

続きを読む

「レンタ・シェアサイクル」都内7区どこでも乗り降り可能!セブンイレブンで購入、23時59分まで使えて超便利

スマホで探せるレンタ・シェアサイクル

スマホで探せるレンタ・シェアサイクル


最近、都内でよく見かける車高の低い赤い自転車。あれ、実はシェアサイクルなのをご存知でしたか? しかもスマホを使って手軽に借りることができるんです。どんな感じで利用できるのか、ちょっくら試してみました。

 
 
今回利用するシェアサイクルは、ドコモ・バイクシェアが運営するコミュニティサイクルサービス。東京都内の新宿区や文京区、渋谷区など7区にある駐輪場で自由に乗り降りできます。
 
続きを読む

タフネスアクションカメラ「GZE-1」!スマホとも連携可能

GZE-1

GZE-1


スマートフォンのカメラ機能は進化を続けており、コンパクトデジタルカメラに匹敵する機能とSNSなどネットコミュニケーション機能を備えて、便利に活用ができます。
 
そのスマートフォンの内蔵カメラでは実現できない、新しいカメラ体験ができるタフネスカメラがリリースされています。カシオのタフネスカメラの新ブランドG’z EYEの「GZE-1」です。 続きを読む

脈拍計とGPSを備えて約1万円!ファーウェイのウェアラブル端末「HUAWEI Band 2 Pro」

0.91型の白黒ディスプレー(128×32)の付いた活動量計。幅19.7mm、高さ10.3mm

0.91型の白黒ディスプレー(128×32)の付いた活動量計。幅19.7mm、高さ10.3mm


ウェアラブル機器は、多様な種類がリリースされています。今回は、高機能で安価な活動量計HUAWEI Band 2 Pro」がリリースされたので、紹介します。
続きを読む

日々のトレーニングに大活躍!オススメのスポーツウオッチ「HUAWEI WATCH2」

オススメのスポーツウオッチ「HUAWEI WATCH2」

オススメのスポーツウオッチ「HUAWEI WATCH2」


スマートウォッチは年々進化を続けています。リリース当初はスマートフォンとの同期がメインの機器として、スマホが前提になっていました。最近は、スマートウォッチ単体で、アプリが稼働したり、GPS機能を内蔵してスマートウォッチ単体でGPSを搭載している機種もあります。

 
 
このような進化で、スマートウォッチを用途に特化した機種がリリースされています。今回ご紹介する「HUAWEI WATCH2」はスポーツに特化した機種になっています。 続きを読む