Wi-Fi

『My Data Manager』~パケットとバッテリーを節約!毎日のデータ通信状況をアプリ別に視覚化できる~

My Data Manager

My Data Manager

『My Data Manager』を使えば、月、日、時間別に端末のモバイル、ローミング、Wi-Fiのデータ通信量をチェックして、円グラフや棒グラフを使ってアプリ別に視覚化してくれます。


必要以上のデータ通信は、パケット量の増加はもちろん、バッテリーの消費につながります。アプリのデータ通信状態をしっかりと把握することで、パケットとバッテリーを同時に節約していきましょう。


非常に便利ながら無料なので、その機能をぜひ体験してみてください。
続きを読む

『Clarus Widgets』~バッテリー残量や通信状態がひと目でわかる!ランチャーも搭載した多機能ウィジェット~

Clarus Widgets

Clarus Widgets

『Clarus Widgets』は、バッテリー残量や電波強度など、スマホを使う際に必須の情報を、ホーム画面上にすっきり表示させるウィジェットです。


バッテリー残量や電波強度は、通知バーにも表示されていますが、本アプリを使えば、より詳しく見ることができるとともに、デザインのカスタマイズも可能です。


必要最低限の情報を、「かっこよく表示させたい」「クールに見せたい」という方におすすめです。


アプリをインストールしたら、ホーム画面にウィジェットを設置してください。サイズは1×1、1×2、2×1、4×1の4種類です。多くの情報を表示させたい方は、4×1サイズを選択しましょう。


はじめに「Select Widgets」で表示内容の設定をします。「Global Settings」でウィジェットの背景色や線の変更ができます。


まず、バッテリー残量か通信強度の並び順の設定になります。先に表示したい方を「1」としてください。その後、「Battery」「Signal」をタップすると、詳細な設定が可能となります。


Clarus Widgets:「Select Widgets」からウィジェットの設定(左)並び順を設定(右)

Clarus Widgets:「Select Widgets」からウィジェットの表示内容を設定(左)並び順を設定(右)


設定画面では、「Remove Widget」をタップすると、ウィジェットの表示/非表示の切り替えができます。「Display Options」で表示内容の設定を行います。「Launcher Options」でウィジェットをタップした際に別アプリを起動できるランチャー設定が可能です。


Clarus Widgets:「Display Options」から表示内容を設定(左)画面下にウィジェットが表示されているので、内容を確認しながらチェックを入れる(右)

Clarus Widgets:「Display Options」から表示内容を設定(左)画面下にウィジェットが表示されているので、内容を確認しながらチェックを入れる(右)


主な表示内容の設定は下記の通りです。

  • Show Signal:電波強度の表示/非表示
  • Enable Signal in dBm/asu:電波強度を数値かテキストで表示
  • Show Data:通信の種類の表示/非表示
  • Enable Network Activity:通信状況の表示/非表示
  • Disable Signal Icon:アイコン表示/非表示


すべて英語表記のアプリですが、画面下に設定中のアイコンが表示されているので、どのように見えるかは一目瞭然です。自分の好きな形にカスタマイズして設置しましょう。

『Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ』~Android端末をDLNAでつないでムービーを再生できる!~

Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ

Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ

『Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ』はその名前の通り、DLNAアプリであるTwonkyシリーズの1つです。


人気動画サイトのコンテンツをDLNAレンダラーデバイスにプッシュ送信して再生することを目的にしたものです。


このDLNAレンダラーデバイスには、有名なもので「AppleTV」があります。つまり、『Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ』で選択したビデオを「AppleTV」と接続したテレビなどで見ることができるわけです。


Androidスマートフォンの小さい画面よりも大きなテレビ画面でビデオを再生できるのが、本アプリの大きなメリットです。接続は無線LANなので、ケーブル接続をする必要もないのが便利です。
続きを読む

『Wi-Fiうさぎ』~かわゆーい♪無線LANの接続状況を、うさぎで表現した癒やし系ツールウィジェット~

Wi-Fiうさぎ

Wi-Fiうさぎ

『Wi-Fiうさぎ』はWi-Fiの接続をON/OFFできるウィジェットです。それだけではなく、接続情報の詳細がわかり、つながり具合をうさぎの表情で知らせてくれます。


うさぎは2種類から選べて、ねこバージョンも用意されています。このキャラクターがゆるくてゆるくて…設定管理のアプリとは思えないくらいかわいい!


