通知バー・ステータスバー

『見ながらメモ』~Webサイトを見ながらメモがとれる!通知領域から呼び出して、サッと使える便利さが魅力~

見ながらメモ

見ながらメモ

『見ながらメモ』を使うと、アプリやブラウザの閲覧中にメモがとれます。

 

「Webサイトを見ながら、思いついたアイデアをメモ」「ゲームをプレイ中に、攻略方法等を忘れないようにメモ」といったように、パッと思いついた事をすぐにメモできます。

 

メモ画面は半透明になっているので、見ている画面を完全に隠すこともありません。
続きを読む

『AutoSignalRecovery Free』~突然スマホが圏外に…でも大丈夫!つながらない電波をボタンひとつで改善~

AutoSignalRecovery Free

AutoSignalRecovery Free

トンネルに入ったり、すごく人が多い所などでスマホが圏外になってから電波が復帰する時、なかなか電波が戻らない、繋がってるけど不安定ということがありますよね。

 

『AutoSignalRecovery Free』は、そんな電波の状態を改善してくれるアプリです。
続きを読む

『シェイクバー(パズドラ対応)』~端末を振るだけでステータスバーを表示!フルスクリーンのゲームや動画に重宝する~

シェイクバー(パズドラ対応)

シェイクバー(パズドラ対応)

『シェイクバー(パズドラ対応)』は、『パズル&ドラゴンズ』『LINE POP』といったゲームや、『YouTube』などの動画をフルスクリーンで楽しんでいる際にも、端末を振るだけでステータスバーを表示できるアプリです。

 

フルスクリーンのゲームや動画は、端末上では時間やバッテリー残量の確認ができません。もし、確認したくなったら、端末を振るだけで、表示されるので簡単ですね。
続きを読む

『Battery Widget Reborn (BETA)』~スマホの必需アプリ!スタイリッシュなのに機能満載なバッテリー管理ウィジェット~

Battery Widget Reborn (BETA)

Battery Widget Reborn (BETA)

『Battery Widget Reborn (BETA)』はウィジェットの他、ステータスバーにも対応したカスタマイズ性の高いバッテリー管理ウィジェットです。

 

ウィジェットの色や表示内容、Wi-FiのON/OFFなどのトグル機能を、好みに応じて設定できます。

 

数あるバッテリーウィジェットのなかでも、多機能かつカスタマイズ性が高く、スタイリッシュなデザインが特徴です。

 

※本アプリは試用版のため、使用期間は半月となります。
続きを読む

『CPU 使用率モニター CPU Stats』~電池を使いすぎてませんか?5段階で使用率がわかるCPUモニター~

CPU 使用率モニター CPU Stats

CPU 使用率モニター CPU Stats

『CPU 使用率モニター CPU Stats』は、CPUの使用率を見ることができるモニターアプリです。デュアルコアやクアッドコアなど複数のCPUを搭載したAndroidスマートフォンにも対応しています。

 

アプリを使用中に動作が遅いと感じたことはありませんか?それはCPUの使用率が高く、Androidスマートフォンの処理に余裕がない状態の可能性があります。

 

また、CPUは使用率が高い状態が続けばその分電池を使います。一度、本アプリを使って監視してみてはいかがでしょうか。
続きを読む

『Notification History』~間違えて消しても大丈夫!通知領域の履歴を記録。プッシュ広告アプリの特定にも利用できる~

Notification History

Notification History

『Notification History』は、通知領域の履歴を記録し、いつでも確認できるアプリです。

 

ホーム画面の上部にある通知バー。ここにはメールの着信、アプリの更新など、さまざまな情報がユーザに通知されます。

 

便利な機能ですが、あまりに通知が多い時には「とりあえず今は全部通知を消して、あとでゆっくりと確認したい!」と言う方や、「間違って消してしまった通知を確認したい」という方もいると思います。そんな時に本アプリは重宝します。
続きを読む

『StatusNote (Status Note)』~メモを常に通知領域に表示しておける!リマインダーにいかが?~

StatusNote (Status Note)

StatusNote (Status Note)

『StatusNote (Status Note)』は、通知領域にメモを表示することで、常に予定を把握できるアプリです。

 

