サーバ・ストレージ

『DropSpace』~Dropboxユーザ必携!大切なフォルダを定期的に自動でバックアップできる便利アプリ~

DropSpace

DropSpace

Web上に様々なファイルの同期やバックアップができるオンラインストレージサービス「Dropbox」。PCやAndroid端末からいつでも必要なファイルにアクセスできるので、非常に便利ですよね。


公式アプリ『Dropbox』では、カメラで撮影した画像のみDropboxの「Camera Uploads」フォルダに自動でアップロードするように設定可能ですが、任意のフォルダを自動でバックアップすることができません。


そこで役立つのが『DropSpace』です。SDカード内の任意のフォルダを定期的に自動でDropboxにバックアップできます。重要なファイルを定期的にバックアップしておけば、端末を紛失した時にも安心ですね。設定も簡単なので、Dropboxユーザは必携のアプリです!
続きを読む

『SaveFile』~Google ドライブ上のファイルをSDカードに保存!スマホでのファイル管理が便利になる~

SaveFile

SaveFile

『SaveFile』は、『Google ドライブ』上のファイルを、SDカード内の任意の場所にダウンロードできるアプリです。


『Google ドライブ』上で管理しているファイルを一時的に端末で保管して持ち運びたい場合や、画像など容量の大きいファイルをSDカードに保存できます。メール等で送る容量の大きいファイルも、SDカードを使えば、手軽に扱えるようになります。


※本アプリは、Android2.2~4.0の対応です。


SaveFile:SDカード内のフォルダを選択する

SaveFile:SDカード内のフォルダを選択する

なお、アプリをインストールしても、ドロワー内にアプリアイコンは表示されませんので注意してください。


利用方法は下記の通りです。


  1. 『Google ドライブ』の「マイドライブ」内にあるファイルを表示
  2. 任意のファイルを長押しして、「送信」を選択
  3. 送信から本アプリを選択すれば、SDカード内のフォルダを表示
  4. 任意のフォルダを選択すれば、保存完了


Android端末さえあれば、どこでもファイルが取り出せ、『Olive Office Premium』等のアプリを使えば、編集もできます。外出先等で便利なツールです。

『Awesome Drop (File Sync)』~アカウント不要のデータ転送アプリ!PCからスマホにワイヤレスで送信~

Awesome Drop (File Sync)

Awesome Drop (File Sync)

PCに保存してある画像などのデータをAndroid端末に転送する場合、USBケーブルで直接接続、『Dropbox』などのオンラインストレージサービスを利用するなど、様々な方法があります。


しかし、USB接続はいちいちケーブルを抜き差ししたり、オンラインストレージはアカウントを作成してPCに専用ソフトをインストールする必要があり、面倒です。


今回は、もっと手軽にPCから端末にデータを転送できる『Awesome Drop (File Sync)』を紹介します。ブラウザ上でファイルをドラッグアンドドロップするのみの、シンプルな操作がうれしいアプリです。それでは、実際に使ってみましょう。
続きを読む

『Browser for SkyDrive』~マイクロソフトのストレージサービスをAndroidで簡単操作!~

Browser for SkyDrive

Browser for SkyDrive

SkyDrive」と端末のデータを簡単に行き来できるようになるクライアントアプリ『Browser for SkyDrive』をご紹介します。


「SkyDrive」とは、マイクロソフト社が提供するオンラインストレージサービスです。スマホやPCなど様々なデバイスから、ネットワーク上のデータにアクセスできます。


Dropbox』や『Google ドライブ』と似たようなサービスですが、ブラウザ上でオフィス系データの編集・参照できる便利機能を持っています。ストレージの容量は、無料で7GBまでです。


2012年6月現在、Android向けにマイクロソフト社公式のクライアントアプリは提供されておりません。ですので、使い勝手の良い本アプリはSkyDriveユーザにはおすすめです。 続きを読む

『tinyCam Monitor FREE』~IPカメラの映像をスマホからチェック!遠隔で快適に視聴しよう ~

tinyCam Monitor FREE

tinyCam Monitor FREE

IPカメラの映像をAndroidスマートフォンから簡単に閲覧できる『tinyCam Monitor FREE』の紹介です。


IPカメラとは、Webサーバ機能を持っていてWebブラウザに接続することで、撮影している画像をLANやインターネットを経由して見られるカメラです。


部屋で寝ている子供の様子や、駐車場に停めている車の様子の確認など、離れた場所の様子を遠隔でいつでもチェックできるのはとても便利!様々なIPカメラをサポートしているのもポイントです。 続きを読む

