勉強・学習

『つくろう!恐竜大図鑑~第一章 古代の覇王編~ライト版』~化石を発掘・調査!ゲーム感覚で楽しめる~

つくろう!恐竜大図鑑~第一章 古代の覇王編~ライト版

つくろう!恐竜大図鑑~第一章 古代の覇王編~ライト版

『つくろう!恐竜大図鑑~第一章 古代の覇王編~ライト版』は、化石を発掘して、様々な恐竜を集めていく図鑑アプリです。

 

子供と楽しみながら利用できるアプリですが、大人でも十分ハマってしまいます。子供の頃、恐竜図鑑を食い入るように見ていた大人なら、きっと夢中になれます。

 

そんな僕も、夢中になった一人。美しい恐竜のCGも魅力的ですし、どんな恐竜が発掘できるか、ワクワクします。 続きを読む

『新明解国語辞典 第七版』~独自の語釈が秀逸な日本でいちばん売れている国語辞典~

新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版

日本で一番売れている国語辞典!1972年から「新解さん」の愛称で親しまれ、累計売上部数2,080万部と歴史と実績ともに「三省堂を代表する国語辞典」。

 

同辞典の最新第七版の電子化はWEB、PCを含めて初の試みであり、スマートフォン初です。

 

日本語の美しさや見やすさを活かす「縦書き表示」や、辞典の側面からページをぱらぱらと指でめくる紙の辞書を引く感覚の「インデックス検索」、使い込む毎に自分だけの辞典に仕上げる「マーカーメモ」「しおり」、一文字入力するごとに検索候補を絞り込む「インクリメンタルサーチ」など、アプリならでは! 続きを読む

『戦後強制抑留 シベリアからの手紙』~時を超えた手紙への想いに胸が熱くなる。シベリア抑留がわかる電子コミック~

戦後強制抑留 シベリアからの手紙

戦後強制抑留 シベリアからの手紙

平和祈念展示資料館で配布している漫画『戦後強制抑留 シベリアからの手紙』が、電子コミックアプリになりました。

 

「シベリア抑留」とはどういう出来事だったのか、知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

本作品は、第二次世界大戦後にあったシベリアでの過酷な強制抑留体験が描かれています。読み進めることで、「シベリア抑留」について自然に理解を深めることができます。

 

戦争を体験した祖父母に想いをはせたり、普通に生活できる幸せに気づかせてくれたり、とにかく熱い気持ちになれます。

 

作画の質は高く、しかも無料。学生はもちろん幅広い世代に読んでほしい作品です。
続きを読む

『e国宝』~収録数は1,000点以上!国宝や重要文化財の超高精細な画像を閲覧できる~

e国宝

e国宝

『e国宝』は、国立博物館に収蔵されている1,000点以上の国宝と重要文化財の超高精細な画像および解説が閲覧できるアプリです。

 

背面や下面など、博物館では隠れてしまっている部分を拡大して閲覧することができ、詳しい説明でさらに作品に対しての知識が深まります。

 

本アプリを利用するには、インターネット接続が必須です。画像データが非常に大きいので、可能であればWi-Fi環境での閲覧をおすすめします。
続きを読む

『観光客の言語を学習&話す – 他の言語を話すことを学ぶ』~58ヶ国24言語に対応。マイ単語・会話リストを作成できる翻訳アプリ~

観光客の言語を学習&話す - 他の言語を話すことを学ぶ

観光客の言語を学習&話す – 他の言語を話すことを学ぶ

『観光客の言語を学習&話す – 他の言語を話すことを学ぶ』は、58ヶ国、24の言語に対応(2012年12月現在)した翻訳アプリです。

 

日本語から各言語への翻訳はもちろん、英語から中国語、イタリア語からスペイン語など、他の言語での翻訳にも対応しています。

 

チェックできる翻訳内容は基本的な会話が中心ですが、自分で単語や会話の訳を追加することができます。海外旅行のお供だけでなく、普段の語学勉強にも役立ちます。

 

アプリ起動時に、自分の言語を選択します。その後、58の国が一覧で表示されます。

 

チェックしたい国をタップすると、メニューが出てきます。数字や日付け、時間、基本的なあいさつといった翻訳を見られるようになっています。

 

それぞれの言葉をタップすると、音声を聴くことができます。ただし言語によっては、音声が出ないものもあります。

 

観光客の言語を学習&話す - 他の言語を話すことを学ぶ:メニュー画面(左)「My Phrases」画面(右)

観光客の言語を学習&話す – 他の言語を話すことを学ぶ:メニュー画面(左)「My Phrases」画面(右)

