Sony

今秋の本命はどっちだ!?「Xperia Z3」 vs 「iPhone 6」をスペックで比較

「Xperia Z3」 vs 「iPhone 6」をスペックで比較

「Xperia Z3」 vs 「iPhone 6」をスペックで比較


2014年9月9日の「iPhone 6」の発表を前に、各社から様々なAndroidスマートフォンが発表・発売されました。なかでも注目なのが、9月3日に発表されたソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z3」です。
 
あらためて説明するまでもなく、「Xperia Z」シリーズの最新フラグシップモデルが、いよいよ今秋にも日本に登場する可能性が高まっています。

両シリーズは日本国内だけではなく海外でも人気で、発売前から期待値が高いスマートフォンです。今回は発売前の「Xperia Z3」と「iPhone 6」を比較して、それぞれの特徴を紐解いていきます。
 
※スペックは発表された資料に基づいています。実際に発売される端末と異なる場合もあります 続きを読む

「Xperia NX SO-02D」を買ったらインストール!おすすめアプリ

 「Xperia NX SO-02D」を買ったらインストール!おすすめアプリ

 

Xperia NX SO-02D」は、シンプルな機能と透明素材を用いた本体デザインが特徴的なスマートフォン。おサイフケータイやワンセグといった機能は搭載していませんが、基本スペックは従来のシリーズに比べて大幅に強化されています。ここでは「Xperia NX SO-02D」を購入したら、まずインストールしたいおすすめアプリを紹介します。

 

続きを読む

スマホとして使い勝手はいいのか!?「Xperia PLAY」をユーザとして使い込んでみた。その2

世界初「PlayStation Certified」対応スマートフォンが日本でもついに登場

世界初「PlayStation Certified」対応スマートフォンが日本でもついに登場

2011年10月26日に発売された「Xperia PLAY SO-01D」(以下、Xperia PLAY)。従来のスマートフォンと異なり、ゲームに特化した構成になっているのが大きな特徴です。早速発売日に購入した著者は、実際に使い勝手を確認。前回はゲームを楽しむにあたっての機能を中心に紹介しましたが、今回は主にスマートフォンとしての使い勝手を検証してみたいと思います。


すべて読んで「Xperia PLAY」に詳しくなりましょう!

続きを読む

ゲーム機として楽しめるのか!?「Xperia PLAY」をユーザとして使い込んでみた。その1

初代PlayStationのゲームが楽しめるスライド式キーパッドを搭載

初代PlayStationのゲームが楽しめるスライド式キーパッドを搭載

2011年10月26日、「Xperia PLAY SO-01D」(以下、Xperia PLAY)が「docomo NEXT Series」として発売されました。売りは、なんと言ってもゲームに特化したスマートフォンであるという独特のコンセプトでしょう。ソニー・コンピュータ・エンターテイメント(SCEI)のライセンスプログラム「PlayStation Certified」にスマートフォンとしては世界で初めて対応、Androidアプリのゲームだけではなく、初代PlayStation(以下、PS)のゲームまでプレイできるのです。


筆者は、早速発売日に購入し、実際の使い勝手をじっくりと確かめることにしました。本記事では2回に分けてその様子をお伝えします。今回は、主にゲームを楽しむにあたっての機能を紹介していきます。


すべて読んで「Xperia PLAY」に詳しくなりましょう!

続きを読む

Android端末なう:020 「Xperia mini pro」コンパクトでQWERTYキーボード搭載のXperia

Xperiaの小型モデルとしては二代目、キーボード搭載モデルの「Xperia mini pro」

Xperiaの小型モデルとしては二代目、キーボード搭載モデルの「Xperia mini pro」

日本では未発売のXperiaシリーズ、「Xperia mini pro」を入手しましたので紹介します。Xperiaシリーズは、「Xperia X10」以降はAndroidスマートフォンとして、様々なバリエーションのモデルを投入しています。X10が日本で「Xperia SO-01B」としてNTTドコモから発売されたのは、皆さんもよくご存じのことと思います。X10はその後、コンパクトモデルとして「Xperia X10 mini」と、キーボード搭載モデルである「Xperia X10 mini pro」を投入しました。


