Wi-Fi

『Hotspot Widget』~ワンタップでテザリングのON/OFFを切り替えられるウィジェット~

Hotspot Widget

Hotspot Widget

<概要・魅力>

『Hotspot Widget』は、テザリングのON/OFFをワンタップで切り替えるウィジェットです。


Wi-FiによるテザリングのON/OFFをホーム画面で簡単に操作できます。テザリングに対応しているAndroid端末で本アプリを利用すれば、ワンタップで端末をモバイルWi-Fiルータとして使用できます。端末と一緒にノートパソコンやタブレット端末などの外部通信機器を持ち歩いている方には便利なアプリです。


<機能・特徴>

端末メニューボタン→「追加」もしくは、ホーム画面長押しから「ウィジェット」を選択して配置してください。


ホーム画面に置かれたウィジェットをタップして、ON/OFFの切り替えを行います。ONになっている時はウィジェットが明るく、OFFの時は暗く表示されます。また、ウィジェットをONにした時「アクセスポイントが有効です」という表示が、通知バーから確認できます。


テザリングについての詳しい説明は、こちらをご参照ください。


※本アプリは、Android 2.2以上の対応です。2012年2月現在、Android 2.1以下の端末にはインストールできません。

『お出かけスイッチLite(マナーモードWiFiBT自動切替)』~外出先と家でON!生活も端末も上手に節電~

お出かけスイッチLite(マナーモードWiFiBT自動切替)

お出かけスイッチLite(マナーモードWiFiBT自動切替)

<概要・魅力>

『お出かけスイッチLite(マナーモードWiFiBT自動切替)』は、音声モードやWi-FiのON/OFFの切り替えを自動で行ってくれるアプリです。


会社や家、車の運転中など状況に応じて、端末のマナーモードを切り替えた後に、設定の変更を忘れてしまうことはありませんか?そんな時は、自動でマナーモードの設定を変更できれば安心です。本アプリでは、任意の時間や特定の場所に行ったら、マナーモード、Bluetooth、Wi-FiのON/OFFが自動で切り替えられます。端末の節電対策としても活用できます。


<機能・特徴>

本アプリを起動させると、画面上部に「GPSスイッチ」、「TIMEスイッチ」、「手動スイッチ」の3つのタブが表示されます。端末メニューボタン→「新規登録」→「登録方式を選んでください」から登録する項目を選びます。マナーモードの設定、Wi-FiのON/OFFなどを決めたら、「この条件で登録」をタップして登録完了です。


スイッチの主な内容は以下になります。


  • GPSスイッチ:登録した場所に入った時、離れた時にON/OFFを切り替える
  • TIMEスイッチ:指定した時間と曜日のON/OFFの設定
  • 手動スイッチ:ホーム画面に配置したウィジェットからON/OFFを切り替える


端末メニューボタン→「設定」では、マナーモードなどの設定が切り替わった時に通知するようにできます。本アプリでは、スイッチの登録はそれぞれ1つまでしかできませんが、複数登録したい方は、有料版『 お出かけスイッチ(マナーモード、WiFi、BT自動切替)』をご利用ください。


端末のバッテリーの節約については、こちらをご参照ください。


機内モードについては、こちらをご参照ください。

『iMediaShare Lite』~スマホの画像や動画を、大画面で楽しめる!ケーブル要らずで再生できる優れモノアプリ~

iMediaShare Lite

iMediaShare Lite

スマホで撮影した画像や動画を、テレビなどの大画面で見られる『iMediaShare Lite』を紹介します。本アプリがあれば、ケーブルをつないだり、メディア経由で転送しなくてもスマホ内のデータをテレビなどで手軽に見ることができます。仕組みは簡単。本アプリをインストールしたスマホと、DLNA対応のテレビやゲーム機を無線ネットワーク(Wi-Fi)に接続して、見たいコンテンツを連動させましょう。大画面でゲームを楽しんだり、友人同士で遊んだ時の画像を共有して楽しめますよ。


本アプリは様々なオンラインチャンネルに対応しているので、ちょっとしたテレビにもできてしまう優れモノです。何やら難しく思うかもしれませんが、使い方は驚くほど簡単です。早速その手順を紹介します。 続きを読む

『WIFI Signal Widget』~Wi-Fiの電波受信強度が一目でわかるウィジェットを、自由に色を変えて配置しよう~

WIFI Signal Widget

WIFI Signal Widget

<概要・魅力>

『WIFI Signal Widget』は、Wi-Fiの電波信号の大きさをグラフと数値で表示するウィジェットです。


棒グラフは11段階と細かくあり、さらに「dBm」(通信回線における信号の大きさを示す単位)値が表示されます。背景、グラフ、文字の色を変えられるので、ホーム画面に馴染んだウィジェットにできます。


外出先で、Wi-Fiの電波の強度がどのくらいあるのかを確認するのに便利です。


<機能・特徴>

端末メニューボタン→「追加」→「ウィジェット」から本アプリを選択すれば、ホーム画面にウィジェットが配置されます。


始めに「Enable Widget」にチェックを入れます。「Regular Update」にチェックを入れておけば、常に電波受信状況のデータが自動更新され、「Update Rate」から10秒、1分と更新時間の間隔を決められます。「WiFi Settings」から端末のWi-Fi設定に入れる、ショートカット機能も付いています。「Widget Colors」では、背景やグラフ、文字の色を作ることができます。「Alpha」で色に透明度をかけることができるので、背景を透明にすることも可能です。