 

メニューの1番上にある「My Phrases」で、自分の翻訳リストを作成できます。「Add Phrase」で新規作成。上の項目から訳、単語や文を入力して「Save」をタップすれば完了です。

 

訳した言葉は、音声でキッチリ読みあげてくれます。その精度の高さには驚きました。

 

言語によっては、「Translate」をタップすれば翻訳した言葉が入力されるようですが、日本語から他の言語へは翻訳されませんでした。

『英単語センター1800』~クイズ感覚で英単語を楽しみながら勉強できる!~

英単語センター1800

英単語センター1800

『英単語センター1800』は、東進ハイスクール監修の英単語学習アプリです。

 

学習アプリですが、使ってみるとゲームのようでとても楽しく単語を学習できます。

 

ちなみに収録されている英単語の総数はアプリ名にもある通り「1800語」です。

 

コンテンツは、「英単語テスト」、「英単語帳」、「音声学習」の3種類。どのコンテンツもUIが非常に凝っています。


 

英単語センター1800:英単語テストのリザルト画面

英単語センター1800:英単語テストのリザルト画面

「英単語テスト」はクイズゲームのように、テストする単語がステージごとに区切られて、全問正解して習得率が100%にならないと次に進めないようになっています。

 

また、初回起動時に音声データのダウンロードを行います。容量が40MB以上あるので、Wi-Fi環境でのダウンロードをおすすめします。

 

その他、英語シリーズとして下記のアプリがあります。あわせて使ってみましょう!

 

『あそんでまなべる 日本地図クイズ』~いくつ覚えてる?47都道府県名と県庁所在地をクイズで学ぼう~

あそんでまなべる 日本地図クイズ

あそんでまなべる 日本地図クイズ

『あそんでまなべる 日本地図クイズ』は、日本の都道府県名、県庁所在地を答えるクイズゲームです。


子どもたちには地理の勉強、大人には一般常識の確認に役立ちます。特に県庁所在地は意外と知らない都市もあるかもしれません。ぜひ、本アプリを使って復習してみてください。


あそんでまなべる 日本地図クイズ:正解画面

あそんでまなべる 日本地図クイズ:正解画面

クイズは、四者択一で答えます。正解するまで次の問題に進むことはできないので、間違えたところはしっかりと覚えることができます。


どの問題にもタイムが設けられてあり、全問クリアした時間で県花や県木と思わしき絵がもらえます。獲得した絵は本アプリの「ギャラリー」から見られます。また、早いタイムが出たらランキングに登録して、上位を狙う楽しみ方もあります。

『トーハクなび』~動画と音声で東京国立博物館内の展示コースを紹介する公式アプリ~

トーハクなび

トーハクなび

『トーハクなび』は東京国立博物館の総合文化展を、動画と音声で紹介する博物館公式アプリです。


本アプリは、実際に館内を訪れた方向けに、建物や展示室に応じた説明が音声や写真、動画を通して紹介されます。もちろん自宅などでも使えるので、歴史や展示品に興味のある方や、事前に勉強しておきたい方にもおすすめです。


本アプリに難しい操作はありません。アプリを起動して、鑑賞したい5つのコースを選択するだけです。すべて動画と音声で紹介されているので、非常にわかりやすいです。


メニューは下記の通りです。


  • 「建物めぐりコース」:敷地内6つの建物を案内
  • 「日本美術入門コース」:縄文時代から江戸時代までの日本文化の歴史を把握できる
  • 「日本美術の流れコース」:本館2階を案内
  • 「スペシャルコンテンツコース」:本館1階の12、13室及び17室を紹介
  • 「法隆寺宝物館鑑賞コース」:法隆寺宝物館を案内


トーハクなび:メニュー画面(上)各コンテンツは動画と音声で構成されている(下)

トーハクなび:メニュー画面(上)各コンテンツは動画と音声で構成されている(下)


その他、博物館内の指定場所に行くと、自動的にスタンプが押される「スタンプラリー」も収録されています。

『オーレックス英和・和英辞典 体験版』~機能制限なしで7日間使える!本格派辞書アプリの体験版~

オーレックス英和・和英辞典 体験版

オーレックス英和・和英辞典 体験版

本アプリは、『オーレックス英和・和英辞典』の機能が7日間に限り全て利用できる、とってもお得な体験版アプリです。


「辞典アプリって高いから、試しに使ってみて気に入ったら製品版を購入したい…」と思っている方は、一度このアプリで便利さを体験してみてはいかがでしょうか。 続きを読む