『Google ドライブ』~簡単にファイルを作成・閲覧・編集できる!Google公式のオンラインストレージ~

Google ドライブ

Google ドライブ

『Google ドライブ』は、Google公式オンラインストレージのアプリ。文書、画像、動画など好きなファイルをクラウド上に保存でき、5GBまで無料で利用できます。


PC、Androidなどから自分のデータにいつでもアクセスできます。さらに、本アプリからファイルの編集や、特定の相手へのデータ送信、他者との共同編集も可能です。


これほど便利なサービスを使わないテはありません。では、その使い方を説明します。
続きを読む

『「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション』~容量の大きいデータでも手軽に交換できる!~

「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション

「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション

<概要・魅力>

『「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション』は、大容量データ送受信ができるWEBサービスデータ便」のAndroid版アプリです。


複数枚の画像データでも、1回サーバにアップロードする形式になっているので、受信側はアップロード先のURLにアクセスして、ダウンロードするだけです。


容量やアップロード枚数の制限もないので、友人などに送るだけでなく、旅先などで撮った画像の一時的なバックアップとしても有効活用できます。


「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション:名前とアドレスを入力

「データ便」スマホ大容量データ送信ソリューション:名前とアドレスを入力

<機能・特徴>

送信する場合は、アプリを起動して「データを人に送る」から、送りたい画像をチェックし「アップロード」を押します。


次に、送信者の名前とメールアドレス、受信者の名前とメールアドレスを入れて、「確認」→「送信」をすれば完了です。入力の際、ファイルの保存期間も選べます。


また、送信する際にパスワードを入れ、受信者以外の人がデータを入手できないようにできます。


データを受け取る場合は、「データを受け取る」から入手してください。


Android端末同士でデータを送受信するだけでなく、パソコンとの受け渡しも可能です。

『SanDisk Memory Zone』~メモリーカードやクラウド・ストレージのファイルを一元管理できるアプリ~

SanDisk Memory Zone

SanDisk Memory Zone

『SanDisk Memory Zone』は、Android本体の内部メモリやメモリーカード、代表的なクラウド・ストレージ(以下、ストレージサービスと呼びます)にあるファイルをまとめて管理できるアプリです。 利用できるサービスは、『Dropbox』『Box』『Google Docs(Googleドキュメント)』『SugarSync』『Facebook』「Picasa」「SkyDrive」となっています。 続きを読む

『Box』~即アップロード、他者との共有など充実した機能を持つオンラインストレージ~

Box

Box

日本でオンラインストレージといえば『Dropbox』や『SugarSync』が人気ですが、世界的に見ると「Box」というサービスも人気があります。


今回紹介するのは、そのAndroid版『Box』。もちろん無料でも利用できますが、その場合はパーソナルアカウントとなり、保存容量は5GBとなります。有料コースでは$9.99/月で25GB。ビジネスアカウントでは$15/月で1,000GBとなります。なお、『Box』はWebブラウザから使える他、iPhoneで使うこともできます。


続きを読む

『DiskUsage』~端末やSDカード内のデータ容量を視覚化させて確認しよう~

DiskUsage

DiskUsage

<概要・魅力>

『DiskUsage』は、端末やSDカード内の容量を図で確認できるアプリです。


端末の中でアプリがどのくらいの割合を占めているのか、目で見て把握できます。画面の左側が総容量、右横にアプリやシステムデータの容量が表示されるので、何にどれだけ容量を使っているかがわかりやすくなっています。さらに、見るだけでなく図に触ったときにうにょーんと伸び縮みする動きが、画面をタッチするおもしろさを味わわせてくれます。


<機能・特徴>

本アプリを起動させて「App Storage」か「Storage card」のうち、確認したい項目を選んでください。選択すると図が表示されます。スワイプさせて伸びたり縮んだりする他、各項目をタップすると、自動で拡大縮小してくれます。


項目を選択して、端末メニューボタン→「Hardware Renderer」もしくは「Software Renderer」で、表示の切り替えができます。また、アプリは「Show」からアプリケーション管理画面に移動でき、「Delete」では撮影した画像などを削除することができます。