普段はなんて事のないWi-Fiへの接続が楽しくなること間違いなしです。ぜひお試しください。


Wi-Fiうさぎ:Wi-Fi情報の詳細がわかる

Wi-Fiうさぎ:Wi-Fi情報の詳細がわかる

ウィジェットをタップして表示される電源ボタンのアイコンから、Wi-FiのON/OFFを設定できます。


この時に情報部分をタップすると、接続しているWi-Fi以外のアクセスポイントも一覧で表示してくれます。


メニュー→「設定」→「アイコンタイプ」からは、キャラクターを変更できます。


さらに、有料版『 Wi-Fiうさぎ 機能制限解除キー』をインストールすると、うさぎの色を自由に変更できるようになります。


本アプリのシリーズには、うさぎ以外の仲間もいっぱい!併せて利用すると楽しいですよ。

『InfoWidget2』~多数の端末情報を一括表示!トグル機能搭載ウィジェット~

InfoWidget2

InfoWidget2

『InfoWidget2』は、様々な端末情報を表示してくれるウィジェットです。サイズは4×1と2×1の2種類。表示してくれる情報は以下の通りです。


  • 日時
  • バッテリー状態/残量/電圧/温度
  • 3G回線の電波強度/通信会社/通信規格
  • Wi-Fiの電波強度/SSID(アクセスポイントの識別子)/IPアドレス
  • すべてのメモリの空き容量/使用率グラフ


※本アプリは、Android2.2以上の対応です。


InfoWidget2:Wi-Fi、無線LAN、BluetoothなどをON/OFFできるトグルのメニュー

InfoWidget2:Wi-Fi、無線LAN、BluetoothなどをON/OFFできるトグルのメニュー

また、本アプリは情報を表示してくれるだけでなく、ウィジェットをタップするとトグル(ON/OFFを切り替えるボタン)機能もついています。通知領域でも見られるので、非常に便利です。


ちなみに、ウィジェットをタップするとトグル機能を起動してくれるため、アプリ自体の設定はドロワーから行えるようになっています。普通のウィジェットとちょっと勝手が違うので、そこだけご注意ください。

初心者の「?」を解決!~FAQ詳細ページ~

LINEについての疑問はこちらをチェック
LINE(ライン)アプリのわからないを解決!使い方まとめ

購入前

基本設定

 

機能

文字入力

ホーム画面

アプリ

写真・動画

バッテリー

コミュニケーション

海外利用

トラブル

メールより簡単!?スマホで写真を送る5つの方法

みんなで写真を共有したい。その場合どうする?

みんなで写真を共有したい。その場合どうする?

スマホ同士で写真を送り合う時に何を利用していますか?少し前ならメールが主だった手段でしたが、最近は送る相手によって様々な方法があります。

 

今回は、メールよりも簡単に写真を送る方法を5つ紹介します。ぜひ活用してくださいね。
続きを読む

『AirDroid』~ワイヤレスでパソコンにデータ転送!専用ソフト不要の手軽&高機能アプリ~

AirDroid

AirDroid

『AirDroid』は、Android端末のデータをWi-Fi通信でパソコンへ転送できるアプリです。パソコン側ではWebブラウザを使って接続するため、パソコン側にプログラムなどをインストールする必要がなく手軽に使うことができます。


Android端末は、パソコンとの連携が標準環境では用意されていません。そのため、USBケーブルでパソコンとAndroid端末を接続して使うことが多いです。現在、Google Playには端末からワイヤレスでデータを転送できるアプリもいくつかあります。その中でも本アプリは非常におすすめです。早速使っていきましょう。
続きを読む

1ヶ月390円のパケット料金生活に編集部スタッフが挑戦!~Wi-Fi運用でどこまで安くなるか?~

Wi-Fi運用でパケ・ホーダイダブルの下限料金に挑戦!

Wi-Fi運用でパケ・ホーダイダブルの下限料金に挑戦!

スマホを持った以上、インターネットやアプリを楽しむ機会が増えると思います。しかし、気になるのは月々のパケット通信料金。そのため、多くの方は上限金額が決まっているフラット型パケット定額料金プランに契約していると思います。


でも、できる事なら月額の通信料金を安くしたいですよね。そこで、andronavi編集部が無線LAN(Wi-Fi)を活用してパケット通信を極力行わず、2段階パケット定額の下限料金390円を実現できるか挑戦してみました。


その他スマホ料金節約手法については、コチラを参考にしてください。


続きを読む

『Power Schedule』~平日と週末の好きな時間でWi-FiのON/OFF切り替えができる!~

Power Schedule

Power Schedule

<概要・魅力>

『Power Schedule』は、平日と週末で時間を決めて、Wi-Fiや着信音のON/OFFの切り替えが設定できるアプリです。


BluetoothやWi-FiなどはOFFにしておけば、電池の節約になります。しかし、外出時や自宅、仕事場にいる時など、利用シーンによってON/OFFの切り替えを行うのは面倒ですね。本アプリでは、平日と週末の2通りでON/OFFの設定を切り替えることができます。仕事とプライベートで使い分けてみてください。


<機能・特徴>

設定方法は「Weekdays」(平日)と「Weekend」(週末)で、それぞれON/OFFにする時間を設定するだけです。


ON/OFFの切り替えができる設定項目は、以下になります。


  • Telephony:機内モード
  • Bluetooth:Bluetooth
  • Wireless Lan:Wi-Fi
  • Ring Profile :着信音とサイレントモード


「Ring Profile」のみ「Normal」(着信音)と「Silent」(サイレントモード) になっています。ON/OFFにする時間を決めますが、必要ない場合は「Disable」を選択してください。


端末の電池の節約については、こちらをご参照ください。


機内モードについては、こちらをご参照ください。