タイトル、内容をメモした後に「Submit」をタップすると、通知領域に表示されます。「ChangeIcon」から豊富に用意されたイベントアイコンを設定することもできます。

 

操作も簡単で、スケジュールやToDoを忘れる心配が減りますよ。
続きを読む

『Lotify Notification Maker』~通知バーにToDoを表示!Holoデザインでスマートに入力できるリマインドアプリ~

Lotify Notification Maker

Lotify Notification Maker

『Lotify Notification Maker』は、設定したToDoを通知バーと通知領域に表示してくれるアプリ。通知領域からワンタップで作成画面に移動して、簡単に入力できます。

 

入力画面は、Android 4.0以降メインで使われているHoloデザインを採用。スマートに作成できるのも、魅力のひとつです。

 

ToDoの作成は、アプリを起動して行います。その際、端末のメニューにある「Enable “Add new”」をタップすると、通知バーに本アプリのアイコンが表示されます。そうすると、通知領域からも起動することができます。

 

入力画面の「Subject」(件名)と「Message」(内容)に予定を入れましょう。画面下部にある「Ongoing」は継続して表示し、「Schedule」は指定した日時に通知してくれます。

 

Lotify Notification Maker:予定入力画面(左)アイコン一覧(右)

Lotify Notification Maker:予定入力画面(左)アイコン一覧(右)

 

「Subject」横にあるアイコンをタップすると、ズラッと多種多様なアイコンが表示されます。その数、なんと205種類(2013年1月現在)!予定に応じたものを設定できます。

 

通知バーが様々なアイコンで飾られて華やかになります。ToDoが消化しきれていなくても、がんばれそうな気がしますよ。

 

「Schedule」で設定したToDoは時間がくると、通知バーに設定したアイコンが表示され、タップすると画面に内容がポップアップされます。

 

内容の確認もしくはToDoを達成したら「Yes」を押しましょう。通知バーからアイコンが消去されます。通知バーが寂しく見える気もしますが、だからといって、ToDoを溜め込まないよう注意してくださいね。

『六曜ステータスバー』~今日は大安?友引?通知バーに六曜を表示してくれるアプリ~

六曜ステータスバー

六曜ステータスバー

『六曜ステータスバー』はその名の通り、六曜を通知バーに表示してくれるアプリ。

 

六曜とは、暦の中に吉兆などを記した暦注のひとつで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つを指します。それぞれ意味があり、大安の日に結婚式をするとよい、というように冠婚葬祭で耳にすることが多いでしょう。

 

意外とカレンダーに載っていないこともあるので、端末を起動するだけで常に六曜をチェックできるのはありがたいです。ゲン担ぎなどを気にする方におすすめします。

 

設定は簡単。アプリを起動して「ステータスバーに登録」にチェックを入れるだけです。表示されるアイコンのデザインは5種類あり、「テーマ」から選べます。先勝は青、大安は赤といったように、六曜によって色が違います。

 

六曜ステータスバー:アイコンは5種類+それぞれに透過を設定できる

 

テーマは、上の画像左から「クラシック(カレンダー)」「クラシック(シンプル)」「モダン(サークル)」「モダン(シンプル)」「アンドロイド」となっています。

 

六曜ステータスバー:六曜を表示したカレンダーも見られる

六曜ステータスバー:六曜を表示したカレンダーも見られる

通知バーに設置後、通知領域にはカレンダーが表示され、1週間の六曜の日割りが見られます。そこをタップすると、1ヶ月表示のカレンダーに移動します。

 

その他にも、アプリから期間を決めて気になる六曜の日を検索できます。大安にあわせて入籍や引っ越しをしたいという時に役立ちますね。

『Janetter for Twitter』~PC版の動作・デザインそのままで使いやすい!純国産のTwitterクライアント~

Janetter for Twitter

Janetter for Twitter

『Janetter for Twitter』は、PCで人気の純国産『Twitter』クライアント「Janetter」のAndroid版アプリです。インターフェースがPC版をそのまま受け継いでいるので非常に使いやすいです。

 

元々PC版を使っている人にはもちろんのこと、複数のアカウントやリスト、お気に入りの人のタイムラインなど、Androidスマートフォンで『Twitter』をヘビーに活用している人にぜひおすすめです。
続きを読む