『トラフィックモニター』~ウィジェットで端末のデータ通信量を確認し、スピードテストもできる多機能アプリ~

トラフィックモニター

トラフィックモニター

Android端末のデータ通信量や、どのアプリがどのくらい通信しているかをひと目で確認できる『トラフィックモニター』をご紹介します。本アプリは、動作させていることを忘れてしまうほど動作が軽いのも特徴。タスクマネージャやスピードテストも行える優れた機能も備えています。
続きを読む

『オープン信号マップベータ版』~電界強度から基地局まで探し出し、電波の繋がりをより確実にするアプリ~

オープン信号マップベータ版

オープン信号マップベータ版

「電波が繋がりにくい…」なんて時に確認するのは、通知領域に表示されているアンテナの数だけだと思っていませんか?『オープン信号マップベータ版』を使えば、電界強度(電波強度)だけでなく、基地局や無線LANの位置や方向を確認することができます。これさえあれば、電波がないと言って意味もなく端末を振ったりしなくて済みますね。通話中によく途切れがち、という時にも役に立つアプリです。
続きを読む

DLNAを使ってAndroidスマートフォンとTVを無線で連携!大画面で写真や動画を楽しむ方法

Androidとテレビの大画面を無線LANで連携!

Androidとテレビの大画面を無線LANで連携!

Androidに搭載されているカメラやビデオの性能は、侮れません。メモ替わりのつもりで撮影した写真や動画を表示してみてびっくり!「これで、十分いけるじゃないか!」と代用品どころか、本気で記録保存のために使っている人も多いかと思います。


でも本気で使えば使うほど、もの足りないのが再生環境。大人数で写真や動画を見るなら、Androidの小さな画面ではなく、リビングのTVにドカーンと表示させて、盛り上がりたいですよね?


実は、HDMI端子がついたAndroid端末をお持ちであれば、比較的簡単に自宅のTVと端末を接続して、家族や友人で撮影した写真や動画を楽しむことができます。ただ、HDMI端子がついていない端末をお持ちの方も多いと思います。そういう方は、無線LANを使ってTVの画面を連携させましょう。若干、難易度が高い方法ですが、これができれば、写真や動画も大画面で見られて、夢のようなAndroidライフを手に入れられます!
続きを読む

『Speedtest.net』~Wi-Fi、3Gの通信速度を簡単測定!車のメーターのようなクールなビジュアルもGood~

Speedtest.net

Speedtest.net

3GやWi-Fiの通信速度を簡単に測定できる『Speedtest.net』。現在地からインターネットの通信速度を測れるサイト「SPEEDTEST.NET」の公式アプリです。


自宅や外出先でのWi-Fi、キャリアの3G回線、モバイルWi-Fiルーター経由の3G回線など、Android端末の通信手段が多様化している中、その場で一番速い通信方法を手っ取り早く知ることができます。本アプリでチェックして、快適な環境で通信を楽しみましょう。
続きを読む

『Wifi Widget』~Wi-Fiのon/offをワンタッチで切り替え!アクセスポイント情報が一目でわかるウィジェットアプリ~

Wifi Widget

Wifi Widget

『Wifi Widget』は、タップするだけでWi-Fiのon/offを切り替えられ、どこのサービス、アクセスポイントに接続しているかを確認できる便利なウィジェットアプリです。Wi-Fiをつないだままにして、電池の減りが早くなるということも回避できます。


クールなデザインで画面映えのするウィジェットは、3つの役割で構成されています。


「アンテナアイコン」をタップするとWi-Fiのon/off切り替えができます。「接続先が表示されている部分」をタップすると、端末の設定内にあるWi-Fi設定画面に一発ジャンプが可能です。どちらもワンタップ操作なので、とても便利です。「Mbpsと数字が書かれている部分」にはWi-Fi接続速度が表示され、どのネットワークが早いのかも確認できます。


5つ用意されているウィジェットサイズによって表示内容の有無が変わってくるので、下記を参照のうえ用途にあったサイズを使用してみてください。


  • 1×1:接続先の表示のみ
  • 2×1:接続先、Wifiのon/off切り替えを表示
  • 2×2:接続先の表示、Wifiのon/off切り替えを表示
  • 3×1:接続先、Wifiのon/off切り替え、接続速度を表示
  • 4×1:接続先、Wifiのon/off切り替え、接続速度を表示



なお、ウィジェットの細かな設定は、アプリ本体から変更可能。背景色を、Android default(黒)、Glass(ガラス)、Transparent(透明)の3種類から、接続のon/offが確認できる部分を、Android default(黄緑)、Cyan、Yellow、Red、Blue、Orangeの6色から選べます。MACアドレスのon/off、SSIDの表示などの項目も設定ができます。好みの組み合わせを作って、より快適にWi-Fi通信を楽しみましょう。