どちらのモデルも600MHzのCPU(Qualcomm MSM7227)に2.55インチQVGAのディスプレイを搭載した非常にコンパクトなモデルで、特にXperia X10 mini proはQWERTYキーボードを搭載していたため、人気がありました。今でも愛用している人はいることでしょう。そして、その後継機種が「Xperia mini」と、キーボード搭載モデルの「Xperia mini pro」となります。 続きを読む

Xperia acro SO-02Cの進化を初代のXperia SO-01Bと比較してみた

Xperiaの国内独自機能搭載モデル

Xperiaの国内独自機能搭載モデル

大ヒットしたXperia SO-01B(以下Xperia)の発売から約1年半が経とうとしていますが、すでに後継機が2機種もリリースされ、Xperiaユーザはその違いが気になるところではないでしょうか?


そこでXperia acro SO-02C(以下Xperia acro)と、国内最初のXperiaであったXperiaを比較しながら、Xperia acroがどのように進化したのかを確かめてみたいと思います。
続きを読む

もっと長く使いたい! 「Xperia acro」のバッテリー対策を考えてみた

Xperia acro SO-02Cのバッテリー節約術

Xperia acroのバッテリー節約術

Android 2.3を採用する「Xperia acro SO-02C」(以下Xperia acro)。従来のモデルに比べて起動しているアプリを端末が自動的に管理してくれるので、バッテリーの持ちは良くなっていると言える。だが、それは従来のAndroidスマートフォンから見てという立場であり、普通の携帯電話(フィーチャーフォン)から見るとどうしてもバッテリーで弱い部分はある。


では、バッテリーの節約はどうすれば良いのか?Xperia acroを使う上で押えておきたいバッテリー節約のポイントを紹介する。またauから発売された「Xperia acro IS11S」についても、ほぼ同様の内容でバッテリー節約を行えるので、ぜひ参考にしてほしい。


あわせて、Xperia acroの端末紹介をしている「TV&Screen&Musicのメディア連携で本領発揮!ソニエリ「Xperia acro」は最強エンタメ端末」も参考にしてみてください。


※本記事は発売前の評価機を使って執筆しています。発売中のものと一部仕様が異なる場合があることをご了承ください。 続きを読む

TV&Screen&Musicのメディア連携で本領発揮!ソニエリ「Xperia acro」は最強エンタメ端末

Xperia acroは最強エンタメ端末なのか?

Xperia acroは最強エンタメ端末なのか?

Xperia arc SO-01Cの後継モデルが、「Xperia acro」と名称も新たにドコモとauから発売になった。


今回は、ドコモ機のXperia acro SO-02Cを使って、その魅力をお伝えしていこうと思う。au初のXperiaとなったXperia acro IS11Sも基本的には同様のスペックと外観を持っているので、本記事を参考にしていただきたい。


最強エンタメ端末「Xperia acro」の魅力


  • 【TV】テレビとのパワフルな連携
  • 【SCREEN】圧倒的な画面ビューティー
  • 【MUSIC】快適なミュージックライフ


※本記事は発売前の評価機を使って執筆しています。発売されるものと一部仕様が異なる場合があることをご了承ください。
続きを読む

Android2.3搭載!Xperia arcの5つの特徴

大きく弧を描いた本体デザインが象徴的なXperia arc

大きく弧を描いた本体デザインが象徴的なXperia arc

Xperia」の後継機として発表された「Xperia arc」。その特徴は、大きく「孤(arc)」描いた美しい端末フォルムと、Android 2.3を搭載していることです。美しいデザインやソニーならではのサービスが注目されがちな端末ですが、バッテリー駆動時間や反応速度の速さなど、端末を使用していくうえで重要な動作環境が向上されている事も魅力です。


本記事では「Xperia」との比較を中心に、「Xperia arc」の特徴とその魅力について紹介します。


※実際の製品とは外観や仕様が異なる場合があります。ご了承ください。
続きを読む

Android搭載端末一覧!~au編~

au

au

続々と出そろって、ますます進化を続けるAndroid搭載端末。そこで、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、auから発売・発表されているAndroid搭載端末をキャリア別にご紹介します。各端末の特徴とあわせてご覧ください。


auの特徴は、2011年冬モデルから高速通信WiMAXを搭載した端末が増えていること。XperiaやGALAXYなど、多彩なモデルを展開している点も魅力です。「auスマートパス」や「うたパス」「ビデオパス」といった独自のサービスも多く展開しています。



続きを読む