ソフトバンク

「HTC Desire」に見るソフトバンクのAndroidへの取り組み

HTC Desire:プリインストールされているVoice Search

HTC Desire:プリインストールされているVoice Search

ソフトバンクモバイル初のAndroid端末、台湾HTC製の「Desire」が2010年4月27日に発売された。


日本市場でAndroid端末を売る事業者はこれまでNTTドコモだけであった。ドコモとソフトバンクモバイルを並べてみるとそのスタンスは対照的である。もちろん、その背景には「iPhoneを売っているか、いないか」の違いがある。
続きを読む

いよいよAndroidが本格的に盛り上がってきた

DesireのHome画面

DesireのHome画面

4月1日のNTTドコモ「Xperia」の発売に続き、27日はソフトバンクモバイルが「HTC Desire」を投入。


HTC Desireはすでに初回出荷分を売り切り、現在、新宿の家電量販店では6月入荷分の予約を受け付けるなど、需要に対して供給が追いついていない状態だ(ソフトバンクモバイルとしては、やはりiPhoneを中心に売りたいため、はじめからHTC Desireの調達が少なかった可能性はありそうだが)。 続きを読む

「HTC Desire」の気になるポイントをいち早く検証!

ついに発売された「HTC Desire」

ついに発売された「HTC Desire」

Android OS 2.1を搭載した、最新Android端末「HTC Desire」がソフトバンクモバイルから27日に発売された。初回入荷分は予約で完売となっているが(同社広報部)、店舗によっては予約キャンセル分もあるようだ。いずれにしても、入手が難かしく、欲しくても手に入れられなかった方も多いのではないだろうか。


そこで、日本のAndroid端末初となるマルチタッチやSNS等との相性など、ユーザにとって気になる機能を紹介する。
続きを読む

「Desire」に搭載されたAndroid OS 2.1は、Android OS 1.6となにが違う!?

発売間近のHTC Desire

発売間近のHTC Desire

いよいよ、ソフトバンクモバイルから「HTC Desire」が27日に発売される。注目は日本初となる「Android2.1」採用端末という点だ。NTTドコモの「Xperia」(ソニー・エリクソン)や、6月発売予定のau「IS01」(シャープ)のいずれもバージョン1.6を採用していることを考えると、2.1に対する期待値は、とても高い。 続きを読む

ソフトバンクモバイルが発表した「HTC Desire」、OS2.1搭載でXperiaに対抗

ソフトバンクモバイルより発売が発表された「HTC Desire(X06HT)」

ソフトバンクモバイルより発売が発表された「HTC Desire(X06HT)」

ソフトバンクモバイルは、3月28日(日)に開催したソフトバンク創業30周年イベント「ソフトバンクオープンDAY」にて、HTC製のAndroid「HTC Desire(X06HT)」を4月下旬に発売することを明らかにした。


HTC Desireは、今年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大級の携帯電話関連イベント「Mobile World Congress 2010」で展示されていた新製品。HTCでは「2010の第1四半期に発売する」とアナウンスしていたが、ほぼ同じタイミングに日本市場に投入されることとなった。 続きを読む